ドイツでは、実はペンシルロールじゃなくてコレが主流!

先日、クレヨンロールの作り方を掲載しました。
こちら

なんだか、クレヨンロールといえばシュタイナー学校の定番という気がします。

 

イギリスでもアメリカでも、
シュタイナー学校の子どもたちは、
母親の手作りのクレヨンロール使ってました。

 

私も、イギリス時代、我が子のためにたくさんつくりました。
(二人息子xクレヨンロール、色鉛筆ロール・・・そして私用も)

 

で・・・ですね。

 

ここは、シュタイナー学校の本場ドイツ!

 

 

 

実は、

クレヨンロールはまだしも・・・

 

 

色鉛筆を使うようになってからは、
ペンシルロールはほとんど使いません。

 

 

 

 

いかにもシュタイナーグッズ・・・と思い込んでいたのに。

 

 

何を使っているかというと、
こういう感じのペンシルケース。

 

シュタイナー学校に限らず、
公立学校の子どもたちも、
こういうペンシルケースを持っています。

(これは私のもの。72本収納ですが、子どもが持っているのはもっと小さめのもの。)

 

公立学校の子は、
ビニール製のキャラクターデザインとか。

 

シュタイナー学校の子は、
キャンバス地や、本革製。

キャラクターなんてもってのほか!・・です。(笑)

 

わたしも、手作りのクレヨンロールと色鉛筆ロールをずっと使っていたんですけどね・・・

 

ドイツに来るまえに、
イギリスの画材店で購入しました。

 

2段になって72本入るやつ。
2段=本のページをめくるみたいになってる。4ページ分。みたいな。

 

だって、
机の上に乗せておいて、場所取らないんだもの。
72色分の色鉛筆ロール広げたら大変なことになっちゃいますから。

 

 

でも。。。
ブロッククレヨンとスティッククレヨンを一緒に収納するには、
お手製クレヨンロールがベストです!

よかったら、こちらの作り方参考にして作ってみてくださいね。

オープンなシュタイナー学校がここにある!(感動!)

「シュタイナー学校」にもいろいろあります.

 

今まで、アメリカ、イギリス、ドイツと、7校のシュタイナー学校に密接に関わってきました。

 

「シュタイナー学校」って言った時、どんなイメージがわきますか?

教科書がない。
芸術的な授業をする。
創造的な活動がいっぱいある。
テストがない。

もちろん、それは、どこのシュタイナー学校にも共通しています。

 

でも、国によって教育制度が違うので、その国の教育制度に合わせるよう、シュタイナー学校も工夫をこらしています。つまり、そこで大きな違いがある。

同じ国のなかであっても、いろいろと違いがあります。

 

 

 

 

ドイツに来て最初に関わったシュタイナー学校は、いわゆる都市の中心にある「伝統校」でした。

伝統校にありがちなのは、

古い伝統を守る
改革を好まない

古い伝統を守るのはいいのです。

 

 

 

でも、すみません。
毒舌になりますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

高慢ちきなシュタイナー学校

 

でした。(あ、ごめんなさい。汗)

 

 

 

 

どことは言いませんが、他にも「高慢ちきなシュタイナー学校」はドイツの中に多数あります。

 

 

高慢ちき。

つまり、

お金持ちが多くて、
インテリが多くて、
アビトゥーアの成績は絶対的に重要。
閉鎖的。
ドイツ人が大多数。

 

それはそれで好きだったんですけどね。笑

街にいくつもシュタイナー学校があるので、それぞれ個性があり、
ニーズや好みで学校を選ぶことができるので、ありがたいことです。

比較的新しい学校(ドイツでは創立30〜40年くらい学校)では、新しいものを取り入れようという意欲があります。

 

 

 

例えば、

新しいカリキュラムを工夫して導入する。
改革の精神とそのエネルギーがある。
アビトゥーアだけでなく、職人向けのカリキュラムとか、障害児と一緒に教育するインテグレーションプログラムとか。
インテリ層でない人たちや、ドイツ人でない人たちにオープン。

 

 

 

今の学校(創立35年くらい)に変わってきて、ものすごく、ありがたいと思っていることがあります。

 

