大人のフォルメンと子どものフォルメン

恒例になりそうな気配の「大人のフォルメンレッスン」

ZOOMはじめて。フォルメンはじめて。・・・という人も多数参加。

 

フォルメンといっても、いろいろな形があります。

 

ランニングフォーム

 

変容のフォルメン

 

編み込み模様のフォルメン

 

 

 

 

他にも・・・

幾何学のフォルメン
レムニスケート
対称のフォルメン
スパイラル
曼荼羅のフォルメン
つつみこむフォルメン
文化をテーマにしたフォルメン

・・・・などなど。
詳しくは拙書「フォルメンレッスン1」「フォルメンレッスン2」をご覧くださいね。

 

シュタイナー学校で子どもたちの授業でやるフォルメンで、次のような効果を得ることができます。

 

フォルメンの教育効果

形を認識する力を育てる
文字を書く基礎をつくる
バランス感覚を育てる
集中力がつく
距離の感覚を磨く
考える力を育てる
美的センスを育てる
芸術の表現力を学ぶ
色の質を体験する
図形のクオリティを体験する
図形の基礎を学ぶ
規則性や秩序を体験を通して学ぶ
数字と関連させて算数の学びにする
文化的なモチーフで、特定の文化、歴史の体験をする

 

 

ただ図を書いているように見えて、実はいろいろな効果があります。

 

 

大人のフォルメン

 

教育効果としては、上にあげたようなものがありますが、教育を狙わなくても次のような効果があります。

 

リラックスできる
リズムを体験し瞑想効果がある
形を描くことでエネルギーに満たされる

 

今回、大人のフォルメン講座では、6名の受講者さんたちとZOOMで曼荼羅の形を描きました。

 

大人の方に焦点をあてて講座をするとき、まず気持ち良く描いてもらって、描くことで力をうけとってもらうということ。うけとるだけではなくて、本来人間がもっているエネルギーをチャージして力を高めるような体験になるようなフォルム(形)を選びます。

忙しい大人のひとたちに、フォルメンを書くことでリラックスして、癒されて、内側からエネルギーが湧いてくるような体験をしてほしい!!!・・・という願いをこめて、フォルムを決めるのです。

 

こんな感想が出ました〜

-すいこまれるように描いた
-気持ち良くてだんだん自動で手がうごいているような感覚になった
-2や4などとちがった、不思議で神秘的な感覚(7という数のフォルメンをしました)
-赤い色をえらんだら、血流のような流れを感じた
-本を読むだけではわからなかったフォルメンを実際に体験して納得
-またやりたい

 

大人のフォルメンファンが少しずつ増えています。(笑)

またやりますよ。近々日程をきめて「大人のフォルメン講座」開催告知しますので、どうぞお楽しみに。

 

 

糸かけいろいろ

「糸かけ」いろいろ種類がありますね。

円形のものは「糸かけ曼荼羅」、「素数糸かけ」などいろいろな呼び方があるようです。

 

 

糸かけにもいろいろあるので、まとめてご紹介。

 

 

九九の糸かけ

九九を体験するために、釘を10本円形にうちます。1本おきにかけると九九の2の段、2本おき(3本目ごと)にかけると3の段・・・が体験できます。同じように九九すべてが糸をかけながら体験できます。

高学年のようにコンパスで作図することはしません。お皿など円形のもので円を描き、それを目分量で10等分します。釘をうつところからして学びです。

 

 

 

円形の糸かけ

 

円形なので「曼荼羅」と呼ばれます。

釘の本数は何本でもいいです。素数の数を数えながら糸をかけていくと、ぐるぐるすべての釘をまわる星を描いてスタート地点に戻ってきます。その素数の神秘性が人気で「素数糸かけ」とも言われます。

素数ではない数でも糸をかけて星を描き出すこともできます。どんな数でも星を描いてスタート地点に戻ってきますが、素数でない時には、ちょっと違った特色が現れます。

学校でこの糸かけをする場合には、コンパスと定規を使って正確に作図して、円の等分点に釘をうつ作業もします。というのは、幾何学の作図をすることそのものが学びだからです。

 

コンパスと定規を使って作図をします。(中のカラーの線が糸をかけるところになります)

 

 

作図をしてできる等分点は、「素数」にはなりません。24本や48本という数になります。24本の釘のなかで11や13など素数を選べば素数の特徴を体験できるし、4や6などの約数のときには素数と違った特徴を体験することができます。

 

 

その他の糸かけ

 

