こくご教室テキスト第3巻 2月25日発行予定!
特典付きで2月25日まで限定予約受付中

 

10レッスンからなるこの本は、元藤野シュタイナー学園クラス担任の石代雅日先生が執筆、監修されました。教師としての経験、リサーチの結果、同僚たちの協力をへて執筆製作した、日本でただひとつの、シュタイナー教育の国語のテキストです。

 

 

 

 

 

 

 

こんな人に・・・

シュタイナー学校には通っていないけれどシュタイナー教育をしたい。

子どもに教えたいけど、自分では何をやっていいのかわからない。

土曜教室など、シュタイナー教育をしてもらえる教室がない。

学ぶことってこんなに楽しいんだ!・・・って思って学んでほしい。

豊かな国語や言葉を身につけてほしい。

創造的に、芸術的に、国語を学んでほしい。

・・・でも・・・、どうしたらできるの!?!?
という人のために、お話の仕方、絵の描き方、言葉のかけ方、題材など、シュタイナー学校の授業そのままに、具体的にステップバイステップで説明されています。シュタイナー教育を全く知らない人も、教えたことがない人も、テキストに書かれている通り真似することができます。

「こくご教室テキスト」で育つもの

国語は言葉です。

人の心を伝えるものです。

心を育てなければそれは意味がない。

言葉と心が結びついていなければ、

伝えたいことも伝わらない。

相手の言葉も、受け止められない。

だから、

子供の国語の学び方を、真剣に問い直して欲しいのです。

「こくご教室テキスト」では、

言葉を深く感じたり、体験したり、その意味を噛み締める活動をしていきます。

こくご教室の学びは、

ただ文字や言葉を学ぶだけではない。

芸術と、歌と、演劇と、創作を通して国語を学ぶ総合活動です。

あなたのお子さん、生徒さんが、

本当に、生きた、心のこもった言葉を使えるようになるために。

そして、

温かい心を伝える言葉を、

これから一生を通して使いこなせる人になるように、

言葉の力も、心も育てていきましょう。

「こくご教室テキスト」は、そんな、言葉の力と心を育てるために作った教材です。

 

「こくご教室テキスト」で学ぶこと

 
ひらがな

お話から想像力を膨らませて絵を書き、そこから文字を習います。文字を習うにも、いろいろな方法があります。フォルメン(フリーハンドの線描)を使って、文字をなめらかに描くこともします。

カタカナ

ひらがなとカタカナは、単なる記号の違いではありません。柔らかなひらがな。カクカクとしたカタカナには、そこから受け取る印象や使い方も違います。その違いを芸術的に感じ取りながらカタカナを学びます。

漢字

意味を表す文字や音を表現する漢字など、漢字を芸術的に学びます。

演劇や詩の朗誦、歌などのアクティビティを通した学び

言葉は、演劇や詩や歌で生きてきます。心で感じ、気持ちと言葉がつながります。演じて見たり、歌うことでその意味を感じ取り、身につきます。そんなアクティビティを、ご家庭でできる形にしてレッスンにしました。

シュタイナー教育のお話

シュタイナー教育はメソッドだけのことだけではなく、そのメソッドには意味があります。シュタイナー教育でどのように考えているのか、なぜそのような活動をするのか、シュタイナー教員はどのように問題のある子供と向き合うのかなど、興味深く、役に立つお話を織り交ぜながらレッスンを進めます。シュタイナー教育の書としても、ここまで具体的に、わかりやすく、実践できる形で解説してある国語の本は他にないでしょう。

 

「こくご教室テキスト」全3巻+別冊「ひらがな全集」もくじ

3巻で10レッスン収録されています。1レッスンをじっくりやると7日間くらいかかるくらいの分量です。

 
 
こくご教室テキスト レッスン1~3

レッスン1  物語のひとときをサンクチュアリに〜「聴く力」は国語教育の土台

レッスン2  文字の導入<漢字>〜想像する力を引き出す〜

レッスン3  文字の導入<ひらがな>〜流れる勢いを楽しむ〜

 
 
 
 
こくご教室テキスト レッスン4~6

レッスン4  フォルメンを基に文字をとらえる(ひらがなの導入の続き)

レッスン5  母音の体験と共にひらがな「あいうえお」を学ぶ

レッスン6  聴いた物語を小さな本にする 

 

 

 

 
こくご教室テキスト レッスン7~10
(新刊2018年2月25日発行予定)

レッスン7  物語を動いて味わう

レッスン8  季節の特徴に重ねてカタカナを導入する

レッスン9  詩を贈る 前半

レッスン10  詩を贈る 後半

4レッスン収録ですが価格は同じでお得です。

 

 

 シュタイナー学校こくご教室 ひらがな全集

 

 

こくご教室監修 石代雅日(こくだいまさひ)

1967年 東京生まれ。
1991年 早稲田大学人間科学部卒業。
1992年 米国カリフォルニア州 ルドルフシュタイナーカレッジ留学。
在籍中、日本人コース、教員養成コース修了。
1993年より三年間、セダースプリングスヴァルドルフスクールにて日本語専科講師。
1996年より東京シュタイナーシューレ(現 学校法人シュタイナー学園)に勤務。2010年退職までの在勤中、クラス担任・音楽専科等を担当。
2006年 三鷹市ヴァルドルフキンダーガルテン「なのはなえん」の小学生クラス(シュタイナー学校に通わない子どもたちのための週末のシュタイナークラス) 講師。現在に至る。
好きなことは喫茶店での考えごとです。歌や楽器も好きで、ヴァイオリンを細く長く続けています。
現在は、小学校と幼稚園に通う娘と息子の母親業も修業中です。家に遊びに来てくれる子どもたちも一緒に、愉快な日常を過ごしています。