人間の力を生かす〜誰だって輝ける場所がある

こんな風刺画があります。

 

公平を期するために、全員に同じ試験を課すことにする。
試験:「そこにある木に登りなさい」
出展:ludic learning http://www.ludiclearning.org/

 

数年前にフェイスブックで回ってきたから、見た人もいるのではないかしら。

 

 

こどもの教育についてはもちろんのこと。

 

で、私は大人についても思うのです。大人だって、得意な仕事と苦手な仕事があります。

自分で選んだ仕事だって、いつも得意なことばかりしていられないでしょう。

 

適材適所という言葉がありますが、どんな人にでも、自分の能力を生かせる場所があると、私は信じています。

 

それを見つけるのは簡単ではないです。

 

でも、自分を生かす場所は絶対ある。それを見つけて欲しい。そのためには、自分には力があるのだということを信じて欲しい。

 

上の風刺画で、象も魚もこの試験に合格できないでしょう。でも、試験に不合格になった象のような人にも、「自分はダメなやつだ」と思わないで欲しい。「力仕事なら負けないぞ」というような何かが自分にあることを見つけて、「自分には自分らしい力の発揮し方がある」と信じて欲しい。

 

他者の評価で自分を判断するのではなく。

 

イギリスのラスカンミルカレッジ(アントロ系のカレッジ、障害や問題をかかえる青年たちが農業や芸術工芸を通して学ぶ教育機関)で、バイオダイナミックの魚の養殖場で働いていた障がいをもつ青年の言葉を紹介します。

 

僕の仕事は、何千という稚魚がいるこの水槽の掃除をすることなんだ。水が汚れていると稚魚は健康に育たない。スポイトでひとつひとつ汚れを取り除く作業をすることで、稚魚の生育を妨害することなく、稚魚の環境をよりよいものにすることができる。機械ではいい仕事はできないんだよ。手でするのが一番効果的なんだ。僕は、毎朝2時間かけて水をきれいにする。気持ちが落ち着くし、僕の治療にもなる。この仕事が大好きだよ。何より僕はこの仕事を誰より(障がいのないひとより)上手にすることができる。

 

彼はすごい仕事をしていると思いませんか。

大事なことは、人を環境に無理やり合わせようとするのではなく、その人にぴったりの仕事を見つけること。

 

だれにだって力がある。

 

障がいある無しに関わらず、どの人にだってあてはまります。そう、これを読んでいるあなただって、自分を生かせる仕事がどこかにある。それを見つけて生き生きと自分を生かしているひともいるでしょうし、まだ見つけてないひともいるでしょう。でも、かならずあなたには力がある。

 

 

 

そして・・・、子どもを教える大人として、子どもが自分の力を信じられるような自己肯定感を育てられるような教育を、心から望み、それを目指します。

象が木に登れず試験に不合格になって「自分はダメなやつだ」と思い込んじゃう。そんな現象が人間の世界にないように。

 

 

 

子安美知子先生の永眠について思うこと・・・

子安美知子先生が7月2日に天に召されました。みなさんもご存知の通り、シュタイナー教育を日本に紹介した第一人者でした。

私が「ミュンヘンの中学生」を読んで、シュタイナー教育と衝撃的な出会いをしたのと同じように、たくさんの仲間、友人が、子安先生の著書からシュタイナー教育に出会いました。

子安先生がいなかったら、私はシュタイナー教育の道に歩んでいなかったかもしれない。いや、歩んではいたでしょうが、きっと、その道は違うものになっていたでしょうし、確実に、日本のシュタイナー教育のあり方は今と違っていたと思います。

 

人の命は永遠ではありません。

ここ数年、シュタイナー教育の先駆者的存在であった先生方が、何人も亡くなっています。その度に深く悲しみ、損失の大きさに打撃を受けます。

悲しいけれど、人の命は永遠ではないということ、高齢の方はもちろんですが、若い方でも、生と死のはざまを毎日生きていて、明日の命だって保証はないのだということ・・・。もう一度胸に刻んで日々丁寧に大切なことをやっていこうと思います。

そして、子安先生のように経験と英知のある方からもっと学んでおきたかった、もっとこれからも学びたかった・・・という思いを感じながら、強く思うこと2つ。

 

学びたかったら、何かをしたかったら、今すること。

 

