シュタイナー教育、スピリチュアルか? 現実主義か?

シュタイナー教育、スピリチュアルか? 現実主義か?

なんか、そんな話題をどこかで見かけました。

 

 

シュタイナー教育はスピリチュアル教育。

間違ってないです。

 

シュタイナー教育は現実主義。

これも間違ってないです。

 

 

子供を見ること、

子供に即した現実を見て、

子供の育つ環境を現実として受け止め、

地に足ついた教育をする。

 

シュタイナー教育はそんな教育です。

 

ただ、

子供の「現実」を見たときに、

子供に何を見るか・・・だと思うのです。

 

人間はスピリチュアルな存在である。

・・・ということ、

皆さんはどう思いますか?

 

現代科学で測定できないところがあったり、

五感だけでは感じ取れないものが人間にある。

 

天使だとか宇宙だとか神様だとか、

スピリチュアルの種類(っていうのも変だけど)によって、

言い方は違うけれど、

多くの人が、

スピリチュアルなものを感じ取るようになってきている。

 

私は、「人間はスピリチュアルな存在である」と信じて疑いません。

目に見えない部分を含めた、人間全体を見ていたら、

スピリチュアルなものがあるのが当たり前だと思っています。

 

 

だから、

子供を見たときに、

五感で感じ取れる部分だけで判断しない。

 

子供の全体を見ると、

スピリチュアルであることが動かしがたい現実なんです。

 

 

先日のブログにも書いた「チャイルドスタディ」は、

現実の子供を見るけれど、

現実の子供を通してスピリチュアルの部分も理解しようとする行為です。

そして、スピリチュアルな力も使って、

子どもを理解し、子どもの問題を解決していく行為です。

 

 

シュタイナー教育の先生は、

毎日の学校生活から、夜寝るまでの子どもについての瞑想まで、

精神的なもの、スピリチュアルな部分を含めた子供に積極的に関わろうとしている。

 

その基盤となっているのが人智学です。

 

先生の中には、

人智学を語る人もいれば

あまり語らない人もいる。

 

子供をどう見るか。

スピリチュアルな部分を含めての全体としての子供とどう関わっていくか。

そして教科の中にもスピリチュアルなものを見ているか、見ていないか。

 

 

それは、人智学を語らなくても、

その先生の教育のあり方に現れています。

 

 

怖いと思うのは、

どっちかに偏りすぎていることだと思うのです。

 

人智学をよく勉強しているけれど、

子供を見ていない。

または、自分の生き方に人智学が生かされていない。

 

子供を見ることに熱心だけど、

目に見える部分ばかり見ている。

(スピリチュアルなことを見ていない)

 

それでは片手落ち。

 

いいバランスを保っていたいですね。

親としても、教師としても、

一人の人間としても。

2017年11月写真でふりかえる一時帰国講座

2017年11月。ドイツから一時帰国しての講座です。すべて満席になり、総勢300名を超えるみなさんと、幾何やフォルメンを楽しみ、シュタイナー教育について語り合うことができました。ありがとうございました。

 

 

 

11月12日(日) 名古屋 (一般向け講座)
シュタイナー教育 ポジティブスパイラル!
詳細
11月15日(水)佐久市立岸野小学校4年生 公開授業
フォルメンの授業
11月16日(木)小諸高校2年生 公開授業
フォルメンの授業
11月17日(金)全造連全国大会
11月21日(火) 川崎市高津区 カフェイズミ(一般向け講座)
幸せな瞑想フォルメンとシュタイナー教育談義
詳細
11月22日(水) 渋谷 デイライトキッチン(一般向け講座)
花の幾何まんだら 
詳細
 11月23日(木)早稲田大学人間科学科井上ゼミ(教育システム)

シュタイナー教育の紹介プレゼンテーションと、フォルメン体験

 
11月24日(金)東京理科大学数学科教職クラス

シュタイナー学校の数学教育の紹介プレゼンテーションとフォルメン体験

 
11月25日(土) 三鷹市井の頭 キンダーガルテンなのはな園(一般向け講座)
シュタイナー教育12年間の旅
石代雅日先生(国語)と石川華代(数学)のシュタイナー教育体験講座
詳細
 11月26日(日) 午後1時〜4時半 
大阪市天王寺区民センター和室
「自然の中の幾何学〜フォルムにあるエナジー」
主催:非営利一般社団法人空掘アントロコミュ

日本一時帰国 講座開催(2017年11月)

11月12日(日) 名古屋
シュタイナー教育 ポジティブスパイラル!
幾何の学び 子どもから大人まで
(満席→増席→満席になりました。ありがとうございます。キャンセル待ちご希望の方はお知らせください。)