それは、

ドイツ人以外にもオープンな姿勢。

私自身も、アジア人、黄色人種。
見るからに、ドイツ人とは異色の存在ですしね。

 

 

 

 

 

学校には、白人だけでなく、

アジア系、

トルコ系移民、
エジプト移民、

 

 

シリア難民。

 

など・・・いるんですね。

一般的にドイツではちょっと下の階級に見られるような人たちです。

 

ドイツにいる移民といえばトルコ系が大多数。

 

 

 

でも、前の「高慢ちきなシュタイナー学校」には、トルコ系の子供はいなかった。

 

 

 

シリア難民のキャンプは街にいっぱいあるのに、

 

 

シリア難民は学校にいなかった。

アジア系もものすごく少なかった・・・。

 

 

 

 

 

 

今日、夫のところに12年生の生徒がきて、いろいろ話をしていったそうです。

 

 

彼は、アフガニスタンからドイツに来て3年目。

若干17歳の青年です。

アフガニスタンのカブールから3年前に来た。

 

 

 

日本からいえば、カブールなんて、とんでもなく治安が悪い。テロもある。・・・そんなイメージです。

でも、アフガニスタン人の中からすれば、カブールはアフガニスタンで一番安全な都市なんだそうです。安全だからたくさんの人が移り住んで、10年前にはたったの30万都市だったのに、今は600万都市になってる。

 

 

 

その大多数は、日本人からは想像できないほど貧乏です。

安全だっていったって、
日本の常識から考えたらとんでもなく危険。

テロが日常的にある。
爆発物で身近な人が死ぬ。
教育もまともに受けられない同世代の子供がたくさんいる。

 

 

そんな環境を経験してドイツに来ている彼。

 

 

若干17歳ですよ。

 

 

そして、そんな彼を、クラスメイトとして受け入れているドイツの青年たち。

彼らがどんな生きた学びをしているか。

 

 

 

私の息子たちのクラスにも、シリア難民がいます。エジプトからの難民もいます。

そんなクラスメートたちと毎日を共にできるっていうこと。
すごくないですか?

 

 

そしてね、

それが、「みんな違ってみんないい」(金子みすゞ)で表現されるような思想が根底にある教育現場で、人種や国境を越えた経験が実現されているということ。

 

 

私は、涙が出るほど嬉しい。
息子たちがその経験をできることは、心底ありがたいと、心の奥底から思うのです。

 

 

 

シュタイナー教育を現実にする!!
e-waldorf 
シュタイナー教育の実践的教材をドイツからお届けします

 

全ては繋がっている・・・シュタイナー学校での嬉しい驚き

 

 

 

カリフォルニアのシュタイナーカレッジに留学中。クラスメートにとても聡明な若いアメリカ女性がいました。思考の明確さ、創造力の豊かさ、感性が豊かであること・・・他のクラスメートとは群を抜いているというか。

 

彼女、大学では物理学と心理学を専攻したのだそうです。

 

それを最初聞いて、
「え、そんなことできるの? 物理学と心理学では分野が違うじゃない」
と言ったわたしに、彼女は首を傾げて言うのです。
「え、だって、すべては繋がっているじゃない」

 

彼女、わたしがなぜ不思議がるのが分からなかったんですね。

 

でも、わたしとしては日本の大学制度を考えて、物理と化学とかならまだしも、物理と心理を「専攻」っていうのが、システム上可能なのが不思議でした。

 

シュタイナー学校では、全ては繋がっているという価値観のもとに教育が行われています。

 

彼女は、シュタイナー学校卒。

まさしく、その存在そのものが、違っていた。

優秀っていうだけではなくて、ものごとを総合的に見る力があった。そして、彼女は自分の弱さも見せるのも恥ずかしがらなかったし、できないことがあることや、悩みがあることも、否定せずにまっすぐに生きている・・・そんな姿勢が衝撃的なほど素敵でした。当時、彼女は若干22歳。

 

 

わたしはその後、7校のシュタイナー学校に関わってきました。

 

高等部の先生などは専門性が求められるのですが、人材のこともあり、また先生の能力が多彩でもあることもあり、1人の先生が2〜3教科かけもちしていることもよくあります。

 

でも、大抵は似たような教科をかけもちするのです。

物理と化学、数学と物理、歴史と地理、歴史と心理学、フランス語とドイツ語・・・など。

 

 

で。

今の学校にきてびっくりしました。

A先生:数学と美術史 担当
B先生:数学と体育 担当
C先生:数学と音楽 担当

 

高等部の数学の先生3人の個性と才能の豊かさ!!!

