(子育て)捨てられない子どもの作品・・・いいアイデアを思いつきました!

 

こんにちは。
石川華代です。

 

近頃、少しずつ、また断捨離をしています。

 

整理していて、見つかったもの・・・

 

 

息子の小さい時の絵。

 

・・・かわいい。
どうしよう。
捨てられない・・・。汗

 

ありますよね。
こういうの。

たくさん。

 

みなさんはどうしてますか?

 

全部とっておいたら大変なことになります。

 

私は、選抜して、
いいものだけファイルしたり、
保存用の箱に入れておいたりします。

 

・・・この小さな絵は、
選抜にもれた作品なのです。

 

選抜にはもれたけど、
なんとなく捨てられず、
整理箱の片隅に入り込んでいました。

 

 

さて、どうしましょう。

 

似たようなものは、山のようにあるので、
他にも「宝物」はいっぱいあるのです。

 

 

・・・

 

 

ふと思いついて・・・

 

 

 

シュタイナーの本に挟んでおくことにしました。

 

 

ここなら邪魔にならないし。
シュタイナーの本だから処分しないし。

 
でも、きっと、
挟んだことなんて忘れてしまう。

 

何年か後に、
たまたま本を開いて、

これが出てきたら・・・
 
 

ちょっと嬉しくないですか?

 

 

実は、
お札も、本に挟んだことがあります。

 

 

挟んだことをすっかり忘れてて・・・

 

見つけた時、
びっくりして、
嬉しかった。

 

そのまま本に戻し・・・

 

今では、もう、
どこに挟んだか覚えていなくて、

 

本の多い我が家では、
もう見つけられません・・・・ 汗

 

あ、
そんな大きな金額ではないので、
泥棒に入っても時間と労力の無駄ですよ。
(泥棒がこんなの読んでないよね。)

 

 

 

余談ですが、挟んだページにはこんな文がありました。しっかり線が引いてありました。

「人間の魂全体の中に芸術的に精通することを通してのみ、人間は認識が目指す領域へと向かうことができる」
1921.4.9  ドルナッハ ルドルフ・シュタイナー

 

(何気に開いたページだけど、息子の誕生日だーー。)

 

 画像をクリックするとBOOK SHOPへいきます!

(IDEAL 大人の幾何学)イスラム幾何学を堪能しましょう

 

こんにちは。
石川華代です。

 

今更ですが、
私は幾何学(図形)大好きです。

 

ややこしい、難しいことではなくて、
形の規則性がつくりだす美しさに目がないのです。

 

世界各地には、素晴らしい幾何模様がたくさんあります。

 

日本の、紋章だって美しい幾何の世界。
日本古来の文様、
着物に使われている伝統模様も美しい。

ケルト模様も素晴らしい編み込み模様がありますよね。

 

 

そして、極め付け。

イスラム模様。

 

 

 

イスラムの幾何模様って、こんなのです。

 

 

 

寺院の屋根や、壁、扉に、
こんな模様がぎっしりと。

 

すばらしい幾何学模様の表現力。

 

 

 

 

見ていると、すいこまれそうです。

 

こういう模様を、ただ見ているだけでも美しいのですが、
実際に描いてみると、
さらにその美しさ、
その創作の凄さがわかります。

 

 

 

e-waldorf IDEAL(イデアール)では、
「大人の幾何学」として、
月1回ZOOMでさまざまな幾何学を楽しんでいます。

 

2月のテーマは、
「イスラム幾何模様を体験する!」

 

2月27日(木)21:30−23:30
ZOOMで開催します。

 

イスラム模様をつくりだす体験をして、
定規とコンパスで美しい模様を描いてみませんか?

 

 

今回だけの単発参加を、3名のみ受付ます。

 

 

 

ピンときた方、お席がなくなっちゃわないよう、早くお申し込みくださいね。

 

 

追記:告知開始後1日で満席→3席増席→満席となりました。
これにて、お申し込み受付を終了させていただきます。
どうもありがとうございます。

======================

IDEAL イデアール 大人の幾何学

詳細・お申し込みはこちらです。

======================

 

 

 

(シュタイナー教育)高学年の木工、息子からのプレゼント・・・

 

こんにちは。
石川華代です。

 

昨日、息子が、

 

やっと、

 

クリスマスプレゼントをくれました。(爆)

 

 

シュタイナー学校の木工の授業で作ったスツール。

 

ずっと前に完成していて、
クリスマス前にできあがっていたのだけど、

 

「出来が悪い」
「失敗作」

 

とか言い訳をして、持ってこなかったのですが。

 

 

やっと持ってきてくれました。

 

 

継ぎの伝統技術による作品です。

 

 

「失敗作」って、どこが?