私は若いころから、「明日死んでもいい」と思いながら生きてきています。それは、決してネガティブなものではありません。明日死んでも後悔しないだけ、今日まで思う存分生きてきているという思いがあるのです。もちろん、やりたいことはまだまだあります。でも、今までの人生は十分後悔しないだけやってきた。その思いは強くあるのです。・・・20台のころからそうやって生きてきています。

だけど、子安先生と仕事をすることは、ずっと願っていながらも、叶わずに終わってしまった。心に深い悲しみを感じながら、「何かをしたかったら、今すること。先延ばししない。」ともう一度心に刻んでいます。

 

そして、もうひとつ。

シュタイナー教育を続けていくために、私たちの世代がしっかりと引き継ぎ、もっと学んで自分を高め、そして、後継者を育てていく活動をすること。

 

どの国でも、シュタイナー学校の後継者不足が問題になっています。ドイツでもです。

自分たちが学んで満足するだけではなく、社会全体を育てていけるように、後輩たちを育てていく。仲間を増やしていく。そんな活動をおろそかにはできません。

 

子安先生。ご冥福をお祈りします。

シュタイナー教育を伝えてくださった功績に、深く深く、心から感謝しつつ。

引っ越ししました

もう何度目の引っ越しだか考えるのも嫌になってきましたが・・・

また、引っ越ししました。
前回が2016年8月。
1年もたたないうちにまた引っ越しです。

今回は、しばらく、当分、長い間、ここにいたいと思っています。

新居はドイツの北のほう。
ヒルデスハイムという小さな市です。
アートや工芸が盛んな街。
世界遺産の教会が2つある街。

家から徒歩10分の距離にあるシュタイナー学校で、夫は教え、息子たちは学校生活を送ります。

学校の横には、私がいつもいく大手チェーンのスーパーがあるんですね。
さすがにシュタイナー学校の横にあるだけあって、同じチェーンのスーパーに比べて、断然オーガニックやデメター商品の品揃えが豊富。

街の景色も、人の態度も、南と中部と北ではずいぶん違うけれど、そんな違いを感じられるのも、引っ越しのメリットですね。

また、ぼちぼち、感じたこと、情報をリポートしていきますね。

これからもどうぞよろしくお願いします。

批判と中傷・・・そしてインフィニティ

 

昨日「批判とか中傷とか」という記事を書きました。

そこで、意見の違うひとに向けてこんなことを書きました。

 

 

あなたの意見は私と違う。協力しあえるところは協力しましょう。違った意見をもったもの同士、違いを乗り越えて協力しあえたらきっと世界は素敵になる。協力しあえない場合は、私は自分が信じることで、世界に貢献する活動を目指します。あなたも、自分の意見を生かして、それをもとに、世界を良くなるような建設的な活動をしてください。

 

この、意見が違う人たちが、お互いにその人の道を歩んでいく。それぞれに別々の活動をしていく・・・というところ、まあ、言い換えれば「勝手にして。私も勝手にするから。」「あなたのことなんて知らないわよ」みたいな、ちょっと冷たさも感じるかもしれません。(はい、わたし、けっこう冷たい女なんです。笑)

 

世界はいろんな糸を混ぜて織った布のよう。

そう例えましたが、違う意見をもってそれぞれの道を歩んでいく人たちは、織物の平行な糸のようでもあります。織物には平行な糸が必要です。しかも、たくさん。世界にも、平行な糸のような存在がたくさん必要でしょう。

 

平行線は、どこまでいっても同じ距離を保っていて交わることはありません。でも、それは、限りのある世界、有限の世界でだけ。

 

限界を超えて、無限の世界にいったら、平行線は無限の世界の1点(無限遠点)で交わります。たくさんの平行な線があったとして、それを無限まで伸ばしていったら・・・平行だったすべての線が1点できれいに交わる。ものの見事に。

 

人もそうだとしたら・・・素敵だと思いませんか? 交わることのなかった人たち。あなたのやってることなんて興味ないわ・・・って思ってるような相手、そして世界中にいる存在さえも知らないようなたくさんの人たちがひとつの点で集まるって。想像しただけで、なんだかわくわくします。

 

 

射影幾何学エポックノートより

 

 