デザインを変えていろいろな糸かけをすることができます。色によって印象が変わるのはもちろんですが、釘の本数、糸をかける順番でも違った作品ができあがります。

デザインをいろいろ考えて下書きをします。
よかったら真似してデザインして、作ってみてくださいね。

ZOOMで糸かけ

ZOOM幾何学レッスン受講者さんからリクエストがあったので、ZOOMで糸かけをしました。

タイ在住のKちゃんとお母さんのNさん、二人で取り組んでくれました。

 

おふたりの制作のようす。

 

糸かけ曼荼羅。
娘と二人で取り組みました。
手頃な板が見つからず。家にあった木皿を使いました。
弧から直角二等分線を2本描きだし、中心点を求めました。
それからひたすらコンパスで二等分線をだして、円周を等分して、娘は、24本、私は、48本の釘を打ちました。
レース糸を倍数で掛けていきます。
娘 12-11-10-9-8-7-6-5-4-3-2-1
私 24-22-20-17-15-11-7-5
やったー!出来た!嬉しい‼︎

e-waldorf 新プロジェクト〜日本の中学生へ新たな教育の形

みなさんの愛するこどもたち・・・
しっかり考えて学んで欲しいと思いますか。
楽しんで学んで欲しいと思いますか。
試験が終わったら忘れてしまうような学びではなく、一生役立つ生きる力になるような学びをしてほしいと思いますか。

シュタイナー教育って素敵だと思う!
シュタイナー教育をうけさせたい!

シュタイナー教育的な、
クリエイティブな学びは、
すっごく魅力だし、憧れるし、
できればそんな学びをやらせてあげたい

でも・・・

正直いって、
学校の勉強があり、
定期試験や入学試験もあり、
学校の成績だって気になる。

ゆったりアクティビティやってる間に、
学校の勉強が遅れちゃったらこまる。

学校の勉強に遅れて余計勉強嫌いになっちゃったら
シュタイナー教育どころじゃないし。

そんな社会のなかで、
子ども達もお母さんも悩みが多い日本の教育状況。

でも、それが子どもたちが今いきている社会の現実です。

「シュタイナー教育がもっと身近になったらいいのに」
って夢見ている間に、
子供達は日々成長していきます。


だから、今、子どもたちに必要なことをする。
そのための行動を起こす。

何年も「〜〜があったらいいな」と、あたためてきた思いがあります。日本の中学生には、これが必要なのだと、ずっと思ってきたことがあります。

今ならできる。機が熟してきたのを感じています。

だから、やります。

今を生きる中学生と、
我が子のことを誰よりも愛する悩める保護者のかたに。

近日中に、公開します。


=========================
シュタイナー教育を
今の世の中に合う形で実現する
e-waldorf
https://e-waldorf.net/
=========================

次男クラス旅行へ旅立つ〜シュタイナー学校7年生

次男は7年生。
ヒルデスハイムのシュタイナー学校に編入早々、クラス旅行です。12泊13日の長丁場。

 

北海に浮かぶ諸島の1つ「ノルダーナイ」へ。

 

 

北海に浮かぶ島「ノルダーナイ」へ。

 

7年生のクラス旅行は、自然の中での労働がテーマになることが多いです。長男のときには、近郊の森へ行き1週間の森林研修をしました。その年によって違うのですが、その森で必要とされている作業を子供達が毎日します。1週間かけて1000本以上の植林をした年もあり、小川や用水路の掃除などをした年もありました。

今回の次男の旅行は、海に浮かぶ小島。ビーチがあり海で泳ぐこともでき(最高気温、せいぜい20℃ですので寒いですが 汗)、乗馬をしたり、綱渡り(?)のアクティビティもできる。そして滞在中はレンタル自転車で、島じゅうサイクリングしてまわるようです。

ユースホステル滞在ですが、寝るのはテントで寝袋。洗濯も自分でするので、洗濯洗剤と物干しのヒモと洗濯バサミも持参。

 

島での労働は、ビーチ近くの砂地に古代麦を植える作業だそう。風が強く、砂が飛んでしまうのを防ぎます。

 

 

 

まだまだ友達もいなくて、先生にも馴染みがない次男。クラス旅行で友達できるかな。クラスに馴染めるかな。親として、そんなことを思いつつ、元気に笑顔で帰ってきてくれるのを祈ります。

いや、それにしても家の中が静か。
13日間は兄弟げんかをきかなくていい。

ちょっと、さびしい。(笑)

 

 

 

ドイツ、シュタイナー学校の校舎もいろいろ(写真多数)