 

と、目を凝らしてみてみても、わかりません。

 

 

 

 

よくよくみて、やっと、
次の部分の角度が若干ずれているところを発見。
そして、
わずかに、0.5mm くらいの隙間を発見。

 

 

木工の先生は、
同僚である、私の夫に、
その「失敗」部分を伝え、
さらに、
「と言っても、今まで何年も教えた中で、一番完成度の高い生徒作品だけどね」
とのこと。

 

 

ちなみに、
これは9年生の作品です。

 

小学校のころは、
自然の形を生かした、
木のスプーンや、ボウルを掘るのですが、

高校生は、
思考に働きかけて意志の力を育てる時期。

 

木工をするとき、
スプーンなどは、木の形を感じながら作ります。

このスツールのような「継ぎ」は、
頭で理論的に理解する思考の力が求められます。
そして、手を使って、意志の力で作品をしあげる。

 

学年ごとに、
その年齢に意味のあることが行われるのが、
シュタイナー教育です。

 

 

 

シュタイナー教育を実践するための本。
期間限定でセールします。

お子さまの新学期準備に、親戚やお友達への入学・進学祝いに、このチャンスをお見逃しなく。

ブックショップはこちらです。

(子育て)子どもにいいクリスマスプレゼントって?

 

こんにちは。
石川華代です。

 

クリスマスが近づいてきましたね。

 

こちらでは、
お正月よりもクリスマスが盛大。
今の時期は、
日本のお正月準備のような忙しさです。

 

クリスマスの悩みはというと・・・、

 

プレゼント。

 

 

みなさんは、子どもたちにクリスマスプレゼントを贈りますか?

 

 

我が家の息子たちは、
14歳と15歳。

欲しがる物も、可愛げがなくなってきました。笑

 

 

子どもたちが小さい頃は、
プレゼントひとつひとつも工夫しました。

 

いつも、プレゼントは、
創作活動に繋がる物。

 

あるときは、
絵具やキャンバスのセット。

 

あるときは、
色鉛筆のセット。

 

あるときは、
ドライバーやペンチなどの工具。

 

あるときは、
小刀。

 

・・・などというように、
ずっと使い続けられて、
いろんな創作活動が広がっていくようなもの。

 

選んだものは、子ども用ではなく、
大人の、
しかもプロフェッショナル仕様のものばかりです。

 

子どもが使うのだから、
安物でいい。

・・・そう言う人もいますが、
私は、子どもだからこそ、いいものを!
・・・と思っています。

 

安い画用紙で描いたら、
せっかくの作品がきれいに表現できない。

こころを込めて描いたのに、
発色がよくなくて、
思ったように仕上がらない。

 

自分の作品が、
できるだけ満足いくものになるように。

 

そして、それを使うことが楽しくて、
もっと創作したくなるように。

 

そして、
いいものだから、
大事に使う。

 

画用紙一枚だって、
安いペラペラの紙より、
良い紙を使った方が、
子どもたちは真剣になるものです。

 

子どもだからって、
子どもの活動を軽く見積もるわけにいきません。

子どもだからこそ、
子どもの真剣さに、真剣に向き合う。

 

シュタイナー学校で使っている絵具はシュトックマー。
小さなボトル3色で2000円くらいでしょうか。

リラの色鉛筆だって、結構高いですよね。

 

ドイツのファーバーカステルなどの、
プロアーティスト仕様の色鉛筆と比べても、
値段も品質も引けをとりません。

 

感性を育てる大事な時期だからこそ、
芸術活動を十分に楽しめる道具を。

 

 

高い・・・けれど、
一度買ったら何年も使えるもの。

 

教育効果を考えると、
だんぜん安い。

 

 

私はそう思います。

 