美術と数学がつながっていることも、数学と音楽が繋がっていることも、数学と人間の体・健康・体育が繋がっていることも、当たり前なんです。

でも、それを高校生に教えられるレベルまで身につけている(体に染み込んでいる)先生って。

 

この先生たちの授業は、美しくて豊かなものに違いない!
わたし、本気で、この先生たちの授業を受けたい!・・・って思いました。
(あ、その前にドイツ語習得・・・ですね。はい。汗)

数の規則性、関数、数列・・・そしてこのスパイラルの形
全部つながるから、数学が見える。
面白くなる。

 

石川華代のZOOM個別算数・数学レッスン(カスタマイズ)
IDEAL イデアール 
シュタイナー教室×学習塾
(中1、中2数学クラススタート!)

シュタイナー学校の課題は変わっている?〜アーティスティックプレゼンテーション

 
シュタイナー学校の課題で度々出るもの。
学んだことを、アートで表現しなさい・・・という課題。
 
文学、数学、科学、歴史、地理など、どんな教科でも。
 
想像つきますか?
たとえば、数学を勉強して、そのあとに「アートで表現しなさい」って。 
 
アートもさまざまです。
絵や彫塑などの立体作品かもしれない。手仕事で刺繍や編み物などでもいい。音楽でもいい。(作曲とか演奏とか)詩を書く生徒もいます。スピーチや演劇だってアートになります。
 
 
そんなの数学と関係ない!・・・って思うかもしれないけれど、アートで数学を表現するためには、根本的なところ、しかも深くまで理解していることが必須なのです。
 
アートだったらなんでも良い。でもなんでもいいって言われることは簡単なようでいて一番難しい
 
なにをやろう?
なにをやれば学んだことをうまく表現できるんだろう?
どんなアートだったら自分にできるんだろう!?
なんだったら実現可能なんだろう?
(予算や時間なども考えないと!)
思いっきり悩みます。
わたしも、はじめてそういう課題をシュタイナーカレッジで出されて、おそろしく悩みまくりました。
 
 
そして何かを生みだすためには、学習内容の深い考察が必須です。
 
 
一般の教育では、数学の学習到達度を判断するにはペーパーテストをします。欧米では口述試験もあります。ペーパーテストで良い点をとるためには、「きまったやりかたで期待された通りに書く」ということができなければいけない。数学はわかっていても書くのが苦手な生徒は良い点をとれない。ものすごく良い考えを持っていて口では人を感動させるようなスピーチをできるような子でも、それを文章にすることが苦手だったら、試験ではいい点はとれません。口述試験では、話すのが苦手な子には不利です。

書けないから、話せないから、学習内容は達成できてない・・・って判断されるのっておかしくないですか?

 
 
 
 
アートでの表現はなんでもあり。アートはインスピレーションだから。しかも、自分の得意とするアートを選べば良い。
 
 
 
シュタイナー学校の先生には、生徒の作品と、生徒の日々の様子、エポックノートなどの作品の出来をみていれば、生徒の学習到達度は明らかです。
 
そして評価する目的だけではなくて、その制作過程そのものが学びなのです。
 
 
 
 
 
 
 
 

息子、まちこがれた8年生プロジェクト

シュタイナー学校では「プロジェクト」をいろいろやります。そのなかでも8年生と12年生のプロジェクトは、ほぼ1年かけてとりくむ大きなもの。

 

今まで、先輩たちによるプロジェクト発表を毎年見ていた息子たち。小学校3年生くらいからずっと、「8年生になったら◯◯をプロジェクトにする!」と、寝ても覚めても8年生プロジェクトのことを考えていました。

 

そして、いよいよ、我が家の長男。8年生に突入。

待ってました!! やっとできる8年生プロジェクト。

 

 

何をするか迷ったのですが、いくつかのアイデアの中から「風力発電」を選んだ長男。

エンジニアリング系に興味があり、7年生のときにはホバークラフトの模型を身近な材料を工夫して制作して、完成作品を教室の床で走らせたのでした。

 