ドイツのシュタイナー学校の校舎って、立派なシュタイナー建築!・・・というイメージがあります。イギリスは、古い大豪邸をリモデルした校舎が多かったですが、ドイツはさすがに立派なシュタイナー建築の校舎が多いですね。

 

ちなみに、今学期からお世話になっているヒルデスハイムの学校の校舎はあまり立派ではありません。

工芸校舎、幼稚園校舎、アフタースクールの校舎はシュタイナー建築で建てられました。

アフタースクールケアの校舎
シュタイナー建築のクラフト校舎

 

シュタイナー建築の幼稚園。エクステリアは普通のコテージ風ですが、屋内はまさしくシュタイナー建築の幼稚園です。

 

校舎を拡張しようとしたとき、たまたま隣接していた公立学校が移転。その学校の土地と校舎を買い取り、学校のメイン校舎として使っています。

だから、普通の、しかも、ひと昔前の味気ない校舎です。(昨今のドイツでは、小中学校も校舎が立派なんですけどね。)

よくありがちな直方体の建物から、少しでも直角をなくし、居心地の良い教育空間を作り出す工夫はしてあります。

 

公立中学校舎をリモデルした校舎

でも・・・、裏から見ると、いかにも古い中学校校舎!・・・みたいな感じです。

 

裏から見ると昔ながらの中学校校舎

 

でも、この学校は、こうやって公立学校を買い取ったので、借金がないのだそうです。

ドイツと言えども、他の学校は、立派な校舎をたてるためにはどうしても借金せざるを得ず・・・。借金苦で運営が大変な学校も多いとか。

校舎も人材も教材教具も・・・いろんな意味でお金がかかる学校運営。立派な校舎は素敵ですが、何が大事かを見極めてうまくバランスをとること。何が大事かは、学校によって違うと思います。それぞれの学校が、理想の学校を創るために工夫しています。完璧な学校などどこにもない。だからこそ、愛すべき学校だとも言えるのではないでしょうか。

 

リズミックエクササイズ講座〜楽しくリズムに合わせて1日5分のエクササイズで算数のセンスを磨く!

ネットトラブル→創作活動

 

お知らせ

インターネットトラブルで、お問い合わせのお返事、発送等の処理に遅れがでています。ご迷惑をおかして申し訳ありません。ネット接続可能のときに、メール連絡やネットを使う業務を行い、影響を最小限におさえるよう努力しておりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 


 

 

引越しをしてから、ネットトラブル続きです。本来なら引越しの翌日(7月4日)につくはずだったインターネット。ネットプロバイダーの手落ちと、その対処の悪さでいまだにネットがつかず。

 

8月9日に、やっと、やっと、正式にネットがつくはずだった・・・・のに。

 

つかない。vodafoneの技術トラブルらしい。

 

完全にvodafone の手落ちなのですが・・・独占市場なので、他のプロバイダーにいくわけにもいかず。

 

 

ということで、だましだまし、モバイル端末を使ってしのいでいます。

 

 

ネットが使えない間の時間を利用して、創作活動に励みました。

 

 

 

ヴェイルペインティング

 

人智学系独特の水彩画法「ヴェイルペインティング」です。日本語では層技法と呼ばれています。シュタイナー学校や人智学系芸術療法で取り入れられています。

薄くといた透明水彩絵の具を、塗っては乾かし、塗っては乾かし・・・・と何十にも層をかさねていくことで、重なった部分に奥行きと色の深さが現れます。

乾かす時間、必然的に「待ち時間」が生まれます。その待ち時間を心静かに過ごすことも、現代人には大事なセラピーにもなります。

せっかちな私は、その「待ちセラピー」(笑)部分を減らすため、2枚の絵を同時進行。しかも、塗ってからヘアドライヤーで乾かして時間を短縮。

 

使った色は、赤、青、黄の3色だけ。

 

あえて、全く違った絵にしてみました。

 

重ねた層が、すべて実在し、消すことはできません。間違えたりもするけれど、間違いを修正することはできません。その代わり、失敗を生かすように他の層を重ねていくのです。

層技法そのものが、人生のよう。自分がどういう対応をするか、絵にも、書くプロセスにも、現れてきます。

 

 

 

ヴェイルペインティングに必要なもの

ヴェイルペインティングをしたいひとは、次のものを用意してくださいね。

 

水彩画用紙

中目の厚いもの。(私は300gsmを愛用)A4くらいまでの大きさなら、ブロック(20枚くらいまとめて縁が糊付けしてあるもの)がお手軽です。

太い平筆
中くらいの平筆または丸筆
場合によっては小筆

(毛がやわらかいものを選びます)