 

e-waldorf BOOK SHOP

 

(幾何)IDEALイデアール大人の幾何学〜美しい幾何にひたる時間

 

こんにちは。
石川華代です。

 

今週は、月1回の
IDEAL大人の幾何学講座
がありました。

 

高校で習うある曲線を使って、
こんな曲線を描きました。

 

 

曲線を描きながら味わい、
その曲線から自分なりの創造をして、
自発的な学びをする。

そして色鉛筆で着色する、
意志の活動で、思考と感情が働きつつ、
瞑想的なプロセスがまた楽しい。

 

夜遅い時間なので、
みなさんお疲れなのですが、
熱心に作品に取り組まれていました。

 

 

幾何学って、みなさんにとってなんですか?

と問いかけると、

中学生のとき本当に嫌いだったんだけど、
シュタイナー教育で、
幾何学の規則がある美しさに出会ってから、
世界がガラッと変わった。
世界が広がって幸せ。

 

規則とか、調和とか、
目で見たときに、好きだなーーーって思う。

 

これまでは、
美しい形と数学が結びつくことがなかったけど、
シュタイナーの幾何に出会ってから、
幾何っていう分野が広がった。

 

などという答えが返ってきました。

 

私にとって、
幾何学の魅力は、
自然とつながっていたり、
形の美しいものには、数字の美しさもあったりするところ。

 

そして、
肉体だけでは到底到達できないようなところまで、
思考で到達できる喜びは、至福です。

 

===================

IDEAL大人の幾何学講座
興味のある方はお問い合わせくださいね。
毎回1回ごとに完結する内容なので、
途中からのご参加も歓迎です。
詳細・お問い合わせはこちら

===================

 

 

(暮らし) みつろうラップつくり

 

 

こんにちは。
石川華代です。

 

この数年よく聞く「みつろうラップ」
使ったことありますか?

 

我が家は、
もともと「ラップ」そのものを使わない暮らしなので、
蜜蝋ラップの必要性も全く感じてなかったのですが・・・

 

ドイツパンを包んだ時に
保存性がいい・・・のかも?

という期待とともに、
使ってみたくなりました。

 

ところが、
販売されているみつろうラップをいろいろ見てみたのですが・・・

 

どれも、
プリント柄が、
嫌い。

 

私は、
身の回りで日々使うものは、
基本、シンプルで、絵のないもの。

邪魔にならない、
存在感のないデザインを選びます。

 

本当に好きな、大事なものだけが、際立って欲しい。
脇役はとにかくシンプルに。
だから、
食器も全て真っ白オンリーです。

 

だいたい、
暮らしの中で、
「モノ」は全部脇役・・・と思ってます。

 

 

だから、
とりあえず、
手元にあったギンガムチェックの端切れで作ってみました。

ほんとは無地がよかったんだけどね。
ちょうどいい厚さのコットンがこれしかなかった・・・。

 

 

 

みつろうは、
手元に残ってたものと、
使った後の
みつろうろうそくのかけらを細かくしたもの。

材料を一切買うことなく、
家にあったものだけで。

 

手作りの良さは、
工夫次第で、
使いやすいものに、自分で調節したり改善できること。

このみつろうラップは、
最初ちょっと蜜蝋つきすぎた感じだったので、
新しい布と重ねてアイロン当てたら、
いい感じのが2枚できました。

失敗は成功の元。笑

 

さて、
ドイツパンの保存には、どうなんでしょう。
お楽しみ。

簡単エコ手作り。
よかったら皆さんもどうぞ。

 

作り方

1.  コットンの布(ブロードくらいが使いやすいかな)をピンキングバサミで好きな大きさに切る。
2.  布よりひとまわり大きいベーキング紙を2枚用意する。
3.  アイロンボードの上に、ベーキング紙をのせ、その上に布をのせる。
4.  みつろうの粒を布の上にまんべんなくのせる。
5.  もう一枚のベーキング紙をのせる。
6.  アイロンをかけ、みつろうをとかし、蜜蝋が布全体に染み渡るようにする。
7.  みつろうがつかなかったところに、みつろうを少し乗せて、もう一度アイロンかけ。
8.  ベーキング紙をはがして乾かしてできあがり。

 

 

 

IDEAL 中学準備講座 

2020年1月〜3月開講!

