近況報告ーイギリス法人設立とイギリスのシュタイナー学校のこと

こんにちは。
石川華代です。

 

少し、ブログ更新が間があいてしまいました。

2−3週間おやすみしていた気分だったのですが・・・
1ヶ月以上だったのですね・・・・・汗

 

ひとつご報告です。

 

5月1日づけで、
イギリス法人 e-waldorf international Ltd を設立し、
CEOとして就任いたしました。

イギリスでの活動の基盤になります。
今後、ドイツ法人 e-waldorf GmbH の仕事もイギリス法人のほうに移行していきます。

日本語と英語で、
もっと開かれた活動をしていきたいというヴィジョンをもっての新会社です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

私は、7月にイギリス移住するのですが、
実は・・・

イギリスのシュタイナー学校は、今苦境に立たされています。

 

イギリスの教育監査機関オフステッドによる、
「シュタイナー学校いじめ」があり、

すでに、6校が、
閉校またはシュタイナー教育ができない状況に追い込まれています。

 

そんな状況のイギリスに、
なぜ今もどるのか?

・・・と、不思議に思う方もいるのではないでしょうか。

 

 

移住後、私たちは、ロンドンで、
シュタイナー学校に関わります。

 

 

その学校は、
シュタイナー教育独自の認定システムを採用し、
イギリスの教育システムや試験制度から制約を受けることなく、
全く自由に、
シュタイナー教育を追求しています。

 

イギリスのシュタイナー学校のなかで、唯一、
オフステッドと縁を切ることに成功したので、

シュタイナー学校いじめで、
危機に陥ることを懸念する必要もありません。

 

イギリスのシュタイナー学校は、

危機に立たされたから、
改革を余儀なくされ、
新たな一歩を踏み出そうとしています。

 

 

 

シュタイナー教育発祥の地ドイツで、
より自由なシュタイナー教育を期待していましたが、

 

伝統があるということは、
伝統や習慣にしばられていることだというのも実感しました。

 

友人である人智学者が言っていました。

 

アントロポゾフィー(人智学、シュタイナーの思想)は、
ドイツ・スイスから始まり広がった。

今、未来に向かって変革していくとき。

その変革が起きるのは、
ドイツではなくて、
周辺部からはじまる。

それが熟した頃に、ドイツのアントロポゾフィーも新たなステージに立つ。

・・・と。

 

 

 

 

シュタイナー学校の状況をみながら、

その言葉を、
今、身をもって実感しているところです。

 

 

これから、
イギリスで新しいシュタイナー学校の形を体験するのを、
とても楽しみにしています。