 

絵の具

透明水彩絵の具 シュトックマーの基本3色(おすすめ)
他のメーカーでも透明水彩絵の具であれば大丈夫です。

ちいさなジャム瓶3個(絵の具を溶く容器)
大きなジャム瓶1個(筆洗い用)

ボロ布

 

ヴェイルペインティングをやってみたい!!! という人、ZOOMをつかって一緒に描きましょう。コツコツみんなでヴェイルを書くグループ講座でヴェイル体験してみませんか?
まずは、希望者を募ります。やってみたいひとは、できそうな曜日と時間をお知らせください。(名乗りをあげても、受講義務はありませんので、お気軽にメッセージ送ってくださいね。)

シュタイナー学校のガーデン

 

新学期からお世話になるシュタイナー学校。ガーデンが素晴らしい。

いままでみたシュタイナー学校のなかで、一番素晴らしいガーデンです。(もちろんバイオダイナミック)

ざっと見ただけで・・・

野菜:ズッキーニ、かぼちゃ、トマト、レタス、ネギ、セロリ、コールラビ、キャベツ、カリフラワー、ラナービーンズ、とうもろこし、にんじん、ルバーブ、ハーブ(もっとあったけど思い出せない)
果物:りんご、洋梨、プラム

花も咲き、羊もいて、養蜂も。

ここでは、生徒たちがガーデニングの授業を受けます。ここで生産されたものは、学校のカフェで供給されるだけでなく、地域の人たちに販売もされます。

子どもの教育活動が、教育だけで終わるのではなく、実際に社会に貢献するものとなることって、子どもにとってもすごく大事なこと。

写真をざっとアップしましたのでお楽しみください。

 

 

ガーデニング教室

養蜂小屋

ガーデンのようす

大人のフォルメン講座

7月27日、大人のフォルメン講座をしました。大人の方のために特別に考えたフォルムと、そのレッスンは、ゲーテの自然観察のエッセンスを取り入れて行いました。

 

フォルムを描くだけでなく、描きながら自然の形がもつエネルギーを理解しつつ、そのエネルギーをわたしたちが吸収できるように。

フォルメン初体験だったひとも、フォルメンを好きなひとも、みんなと一緒に描くというのは特別な体験ですね。私も普段は一人コツコツ描いているか、子どもに指導しているのですが、大人の方々と一緒に描くと、皆さんの個性と精神の豊かさをグループで共有してみんなでパワーアップしているような感覚になりました。

ご参加くださった皆さんありがとうございます。

「また開催してください!」というリクエストを、参加者の方からも、今回は参加できなかった方からもいただいています。ですので、開催決定。

満席になり、申し込みを終了しました。ありがとうございます。

 

日程

8月22日(火)

日本時間 15:00〜16:30
フォルメンを描いた後、交流会。世界各国のシュタイナー教育つながりの仲間とおしゃべりしましょう。

 

参加費

3000円 のところ 2000円

 

用意するもの

紙(A3くらいの大きさのもの)

色鉛筆(LYRAのような太くて柔らかいものがオススメです)

 

参加者対象

大人の方
シュタイナー教育に興味があってもなくても参加可能

フォルメン初心者の方も歓迎

インターネット環境があり、ZOOMに接続できる方

 

定員

5名さままで(2名様以上で開講します)

 

お申し込み

下のフォームからお申し込みください。
お申し込みの後、PayPalにて参加費をお支払いただきます。
詳細はメールにておしらせします。

満席になり、申し込みを終了しました。ありがとうございます。

 

次回開催ご希望、ご要望などありましたら、以下のフォームでご連絡ください。

大人のフォルメン講座〜ただ形を描くだけじゃない

大人のフォルメン講座〜楽しかった!

日本、フランス、ドイツ在住者がZOOMに集まり、大人のフォルメン講座でした。

子どものフォルメンとちがい、大人の方にメリットがあるように考えてレッスンしました。ゲーテの自然観察のエッセンスを取り入れて、フォルムの力を感じて描く。

 


フォルメンをするにも、いろいろな目的があると思うのです。

子どもの場合だったら、その時に必要な成長を促す体験をもりこんだフォルメンをします。大人の場合は、成長や学びはもちろんですが、ストレス解消、バランスを取り戻す、エネルギーをもらう、楽しむ、心が歓ぶ時間をもつ。・・・など、大人ならではのフォルメン効果があります。