(シュタイナー教育)黒板や木製品の手入れ

 

こんにちは。
石川華代です。

 

今日、いつものように、
黒板にフォルメンを描きました。

 

フォルメン

 

 

描いた時、
ちょっといつもと違った感触。

 

なんだか、
ツルツルなんです。

 

私の黒板は、
手作りしたものです。

 

板に黒いペンキを塗ります。
乾かしてまた塗って、
乾かしてやすりをかけて、
また塗って、乾かして、またやすりをかけて。

 

そんな工程を経て、
丁寧につくりあげたものです。

 

表面は、
ざらざらすぎると描きにくいし、
ツルツルすぎるとチョークがのらない。

 

ちょうどいい表面にしあげるのですが、
使っていると、だんだんすり減って、ツルツルに。

 

シュタイナー学校では、
毎年塗り替えたりします。

 

私の黒板も、そろそろ塗り替えたほうが良さそうです。

 

手入れといえば、
学校で使う机なども、
子供達が手入れをします。

 

毎年、学年の終わりには、
机をやすりかけ。

 

1年使って、
落書きもあったり、
コンパスで刺した穴とかもあり・・・

やすりをかけることで、
きれいに生まれ変わります。

 

 

手入れすることで長く使えるモノを使い、
それを手入れする暮らしがあるということ。

 

 

シュタイナー教育に惹かれている人は、
それが大事だと気づいている人たちだと思います。

でも、

あまりにも、
使い捨て文化に慣れてしまって、
家具を自分でやすりをかけて、きれいにすることができる
・・・・なんてことを、
想像もしない人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

合板や集成材は、日々の手入れは簡単。
でも古くなってしまった時の手入れや、
加工などはしにくいです。

無垢材のものは、手入れしたり、
加工して使いやすい形にしたりできます。

 

使い込んで古くなったものにやすりをかけたら、
新品みたいになる。

 

それも、自分の手で、
使い慣れた道具が蘇る!

 

そんな作業は、
子どもたちの生きる力になります。

 

 

ちなみに、
私は、IKEAの無垢材の本棚を愛用しています。笑

無垢材だけど安いものもあるんですよー。笑

 

小物も無垢材で。

私はあえて、
ニスも塗っていないものを選びます。

 

 

 

 

家具を新しく買うことはそうないと思うけど、
木の小物を買う時には無垢材で。

 

そしてお子さんと一緒に、
手入れをして欲しいと思います。

 

木のおもちゃだって、
丁寧にやすりがけをすると、
新品同様になります。

 

やすりかけした後は、
ニスではなく、
アマニ油とか蜜蝋クリームとかを塗ってくださいね。
口に入れても大丈夫な自然素材です。

 

 

地球にゴミを増やさないだけでなく、
子どもの世界観が育ちます。
ものを大切にするだけでなく、
子ども自身の、
この世界で生きていく力になりますよ。

 

 

シュタイナー教育の日本語教材
e-waldorf BOOK SHOP

 

 

Waldorf 100 に想うー芸術だけじゃないシュタイナー学校(e-waldorf newsletterから)

こんにちは。
石川華代です。

今日はe-waldorf newsletterの記事をブログでもご紹介しますね。
newsletter のご購読はこちらです。

 