フォルメン線描、幾何作図、そして「花の幾何まんだら」。クラブアップルのお花をテーマに幾何作図をしまんだらを創造します。講演会もあり。
詳細・お申し込みはこちら

11月21日(火) 川崎市高津区 カフェイズミ
幸せな瞑想フォルメンとシュタイナー教育談義
(満席になりました。同日、午後の講座を新たに開くことにしました。)
詳細・お申し込みはこちら
11月22日(水) 渋谷 デイライトキッチン
花の幾何まんだら (満席になりました!)
詳細・キャンセル待ちお申し込みはこちら
11月25日(土) 三鷹市井の頭 キンダーガルテンなのはな園
シュタイナー教育12年間の旅
小中高「国語」「数学」のワーク
切り捨てられがちな教育活動にあるとても大事なこと
石代雅日先生(国語)と石川華代(数学)のシュタイナー教育体験講座
(半分以上お席が埋まっています。ご希望の方はお申し込みお急ぎください。)
詳細・お申し込みはこちら
11月26日(日) 大阪
公演とワークショップ(近日公開)

幾何学は自然からきている(お花と幾何学)写真多数!

幾何学は自然のなかにあります。
ちょっと「幾何学の目」を養えば、
身の回りにたくさんの幾何学図形があるのが見つけられます。

ここでは、お花のなかにある幾何学!・・・ということで写真をたくさん紹介しますね。

大人のフォルメン講座(10月の日程)

7月からスタートした「大人のフォルメン講座」。毎月続けています。



フォルメンは、形を描くシュタイナー学校独自のアクティビティです。学校では子供の成長のために行っている教育的活動。学校外では、人智学系芸術療法などでも使われる技法です。この「大人のフォルメン」では、大人の方の、学び、気づきになるように、体験を重視しつつ、いろいろなお話を交えてしています。

フォルメンをするのが初めてだった人も、「楽しい!」とリピート参加してくださっていて本当に嬉しい限り

 

 

フォルムを描くだけでなく、描きながら自然の形がもつエネルギーを理解しつつ、そのエネルギーをわたしたちが吸収できるように。

フォルメン初体験だったひとも、フォルメンを好きなひとも、みんなと一緒に描くというのは特別な体験ですね。私も普段は一人コツコツ描いているか、子どもに指導しているのですが、大人の方々と一緒に描くと、皆さんの個性と精神の豊かさをグループで共有してみんなでパワーアップしているような感覚になりました。

ご参加くださった皆さんありがとうございます。

 

こんな感想が出ました〜

-すいこまれるように描いた
-気持ち良くてだんだん自動で手がうごいているような感覚になった
-2や4などとちがった、不思議で神秘的な感覚(7という数のフォルメンをしました)
-赤い色をえらんだら、血流のような流れを感じた
-本を読むだけではわからなかったフォルメンを実際に体験して納得
-またやりたい
-楽しくて、レッスンの後も毎日描いています。

 
10月日程

10月23日(月)

日本時間 15:00〜16:30

 

- 毎回、違うテーマのフォルメンを描きます。
- フォルメンを描いた後、交流会。世界各国のシュタイナー教育つながりの仲間とおしゃべりしましょう。

 

10月は1回だけの開催となります。
11月は講師が日本一時帰国するため、「大人のフォルメン講座」はおやすみします。
日本一時帰国では、11月21日(火)に神奈川県川崎市にて石川華代によるフォルメンのワークショップが開催されます。ZOOMでのご受講にちょっと戸惑っている方、この機会にぜひご参加ください。

 

参加費

2500円 (90分レッスン+交流時間)

 
用意するもの

紙(A3くらいの大きさのもの)

色鉛筆(LYRAのような太くて柔らかいものがオススメです)

 

参加者対象

大人の方
シュタイナー教育に興味があってもなくても参加可能

フォルメン初心者の方も歓迎

インターネット環境があり、ZOOMに接続できる方

 

定員

6名さままで(2名様以上で開講します)

大人のフォルメン講座〜ただ形を描くだけじゃない

大人のフォルメン講座〜楽しかった!

日本、フランス、ドイツ在住者がZOOMに集まり、大人のフォルメン講座でした。

子どものフォルメンとちがい、大人の方にメリットがあるように考えてレッスンしました。ゲーテの自然観察のエッセンスを取り入れて、フォルムの力を感じて描く。

 


フォルメンをするにも、いろいろな目的があると思うのです。

子どもの場合だったら、その時に必要な成長を促す体験をもりこんだフォルメンをします。大人の場合は、成長や学びはもちろんですが、ストレス解消、バランスを取り戻す、エネルギーをもらう、楽しむ、心が歓ぶ時間をもつ。・・・など、大人ならではのフォルメン効果があります。