ドイツ、風力発電がさかん

 

風力発電は、
「風力発電で発電した電気、買い取ってあげるよ。プロジェクトでお金も稼げちゃってラッキーね。」
と私がそそのかしました。(笑)

 

 

市販のキットを組み立てるのではなく、すべて自分でつくるのです。

まず最初の実験段階として、小さな模型を作りました。

風向きの方向へ、風車を向けるための装置の実験。羽のかたち、つけかた、まわすために摩擦を減らす工夫など、こんな小さなものでも工夫をしました。とりあえず、風の向きにあわせて方向をくるくる変え、よく回っています。笑

 

 

こういうプロジェクトは、無駄と思えるようなプロセスがたくさんあります。失敗を重ね、形を変えたり、素材を変えたり、設計を調節したりして、試行錯誤の連続です。

キットを買ってくれば、組み立てればできてしまう。

でも、試行錯誤のプロセスがあってこそ、学ぶことが大きい。

一般の学校教育などでは、どうしても、こういう「無駄に思える工程」を省きがちです。確実に完成できて、できあがるやり方を教師側が準備します。

そして、特に日本の社会では、子どもたちが試行錯誤してあれこれ考えたり工夫する時間の余裕さえないことが多いです。

残念だなあ。

こ のプロセスをすっとばしたら、人間は成長しません。

発明家になる必要なんてない。
でも、何かを生み出せる人間は、力強く生き抜いていける人間。

 

シュタイナー教育を現実にする!

e-waldorf イデアール

今を生きる中学生のためのオンライン教室
ドイツとご自宅をつないで数学を学びます。

9月開講〜第1期生募集中

次男クラス旅行へ旅立つ〜シュタイナー学校7年生

次男は7年生。
ヒルデスハイムのシュタイナー学校に編入早々、クラス旅行です。12泊13日の長丁場。

 

北海に浮かぶ諸島の1つ「ノルダーナイ」へ。

 

 

北海に浮かぶ島「ノルダーナイ」へ。

 

7年生のクラス旅行は、自然の中での労働がテーマになることが多いです。長男のときには、近郊の森へ行き1週間の森林研修をしました。その年によって違うのですが、その森で必要とされている作業を子供達が毎日します。1週間かけて1000本以上の植林をした年もあり、小川や用水路の掃除などをした年もありました。

今回の次男の旅行は、海に浮かぶ小島。ビーチがあり海で泳ぐこともでき(最高気温、せいぜい20℃ですので寒いですが 汗)、乗馬をしたり、綱渡り(?)のアクティビティもできる。そして滞在中はレンタル自転車で、島じゅうサイクリングしてまわるようです。

ユースホステル滞在ですが、寝るのはテントで寝袋。洗濯も自分でするので、洗濯洗剤と物干しのヒモと洗濯バサミも持参。

 

島での労働は、ビーチ近くの砂地に古代麦を植える作業だそう。風が強く、砂が飛んでしまうのを防ぎます。

 

 

 

まだまだ友達もいなくて、先生にも馴染みがない次男。クラス旅行で友達できるかな。クラスに馴染めるかな。親として、そんなことを思いつつ、元気に笑顔で帰ってきてくれるのを祈ります。

いや、それにしても家の中が静か。
13日間は兄弟げんかをきかなくていい。

ちょっと、さびしい。(笑)

 

 

 

家の中に動物の気配が・・・(シュタイナー学校手仕事の話)

うちの次男(シュタイナー小学校6年生)が、手仕事で作ったぬいぐるみを持ち帰ってきました。

 

手仕事の時間に作ったぬいぐるみ〜オオカミ

 

 

 

まず、クラスで国立自然博物館へ行きました。そこにたくさんある、動物たちの剥製のなかから一つ決めて、よく観察してスケッチをする。

学校に帰ってきてから、スケッチを見ながら、その形に合うように型紙を自分でデザインする。

厚手のキャンバスコットンを切って縫う。

これでもか、これでもか、というくらいに綿を入れる。(脚は芯も入っていないのにカチカチです)

そして、布用絵の具で色付けをして完成。

 

 