Waldorf 100、シュタイナー教育100周年の年も、
残すところ3ヶ月と少しとなりました。

100年前にシュタイナー学校創設されたのは、
1919年9月19日。

その誕生日を祝って、
ベルリンでは、
世界各国のシュタイナー学校生徒たちが集まり、
大バーステーパーティ!・・となりました。

こちらに、その時の映像がありますので、
もしよかったら見てみてくださいね。

https://youtu.be/-KiLs7PcIFU

これをみると、
シュタイナー学校の生徒たちの
創造力と表現力に圧倒されます。

でも・・・、

この程度のことをする高校生は、
シュタイナー学校以外でもいますよね。

オーケストラ、
英語劇、
バレエ、
スポーツ・・・。

でも、やっぱり、
シュタイナー学校ってすごい。

それは、これらの活動をしているのが、
選抜されたメンバーでないということ。

全員が演劇をし、
全員がオーケストラや合唱をする。
全員がオイリュトミーをして、
全員がアートもクラフトもする。

オーディションとかあって、
上手な人たちだけでやっている活動ではない。

それで、
これだけの完成度。

・・・ただ。

・・・ただ・・・・

残念に想うことがあります。

どうしても、
シュタイナー学校というと、
音楽とか芸術とかが、
一番目立っていることです。

誤解のないように言っておきますが、

音楽や芸術が重視されていることは、
絶対にシュタイナー教育の基本です。
すごく大事なんです。

だけど・・・

あまりにも芸術の部分が目立ちすぎていて、

芸術ばかりやっている学校
・・・との誤解も多々あります。

ドイツでもそうです。

シュタイナー学校は、
芸術ばかりやってる学校だから、
アカデミックな学問を真剣にやりたいなら、
他の学校に行った方がいい
・・・って思ってる人も多いです。

いや、誤解なんですけど。

すごく大きな誤解なんですけど。

シュタイナー学校の卒業生たちの業績を見ると、
入学試験がないのに関わらず、
一般の学校の平均値より優秀です。

大学進学の試験アビトゥーアの成績にしろ、
その後の活躍ぶりにせよ。

それはどうしてだと思いますか?

芸術ばっかりやってるのに。

うちの息子は今高校生ですが、
週8時間は芸術系の授業です。

確かに、多いですよね。

でも、
芸術ばかりやっているから、
数学とか国語とか理科・社会なんかができない
・・・のではなく、

アカデミックな勉強を、
エポック授業でしっかり学んだ上で、
その学びが、
芸術的活動で強化されているから、

アカデミックな能力が、もっとつく。

教えられた情報を頭に詰め込むのではなく、
数国理社+外国語のようなアカデミックな学習が、
創造的なものになる。

それが、彼らのアカデミックな能力を、
テストのための情報だけに終わらせない、
一生使える力になる。

シュタイナー教育の本当の強みはそこなんです。

それが、うまくアピールできず、
芸術ばかりの教育のような印象になってしまうのが、
とても残念。

ーーーーーーー
この秋。

「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、

もっと中身をよくして、

新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、

詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。

直接、石川華代とシュタイナー教育について

思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、

シュタイナー教育について、

ちょっと触れてもらいたいと思い、

 

ビデオを作りました。

 

 

シュタイナー教育についての紹介と

シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

 

 

 

よかったらこちらからご覧くださいね。

 

 

 

 

ビデオを見て、

シュタイナー教育いいなーと思ったら、

お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

ビデオの下に、

「お母さん・お父さんのシュタイナー学校」

詳細や説明会について書いてあります。

 

シュタイナー教育に興味がある方、

家庭でシュタイナー教育を取り入れたい方に、

届きますように。

大人のIDEAL(イデアール)美しいシュタイナー幾何学クラス

IDEAL(イデアール)はシュタイナー算数・数学のZOOM教室です。

小学生〜中2までグループレッスンをしていますが、
それとは別に「大人のIDEAL(イデアール)」として、
中3〜大人までの「美しいシュタイナー幾何学クラス」を開催することにしました。

 

今まで一時帰国のたびに、日本各地で幾何学講座を開いてきました。
その度に、

シュタイナーの算数は美しい!

シュタイナーの幾何学は神秘的!

シュタイナーの幾何学をもっと学んでみたい!

という感想をいただき、
ZOOM講座のご要望をたくさんいただいてきました。

日本での幾何学講座のようす

 

そのご要望にこたえ、

また、中高生が、
学校の勉強だけではなく、
幾何学を楽しめる機会を広げていくために

 

大人のイデアール 

美しいシュタイナー幾何学クラス 開講

 

そして・・・

中高生と大人が一緒に学ぶことは、
中高生にとっても、とても良い効果があります。

大人と一緒に学ぶ責任感。充実感は、
幾何学だけでない人間としての学びになるでしょう。

大人にとっても、
かわいい中高生と学ぶことは、
喜びに満ちた体験になると思います。

 

数学苦手な方でも大丈夫。
手を使って、体験重視で、美しい幾何学を楽しみます。

美しい幾何学を知りたい!
その意欲があれば大丈夫です。

 