シュタイナー教育どうこうっていうことは考えず、自分のためにいい時間を過ごすために、フォルメンをやってもらいたいなあ・・・と思うのです。

昨日の参加者はみなさん「お母さん」でした。私も母親ですが、母親って24時間営業。自分のための時間をとるのが本当に難しい。でも、自分を大事にして、自分のための時間をちゃんととることで、子どもをもっと大事にできます。お母さんがた、ついつい「子ども優先」になっちゃう人が多いのですけど、「自分が楽しみたいから!」という自分優先の時間を、取ってほしいなあ・・・と思います。

子どものため!・・・と思うなら、まずご自身の歓びを大事にしてください。
子どもに成長してほしい!・・・と思うなら、ご自身の成長する機会を大切にしてください。
親が成長したら、子どもも成長しますから。

 

「こういう時間がもっととれたらいいな」

「衝撃的でした」

「波の形を描いているのが楽しくて!」

 

そんな感想の言葉が飛び出した昨日の講座。
「もっとグループレッスンやってください!」という嬉しいリクエストも頂いたので、また企画します。


参加したかったのに今回はスケジュールがどうしてもあわなくて!・・・と個別メッセージもいただきました。 

次回のフォルメン講座・・・

平日昼間にやってほしい!
週末の午後がいい!
金曜日がいい!

・・・など、ご希望のある方はお気軽に下のフォームからご意見ご希望をお聞かせくださいませ。

スケジュール調整のときに検討しますーーー。


フォルメンでセルフセラピー

 

引越しやらなんやらで、体の疲れだけではなくて、心のストレスもたまります。

 

昨晩は、あれこれ積み重なった疲れがどっと出てしまったようで、体が重くて何をする気力もなく・・・。涙

 

そういうときもありますよね。

 

デスクのところに座って、何もできずかたまる。(苦笑)

 

なにげに・・・、机の上に置いてあった買ってきたばかりのLYRAの色鉛筆(今まで持っていなかった色)で落書き。

 

落書きは、フォルメンとなり、フォルメンは生きて変容しはじめ、すごく活動的なアクティブなものになりました。

 

 

フォルメンって形を描くのですが、形には「力」があります。形がその形をしているのは、周りからの力が影響しているから。

 

周りから力をうけて、ただの円が変形していく。描く人のエネルギーも加わって、形が生きてくる。いろいろな形が組み合わさって協調しあう。ハーモニーが生まれる。

 

フォルメンを描くプロセスには、形がもつ力と自分の力が影響しあう体験があります。

 

生き生きとフォルメンを描くプロセスは、描いているひとにエネルギーを流し込むような、そんな効果があるんですね。

 

描き終わった頃には、心の疲れが楽になっていました。
体の疲れは・・・・休むしかない。(笑)

 

 

フォルメン、子どもの教育だけのことではないですよ。

 

=================

大人のフォルメン講座残席2です)
7月27日(木)日本時間21:00〜
特別受講費2000円

=================

魔の夏休み〜子どもに一石三鳥。夏の有効なアクティビティ。

夏休みですね〜。

 

あああ、6週間も学校がない!
子どもが暇だ、退屈だととうるさい。
仕事に集中できない。
家のなかが片付かない。
大人は忙しいのに子どもの世話がーーー

とか思っちゃいませんか?
私は思います。(苦笑)

 

魔の夏休みです。

 

子どもが暇になって、退屈なときって、だらだらしていて、
子ども「退屈ーーー。なんかやることない?」
と言ってきても
親「じゃ、掃除して」
子ども「やだーーー」

となります。笑

 

 

暇でやることないんなら、ちょっとお手伝いしてくれたっていいじゃない・・・と大人は思いますが、だらだらした気分のときほどお手伝いはやる気がしないのが自然なこと。笑

 

我が家で最近よく使う「手」があります。声をかけると、「やるーーー」と喜んでとびついてくるもの。

 

それは、「〜〜ミックス」を使ったおかし作り。

 

バイオダイナミック「デメター認証」つきケーキミックス〜美味しかったです!

 

普段「〜〜ミックス」とか、使ったことがない我が家なのですが、ドイツでオーガニックのものやバイオダイナミック認証「デメター」のものが簡単に手に入るようになったので、試しにつかってみたところ、子どもたちにヒット。

美味しかったー。

 

 

 

ミックスを使わずに、ちゃんとケーキを作ったほうがいいのは当然です。でも、「ケーキ作る?」と聞いても「やだー、面倒臭い」と言われてしまうし「ママのケーキが食べたい」と、こっちに仕事がふられてしまう。(笑)

 

でも「〜〜ミックス」だと、簡単なので「やるーーー」と元気な返事がかえってくるのです。

 

ほんと、アクティビティでも、宿題でも、勉強でも、難しすぎない、簡単すぎない、少しだけチャレンジになるようなちょうどいいものを与えると、子どもも喜んで取り組み、効果も高い。

 

お手伝いも同じですね。

 