シュタイナー学校では、高校で「射影幾何学」という数学を学びます。日本の文科省カリキュラムの高校では学びません。

日本の教科書では、無限って何かを考える機会もなく、突然 ∞ が式で出てくる。無限については特に説明もなく、よくわからないまま、計算をする。

シュタイナー学校では、式(代数)ではなくて、図形(幾何学)で、作図をして形を見ながら無限についてとことん考えます。(別のときに、微分積分なども勉強します。)

 

シュタイナー教育では、全てが繋がっています。

 

いや、言い換えましょう。

世界では、全てが繋がっています。

 

射影幾何学は学問です。数学です。でも、そこに、人間の姿を見ることもできる。限界に悩む人間像と、限界を超えて自由になる人間やその世界観を感じ取る人もいる。この世での人生と死後の世界と考える人もいるかもしれない。物質界を抜けてスピリチュアルな世界へいくのをイメージする人もいるかもしれない。

 

 

哲学的であり、倫理的であり、人間的であり、でも、正真正銘の数学。

 

数学を学びながら数学以上のことを考え、学び、気づく。それがシュタイナー学校の授業です。

 

シュタイナー教育の教材 e-waldorf シュタイナー学校に通っていなくても学べます

批判とか中傷とか


いろいろありますよね。批判されたり中傷されたりすること。

私は、こんな風にネットで公にいろいろ書いているから、中傷コメントもあるし、シュタイナー批判を受けることもあります。

特に公にシュタイナーについて意見書いたりしていないひとだって、「ええ? シュタイナー教育?」「シュタイナー園に行かせるの? 大丈夫?」「シュタイナー教育なんて、ちゃんと勉強教えない学校だ! やめておけ!」「そんな学校いくと大学行けないぞ」「オカルトじゃないの?」「新興宗教?」とか・・・

まあ、ありとあらゆることを言われたことがあるのではないかと思います。


事実無根の中傷もありますよね。

「シュタイナー? ナチスの手先だな」って書かれたことありましたよ。シュタイナー学校はヒットラーに敵視されて閉校させられたりもしましたけどね。

そんな、「全くシュタイナーを知らない人」の意味のない中傷は、関わりあっても時間の無駄。エネルギーの無駄。さらっと無視します。批判したい、喧嘩を売りたい、議論したいだけの人は、やっぱり時間とエネルギーの無駄。スルーします。


ちょっとだけ聞きかじっていて、思いっきり誤解している人でも、「知ろう」というポジティブな意思が感じられる相手なら話をします。

シュタイナー教育って、世界最大のオルタナティブ教育ムーブメントです。世界最大になるということは、シュタイナー教育大好きなひとがいる一方、大嫌いなひともいます。

イギリスのウィンストンズシュタイナー学校があるストラウドにだって、実は、すごい「アンチ・シュタイナー運動」があるんですよ。

かなりのコンテンツ量のあるウェブサイトも作っていて、シュタイナー教育批判をしています。

こういうひとは、教養もそれなりにあり、調査もし、その上で批判しているひと。

何か、嫌な経験があったのかもしれない。

どうしようもなく、価値観が違うのかもしれない。

私が大好きなもの、ライフワークとして熱心にとりくんでいるものを批判されることは悲しいです。でも、そういうひとにたいして怒りはありません。

価値観が違うひとというのは、いるんです。それは当たり前のこと。

ただ、そういう、ある程度教育もエネルギーもあるひとが、そういう生産性のない「批判をする」という行為に、こんな莫大なエネルギーを費やしているのがとても残念です。勿体無いとつくづく思います。せっかくあるエネルギーを、いいものを推進することとかの建設的なことに使えばいいのにねえ・・・。

ああ、もったいない。

シュタイナー教育、人智学を学んで身についたことのひとつが「違いを受け入れる」ということです。

世界のなかに、価値観が違うひとがいるのは当たり前のこと。

真実はひとつであっても、角度を変えてみたら違って見える。

環境や社会も違えば、考えることも、道徳観さえも違う。

それは当然。違っていていいんです。

批判されたり中傷されたりするのは悲しいし、傷ついたりもするけれど、違う考えを持っている人がいることはいいことだと思います。

自分の考え、自分の信じるもののほうが優秀だとも思わない。

その人には、その人の生きて来た歴史と経験があって、今生きている社会や環境のなかでは、それが正当と信じているのでしょう。その人にとっては、その考えが正しいのでしょう。