なかなかよくできています。ふわふわした抱っこしたくなるようなぬいぐるみではなく、硬くてリアルです。

 

与えられた型紙で作るだけではありません。見たものを布で再現していくのって、かなり大変。体、口の部分、頭のマチ部分、お腹にもマチがあり・・・。

 

相当よく観察しなければ作れません。

 

 

シュタイナー学校では、こうやって小学校で動物や人間のぬいぐるみをつくったりするのだけど、作り手の心がこもってオリジナルのものができてくると、できあがった作品が作り手に似てくるから不思議です。

シュタイナー教員養成課程でウォルドルフ人形を作った時も、出来上がってみたら、学生それぞれ、みんな自分に似た人形になっていました。そんなことは全く意識せずに作っているのですが。

 

いや、このオオカミ。なんか次男に似てますよ。手脚の細さとか雰囲気とか。

 

 

この子が我が家にきてから、「なんか、いる・・・」ってゾゾッと感じることがあるのです。「誰がこっち見てるの!?」って、その方向を振り向くと・・・・

 

 

この子がこっちを見てる。(汗)

 

心込めすぎて、魂がこもっちゃったみたいです。

 

シュタイナー学校のアート・クラフトをお家でする講座 e-waldorf アートクラフトプログラム http://course.e-waldorf.com

思春期始まりとオイリュトミーとロッドエクササイズ

昨晩、息子の学校で「7年生オイリュトミー発表会」でした。7年生2クラスのオイリュトミー発表。真っ白の服に身をつつんだ総勢60人近い生徒たちが、ステージのうえで堂々と発表をしてくれました。

7年生のオイリュトミーといえば、「ロッドエクササイズ」がテーマです。(ロッド=棒)

70cmくらいの長さの銅の棒を使って、いろいろなエクササイズをします。

ウォーターフォール(滝):両手で水平に持ったロッドを背後で落とし、それを、腰のあたりで受け止める。

7ステップエクササイズ:前、上、右、左・・・などロッドを動かす。

名前はわからないけれど、大きくSカーブを描いて動かすエクササイズや、ロッドを使った指のエクササイズなども。

ロッドエクササイズをすることで、思春期に入りかけた子どもたちのなかにまっすぐ生きる姿勢と秩序を育てるのです。

基本のエクササイズを組み合わせた、大人数でのパフォーマンス。一人一人ちがう動きが組み合わさって、全体としてはかなり複雑な動きになっていました。見ているわたしは、どうしても「幾何学」の目でみてしまうので、ステージ上空から鳥瞰図的に見ている感覚で見ていたのですが、なかなか複雑・・・。笑

欧米人って、どうしても全体やまわりを感じ取る力が弱く、アメリカでも、イギリスでも、そしてドイツでも、みんな動きがバラバラ・・・。(笑)日本人のグループがうまく揃うのは、本当に民族的な特徴だと思います。欧米人は、全体のなかに和を見出せないというか、自分の動きと全体の動きがひとつのものとして見えていないというか・・・。

ドイツ人の子どもたちのオイリュトミーも、そんな「バラバラ」さ加減が見受けられ、見ながらちょっと苦笑いをしつつ、7年生ってこんなことまでできるのか・・・という難しい動きに感心。新しいことやちょっと難しいことに挑戦すること大好きなドイツ人の傾向なのだろうな・・・と、今までいたイギリスとの違いを考えながら、また、新たな文化、民族の特徴を目の当たりにした気分です。

わたし個人的には、言葉もわからないままドイツにやってきて、大きなやんちゃなクラスにとびこんだ長男(うちの子は大人しいタイプ)が、クラスの一部になっているのが見えたことが母としてとても嬉しかったです。いつもクラスで一番小さく、学習障害もあって何をするにもゆっくりで、発表などがあっても、いつもクラスのみんなから数テンポ遅れていた長男。ドイツにきて言葉がわからない環境で、イギリスにいたときより遅れてもいいような状況なのに、しっかりとみんなと呼吸があっていた。

この一年、ほんとに大変だったよね。こんなに成長して。・・・と、わたし、ひそかにボロボロ涙を流していました。

シュタイナー教育を家庭でする教材 e-waldorf の教材ー書籍、オンライン講座、レッスン