いやいややってもらっても嬉しくない。快くやってくれるのが一番。

 

 

「〜〜ミックス」でのおかし作り。子どもはもちろん、ケーキを食べたい一心です。笑

 

でも、

  1. 子どもの退屈しのぎのアクティビティになって、
  2. ケーキが食べられて、
  3. 作り方(ドイツ語表記)を読むのに、ドイツ語の練習にもなる。

★英語表記の「〜〜ミックス」とか手に入ったら英語の勉強にもなりますね。

 

一石三鳥です。

 

うれしい〜。

 

 

 

ちなみに、写真のはケーキですが、他にもワッフル、カップケーキ、ブラウニー、プディング、ピザ、パンなど、オーガニック、デメター認証などでたくさんの「〜〜ミックス」がスーパーに売っています。

 

次はどれを買ってこようかな。(作るのは息子たち! 笑)

 

人間の力を生かす〜誰だって輝ける場所がある

こんな風刺画があります。

 

公平を期するために、全員に同じ試験を課すことにする。
試験:「そこにある木に登りなさい」
出展:ludic learning http://www.ludiclearning.org/

 

数年前にフェイスブックで回ってきたから、見た人もいるのではないかしら。

 

 

こどもの教育についてはもちろんのこと。

 

で、私は大人についても思うのです。大人だって、得意な仕事と苦手な仕事があります。

自分で選んだ仕事だって、いつも得意なことばかりしていられないでしょう。

 

適材適所という言葉がありますが、どんな人にでも、自分の能力を生かせる場所があると、私は信じています。

 

それを見つけるのは簡単ではないです。

 

でも、自分を生かす場所は絶対ある。それを見つけて欲しい。そのためには、自分には力があるのだということを信じて欲しい。

 

上の風刺画で、象も魚もこの試験に合格できないでしょう。でも、試験に不合格になった象のような人にも、「自分はダメなやつだ」と思わないで欲しい。「力仕事なら負けないぞ」というような何かが自分にあることを見つけて、「自分には自分らしい力の発揮し方がある」と信じて欲しい。

 

他者の評価で自分を判断するのではなく。

 

イギリスのラスカンミルカレッジ(アントロ系のカレッジ、障害や問題をかかえる青年たちが農業や芸術工芸を通して学ぶ教育機関)で、バイオダイナミックの魚の養殖場で働いていた障がいをもつ青年の言葉を紹介します。

 

僕の仕事は、何千という稚魚がいるこの水槽の掃除をすることなんだ。水が汚れていると稚魚は健康に育たない。スポイトでひとつひとつ汚れを取り除く作業をすることで、稚魚の生育を妨害することなく、稚魚の環境をよりよいものにすることができる。機械ではいい仕事はできないんだよ。手でするのが一番効果的なんだ。僕は、毎朝2時間かけて水をきれいにする。気持ちが落ち着くし、僕の治療にもなる。この仕事が大好きだよ。何より僕はこの仕事を誰より(障がいのないひとより)上手にすることができる。

 

彼はすごい仕事をしていると思いませんか。

大事なことは、人を環境に無理やり合わせようとするのではなく、その人にぴったりの仕事を見つけること。

 

だれにだって力がある。

 

障がいある無しに関わらず、どの人にだってあてはまります。そう、これを読んでいるあなただって、自分を生かせる仕事がどこかにある。それを見つけて生き生きと自分を生かしているひともいるでしょうし、まだ見つけてないひともいるでしょう。でも、かならずあなたには力がある。

 

 

 

そして・・・、子どもを教える大人として、子どもが自分の力を信じられるような自己肯定感を育てられるような教育を、心から望み、それを目指します。

象が木に登れず試験に不合格になって「自分はダメなやつだ」と思い込んじゃう。そんな現象が人間の世界にないように。

 

 

 

引っ越ししました

もう何度目の引っ越しだか考えるのも嫌になってきましたが・・・

また、引っ越ししました。
前回が2016年8月。
1年もたたないうちにまた引っ越しです。

今回は、しばらく、当分、長い間、ここにいたいと思っています。

新居はドイツの北のほう。
ヒルデスハイムという小さな市です。
アートや工芸が盛んな街。
世界遺産の教会が2つある街。

家から徒歩10分の距離にあるシュタイナー学校で、夫は教え、息子たちは学校生活を送ります。

学校の横には、私がいつもいく大手チェーンのスーパーがあるんですね。
さすがにシュタイナー学校の横にあるだけあって、同じチェーンのスーパーに比べて、断然オーガニックやデメター商品の品揃えが豊富。

街の景色も、人の態度も、南と中部と北ではずいぶん違うけれど、そんな違いを感じられるのも、引っ越しのメリットですね。

また、ぼちぼち、感じたこと、情報をリポートしていきますね。

これからもどうぞよろしくお願いします。