だから、相手の「違う意見」を批判する気もありません。

世界は、いろんな色といろんな種類の糸で織った、織物のようなもの。

単一の糸で織った織物もきれいだけど、ちょっと退屈。ひとつひとつの糸は、他の糸に隠れて同一化してしまって個性もなく面白みもない。でも、いろんな種類が混ざると、もっと面白くなる。ひとつひとつの個性が活きる。

世界って、そんなもの。


だから、ほんと、いろんな違う意見が世界に共存していることは好ましい。

違う意見があることそのものは全然悪くない。でも、そこから派生する「行動」が問題をひきおこすことがある。違う意見を、批判したり、諍いにしたり、争いごとの原因になったりするのは、お互いの足を引っ張り合うだけ。

もっと、違いを受け入れればいいのにな。

あなたの意見は私と違う。協力しあえるところは協力しましょう。違った意見をもったもの同士、違いを乗り越えて協力しあえたらきっと世界は素敵になる。協力しあえない場合は、私は自分が信じることで、世界に貢献する活動を目指します。あなたも、自分の意見を生かして、それをもとに、世界を良くなるような建設的な活動をしてください。

わたしは、そんなスタンスです。

でね・・・ 

わたし、シュタイナー教育をライフワークにしているけれど、

世の中が全員、シュタイナー教育大好きなひとばかりになったら(つまりみんなが同じ考えになっちゃったら!)、それはそれで怖いし、変な世界だと思うんですよ。

やっぱり、ひとはそれぞれ違ってなきゃね。(笑)

海外での日本語(国語)教育〜日本語環境でないからこその教え方

海外にお住いのお父様、お母様。海外での日本語教育どうされていますか?

私自身、海外在住で子育てをしています。また、補習校で長年教えていたこともあり、日本人のお子さんの日本語(国語)教育については他人事ではありません。

ご両親ともが日本人の場合も、国際結婚の場合も、日本語教育は悩むところ。家庭で頑張って日本語を使っても、学校生活が現地の言葉であれば、遅かれ早かれ、現地の言葉のほうが優勢になってしまいがちです。

でも、せめてひらがな、カタカナくらいは覚えて欲しい。普通の会話くらいできて欲しい。理想としては将来日本に行った時に困らないくらいの国語力はつけてほしい。親としては悩むところですよね。

小学校で補習校に通い、たくさん書いて文字を覚えたこどもたち。高学年になり、現地の学校の勉強が忙しくなり補習校をやめたとたん、ひらがな、カタカナさえも忘れてしまう・・・というのもよくあること。

そういう子供達を目の当たりにして・・・海外にいるからこそ、日本式の勉強ではなく、シュタイナー学校の国語の学び方が、より効果的だと感じています。

文字の覚え方など、海外暮らしが長い生徒たちは、独特なのです。

漢字を、日本人よりもっと「絵」として捉えて覚えていたり。しかも、その漢字の意味の絵と直結する絵ではなく、彼らなりのイメージが浮かぶようなのですね。純粋に日本で育っている日本人とは全く違う発想で驚くことも多々あります。面白くて素敵な発想をするので感心します。日本語のインプット量が絶対的に少ないので、言葉が意味をなさないことも多く、その分、自分なりの想像でカバーする分も多いのです。

シュタイナー教育でやっているこくご教育、特に低学年の内容は、お話を聞いたり絵を描いたり、心で感じたり、手を動かして芸術的に学んだりする部分が多いので、心に残り、イメージに働きかけるから深く記憶に残るのでしょう。

ありがたいことに、海外の「日本人補習校」でも、e-waldorfの「こくご」教材を参考に授業をしてくださっている先生方が結構いらっしゃいます。外国で日本語教育をされているお母さんも活用してくださっています。

外国にいるからこそ、余計に、シュタイナー教育的な、子供の心に伝わるこくご学習が効果を発揮するのでしょうね。


海外に、学齢期のこどもがいるお友達や親戚がいらっしゃる方。シュタイナー教育的に、芸術的な日本語教育がご家庭でできるということを教えてあげてください。きっと、お子さんの日本語学習の助けになると思います。