シュタイナー教育どうこうっていうことは考えず、自分のためにいい時間を過ごすために、フォルメンをやってもらいたいなあ・・・と思うのです。

昨日の参加者はみなさん「お母さん」でした。私も母親ですが、母親って24時間営業。自分のための時間をとるのが本当に難しい。でも、自分を大事にして、自分のための時間をちゃんととることで、子どもをもっと大事にできます。お母さんがた、ついつい「子ども優先」になっちゃう人が多いのですけど、「自分が楽しみたいから!」という自分優先の時間を、取ってほしいなあ・・・と思います。

子どものため!・・・と思うなら、まずご自身の歓びを大事にしてください。
子どもに成長してほしい!・・・と思うなら、ご自身の成長する機会を大切にしてください。
親が成長したら、子どもも成長しますから。

 

「こういう時間がもっととれたらいいな」

「衝撃的でした」

「波の形を描いているのが楽しくて!」

 

そんな感想の言葉が飛び出した昨日の講座。
「もっとグループレッスンやってください!」という嬉しいリクエストも頂いたので、また企画します。


参加したかったのに今回はスケジュールがどうしてもあわなくて!・・・と個別メッセージもいただきました。 

次回のフォルメン講座・・・

平日昼間にやってほしい!
週末の午後がいい!
金曜日がいい!

・・・など、ご希望のある方はお気軽に下のフォームからご意見ご希望をお聞かせくださいませ。

スケジュール調整のときに検討しますーーー。


シュタイナー教育の一番の特徴は・・・

 

 

アメリカのシュタイナー教育者
ユージーン・シュワルツは、

 

シュタイナー教育の一番の特徴は

「つながり」だ!!!

 

と言いました。

 

教科が繋がっていること。

世界と繋がっていること。

教科の中のものごとも繋がっていること。

 

 

もちろん、他の特徴もたくさんあるのですが。

 

 

よくあるメインストリーム教育、

日本の教科教育では、

 

たとえば、

 

歴史を教えるのに、

いつ、何が起きたかは教えるけれど、

 

その出来事に関わっている人物がどんな人生を歩んだかなどは学ばないし、

できごとの背景にどんな人間模様があったかなんてことは、

 

 

切り捨てます。

 

 

テストに出ないですからね。

 

 

でも、何事も、

そこには人間がいて、

人間の心が動いていて、

人間同士のつながりがあって、

それらが起きている時代背景、

社会の状況、文化習慣などが、

ぜんぶ絡み合ってものごとが起きている。

 

 

もちろん、

それを全て学ぶことはできませんが、

 

情報をブツブツに切って、

「覚えていなくてはいけない情報」を、

生徒に伝えるだけでは、

「死んだ情報」が伝わるだけ。

 

 

そして、

そういう情報からは、

人の心は動きません。

 

どうして人間が醜い争いをすることになったのか、

そこに人間の有様なしで、

情報だけを見たところで、

 

本質はつかめない。

 

心も動かないし、

考える気にもならない。

 

 

 

 

なにが、どういけなかったのかかもわからないし、

 

 

 

どうしたら、

同じ過ちを繰り返さなくていいのかもわからない。

 

 

シュタイナー学校のエポックノート
こちらから画像引用させていただきました。

 

当たり前のことですが、

世界にある、

ありとあらゆるもの、ことは、

つながりあっています。

 

歴史と文化、芸術も繋がっているし、

数学ともつながる。

国語とも外国語とも、ぜんぶつながる。

 

 

それを、

切り刻むことは、

 

 

 

 

脳みそのシナプスをぶちぶち切るのと同じ。

 

 

つながりは多ければ多いほどいい。

そのつながりが、

強ければもっといい。

 

 

テストに出ない、余分で、無駄だと、

思う人もいるかもしれないような、

 

史実の背景にあること、

数学の裏話、

芸術家の人生、

 

・・・それらを学ぶことは、

確実に、つながりの数を増やし、

つながりを強くすることです。

 

 

無駄と思えるかもしれないけれど、

実は、

 

年号とできごとだけを知っている場合より、

年号とできごとを覚えやすくなるし、

他のたくさんのことも頭に入る。

 

そして、何よりも、

ものごとが生き生きと見えてくるということは、

 

 

 

 

「より深く考える」ようになる・・・ということ!

 

 

 

 

これって、

情報を暗記しているより、ずっと大切なことだと思いませんか?

 

 

 

========================

シュタイナー教育を家でできる教材

e-waldorfから発行しています

https://books.e-waldorf.com

========================