e-waldorf 代表
ワルドルフ教育ニューチャー
石川 華代
Kayo Ishikawa-Voss

シュタイナー教育研究家
シュタイナー教育教材執筆
数学教員

ワルドルフ教育ニューチャーって?

 

ニューチャー=nurturer 育てる人) です。

 

私は20年以上教師をしてきていますが、
教師という言葉にますます違和感を覚えるようになりました。

 

教育活動を実践していて、
私の仕事の目的は、
「教えること」
ではなく
「育てること」
だとずっと思っていたから。

「教えること」は「育てること」の手段のごく一部。

 

 

e-waldorf の活動を通して、私の仕事の幅が広がって、
私の活動が、授業を教える「教師」だけではおさまらないこともあり・・・。

 

「教師」というのは社会一般に通用する肩書きなので、
気軽に使っていましたが、
しっくりしない言葉で自分を表すのはやめます。

 

ちょっと勇気をもって
「なにそれ?」
って思われるような肩書きを使います。

 

今までe-waldorfを育ててきたように、
「ニューチャー」という仕事そのものも、
私が自分で育てていきます。

 

私が育てるものは、

子どもたち

そして、大人も。

 

 

未来を担う子どもたちを育てるために、
今、子供達に接している大人を育てることは必須。

 

その手段になるのが、
ワルドルフシュタイナー教育。人智学。

 

実際には、

教材・講座制作:家庭で使える教材、先生方の教材研究に使える資料としての教材の制作
レッスン、教師・インストラクターのサポート:教員養成、コンサル
学ぶ場(ワークショップ、レッスン)の創造:私が教えるレッスン、人が学ぶことができるワークショップやイベントの企画

・・・などの活動です。

ずっと思い続けてきた、
「すべての人にシュタイナー教育を」という思いと、
今を生きる子どもたち、そして大人に、
今できる学びを、躊躇せずに提供し、育てていく。

そんな意味と願いと新たな決意をこめて。

 

ワルドルフ教育ニューチャー

石川華代

 

 

 


石川華代 経歴

国立大学教育学部卒 幾何学専攻
日本で高校数学教員8年間
学習塾経営8年間
カリフォルニアのルドルフ・シュタイナー・カレッジにて、人智学ファウンデーションコース修了、シュタイナー学校クラス担任教員養成課程修了、高校教員養成プログラム履修
エルムフィールドシュタイナー学校にて数学エポック授業担当
テルフォード補習校にて数学担任
シュタイナー教育の数学授業ワークショップやレッスンで指導
ドイツ移転後、シュタイナー教育発祥の地から活発に情報発信中

 


e-waldorf の活動(2009年から現在)

「シュタイナー教育をすべての人に」をテーマに、具体的で実践可能なシュタイナー教育の教材を執筆、制作販売。算数、数学、国語、芸術、手仕事などの教育書を日本語と英語で発行している。日本での対面ワークショップ、イギリス短期留学サマープログラムExperience Waldorf in England、イギリス人智学施設視察ツアーを企画。シュタイナー学校留学サポート等の活動もしている。