待望の「ひらがな全集」発行間近。 ただいま、特典付き予約受付中です。

今日はペンテコステ〜ペンテコステローズが咲き乱れています

今日はペンテコステ(イギリスではウィットソンといいます)です。
キリストの昇天日(アセンション)のあと精霊降臨。
先日書いた記事もよかったら参考にしてくださいね。)

 

このアセンションからペンテコステのあたり、お花屋さんには、華やかな芍薬のブーケが並んでいます。芍薬の英名はペンテコステローズ。精霊が降りてくるのをイメージして花びらを落とす・・・そんな行事もあります。

 

 

 

今の季節、たくさんのペンテコステローズがお庭に咲いています。イギリスではあまり見なかったペンテコステローズ。ドイツでは濃いピンクの大輪の花がたくさん咲いています。

イギリスではペンテコステのイメージカラーは絶対的に「白」でした。でも、ドイツは違うのですね・・・。そして、ドイツではアセンションに引き続きペンテコステも祝日。キリスト教、特にカトリックが主流のドイツは、キリスト教系の祝日が多いです。そして街の教会から、いつもと違う音階で鐘の音が響き渡ります。

アメリカやイギリスでは、シュタイナー学校でしか見なかった「シュタイナー学校の行事」。実は文化風習宗教から来ていて、アントロ特有の特別なものとしてではなく一般にある。それが、ここ、ドイツでは実感できるのが嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生いろいろ〜やはりシュタイナー教育

聖マイカエルの町にあるシュタイナー学校
夫の教室の外壁には聖マイカエルの絵があります。
きっとここで働く使命がある・・・はず。と信じます。

個人的な話ですが・・・
夫、シュタイナー教師に復帰することが決まりました。

長年やってきたシュタイナー教師をやめて、大学で学び直そうとドイツに昨年8月移転。アントロ系大学でしたが、内容に納得できず、悩んだ末に退学しました。

夫の夢を叶えようと一緒についてきた私は、未知の国でドイツ語もわからないまま必死に大黒柱の役割を果たすのにプレッシャーでいっぱい。ドイツ語の授業がわからず、学校を楽しめないでいる息子たちも、「学校行きたくない」の連発。

そんな家族を見ながら、自分の生きる道に迷ってしまった夫も、精神的に不安定で、どよよよよよーーーん。


生きる道を変える一大決心をしてイギリスからドイツに来て。それがうまくいかなくて。かと言って一度やめると決意したシュタイナー教師に戻る気持ちにもならず、教師にはもうなりたくない・・・といい続けていました。

でもね・・・、

妻の私が言うのも何ですが・・・、

夫はすごい教師なんですよ。

絶対、私は夫を越えられない。夫は天性のものを持っているから。それに、専門性の深さと、何よりも、人智学の理解の深さが彼の教育の根底に、まぎれもなく、しっかりと生きているのです。彼は、人智学を「学んだ」ひとではなく、もともと人智学が彼のなかにあって、リアルに存在していたひと。自分がすでに感じていたことを言葉に表してある人智学に出会って、当たり前のようにこの世界に入ったひとです。

人智学を通して生徒を見ているから、生徒のスピリチュアルなところも見ちゃうんです。それを見ながら、生徒のために何をしたらいいのか感じ取る。

もうね、お手上げです。私だって教師だけど、とてもとても彼にはかなわない。

その、教師としての素晴らしさを知っているから、私はずっと彼にシュタイナー教師をしていて欲しかった。

でも、本人が叶えたい夢があると言った時、「じゃあ、挑戦したら?」と即答しました。だって、夢は挑戦してなんぼでしょ。夢を心に描いているだけじゃ、人生つまらないでしょ。うまくいってもいかなくても。結局、志した夢は断念しましたが、やってみたから踏ん切りついた。そして、シュタイナー教師にもう一度戻ると決めてから、シュタイナー教師としてやっていくことを、すごく楽しみにして、寝ても覚めても授業のことばかりはなしています。(笑)

イギリスからドイツへ、という大変さも経験したし、この一年、ほんっとに大変だった。でも、本人が自分の道を見つけられて良かった・・・とつくづく思います。

 

イギリスよりドイツのほうが高等部はシュタイナー教育を追求できるし。

ちなみに、ドイツのほうが、教師の待遇もお給料もずっと良い・・・。私も助かる。わたしは現実的。笑

シュタイナー教育を家で実践する教材