 

 

内容

作図

プラトン立体

ピタゴラスの定理

円すい曲線

植物の幾何まんだら

コンコイドとフラワー&リーフフォーム

など

フォルメンあり、粘土あり、作図あり、色鉛筆着色あり・・・の、たくさん手を動かして、心で幾何学の美しさを感じるクラスです。

 

 

 

対象

中学校3年生〜大人

(注)中3は受験のない学生にかぎります

 

 

レッスン日程

第4木曜日 21:30〜23:30
(12月は第3木曜日、2月までの全6回レッスン)

出席できない場合は、録画ビデオを見て受講することができます。

 

 

場所

インターネットの繋がる場所でしたらどこでも。
ZOOMを使ったレッスンです。

 

ZOOMレッスン風景

 

 

受講期間

2019年9月〜
6ヶ月間 全6回

 

受講料

月8000円 x6回
(送金手数料5%を加算させていただきます)

 

 

 

講師

石川華代(いしかわかよ)
ドイツ法人e-waldorf GmbH CEO
日本で高校数学教師、学習塾経営をしたのち、カリフォルニアのルドルフシュタイナーカレッジにて人智学ファウンデーションコース、シュタイナー教員養成講座(クラス担任養成)修了。シュタイナー高校教員養成講座にてエルンスト・シューベルトに学ぶ。イギリス、エルムフィールドシュタイナー学校にて数学・幾何学エポック授業を教えたあと、e-waldorf 設立。現在はシュタイナー教育発祥の地ドイツより、シュタイナー教育を子どもたち、教師、保護者に届けるための活動を続けている。著書:「幾何アクティビティ」「フォルメン・レッスン1」「フォルメン・レッスン2」「さんすう教室小学1年生」「算数教室小学2年生」「ひらがな全集」(共著)「inspiration」(全8冊)

 

お申し込み

以下のフォームにご記入の上、送信してください。

 

 

 

シュタイナー算数・数学教室 IDEAL 体験レッスン開催します

シュタイナー算数・数学教室
e-waldorf IDEAL(イデアール)は、

美しくて楽しい
シュタイナー的なアクティビティを
たくさんもりこんだ算数教室です。

 

IDEALについての詳細・体験レッスンお申し込みはこちら

 

シュタイナーの手法で教えますが、
教えることは、
文科省カリキュラムに合わせています。

 

だから、

シュタイナー教育が好き!
そして、
学校の算数・数学の力もつけてもらいたい!

という人、

 

学校の算数が難しくてつまらなくて・・・
というお子さんや、
学校の算数は簡単すぎてつまらなくて・・・
というお子さんにも、

 

楽しめて学べるシュタイナー算数・数学IDEAL
8月末に体験レッスンをします。

 

興味のある方は、
この機会にぜひご参加くださいね。

 

 

8月体験レッスン

 

中1クラス

8月27日(火)19:40〜21:00
担当講師:石川華代

 

小6クラス

8月27日(火)18:00〜19:00
担当講師:藤川とも子
折り紙を使ってタングラムを自作してみよう。それを使って線対称な図形をいくつか作りだしてみよう。
持ち物:折り紙数枚、ハサミ、色鉛筆、A4コピー用紙

 

小5クラス

8月23日(金)18:00〜19:00
担当講師:藤川とも子

なじみのある正方形の折り紙を使って、色々形作りをして角度をもとめてみよう。
持ち物:折り紙数枚、定規(20cm以上)、筆記具、A4コピー用紙

 

小4クラス

8月27日(火)18:00〜19:00
担当講師:たむらのりこ

折り紙3角定規つくり。 並べてできる図形や角度について学びます。
持ち物:三角定規、定規、ハサミ、折り紙、コピー用紙、色鉛筆、お手玉

 

小2−3クラス

8月22日(木)18:00〜19:00
担当講師:ふくざわちなつ
九九の星のフォルメン
持ち物:クレヨン、スケッチブック、はさみ、厚めの色画用紙、毛糸(色画用紙と毛糸の色はコントラストの強いもの。例:黒と白など)

 

みなさんと一緒に学ぶのを楽しみにしています!

 

IDEALについての詳細・体験レッスンお申し込みはこちら