本場ドイツから!
本物のシュタイナー教育を学ぶ!
無料メールマガジンはこちら↓

  シュタイナー学校の授業がそのままできる本と教材

 シュタイナー教育ができる! 具体的な実践教材

・シュタイナー学校の先生方
・シュタイナー教員養成を教える先生方
・公立・私立メインストリーム学校の先生方
・塾や学童の先生方
・保護者の方
・シュタイナー教育大好きな方

など、たくさんの方が教材をご活用くださっています!

   

  子どものシュタイナー教育 算数・数学レッスン

IDEAL イデアール(算数・数学グループレッスン)

シュタイナー教育のアクティビティと、学習塾の演習を組み合わせたレッスンです。学ぶことが楽しい算数・数学レッスン。思考力を育て、総合的に力を伸ばします。

少人数グループレッスン。ZOOMを使って自宅が教室になるので、送り迎えもいりません。

2018年1月から「中学準備講座」(小6対象)開講
2018年4月から「新小6クラス」開講

シュタイナー学校に行ってなくても、シュタイナー教育のレッスンが、こんなに簡単に受けられるなんて!!!(MYさま フランス在住)

レッスンでやった算数アクティビティで家族で盛り上がりました。e-waldorfを知らなかったらこんな喜び、楽しみがあるなんて知らなかったし、家族で算数で盛り上がるなんて無理でした。(小杉麻希さま 愛知県在住)

イデアールの時間を親子で心待ちにしています。息子があんなに集中して自主的に取り組めるとは、正直なところ驚きでした。授業が終わっても課題が終わるまで取り組み続けています。本当に楽しいんですね。(真紀子さま 長野県在住)

  

その他の講座

 

ZOOM算数・数学 プライベートレッスン

世界のどこからでも直接レッスンを受けられます。個別レッスン。

リズミックエクササイズ講座

1日5分の簡単エクササイズで算数のセンスを磨きあげる!

小学校1〜3年生の内容

メールとビデオのオンライン講座
受講期間:6ヶ月

楽しい算数アクティビティ講座

フォルメンや算数のアクティビティを月に2レッスン、ビデオでお届けするオンライン講座。
受講期間:1年間

岡田有子先生監修
オンライン講座
シュタイナーの12感覚論

具体的なエクササイズを通して、ルドルフ・シュタイナーの「12感覚論」を理解する講座。人智学系心理学者ロバート・サーデッロやアレクサンダーテクニークからの視点も織り交ぜながら、岡田有子先生が12感覚論理解をさらに深める講座に創りあげました。

 

オンライン講座
アートクラフトプログラム

幼稚園〜小学生の内容
親子で楽しむアートクラフト
シュタイナー教育で取り入られている、フォルメンやぬらし絵、手仕事などを、わかりやすく具体的に解説しながらすすめていく講座です。

ストーリーブックサークル(英語絵本で児童英語)

英語絵本を最大限に活用し、クリエティブに英語を学ぶ。英語をお子さんと楽しみたい方、英語の先生に好評なオンライン講座です。

 

 教育コンサル(教育相談)

教育についてお悩み相談をお受けしています。子育てのこと、算数・数学教育のこと、留学など海外関連のこと。お気軽にご相談ください。

 

読者・受講者様の声

 

レッスンのたびにワクワク。 子どもが自分から勉強し始めた!

算数アクティビティが楽しくてワクワク。親の私がやりたい。レッスンの後、子どもがそのまま自ら勉強をしていて、こんなことは今までになかったのでびっくりしました。

 

(北海道 Yさん)

本当に贅沢な時間

マンツーマン、本当に贅沢な時間でした!他の生徒さんがいらしていると又違った雰囲気なのでしょうか。やはり、母子対象という部分、私にとっては大変大きな意義を感じました。最近少し反抗的にもなってきた娘ですので、共通の話題ができて何よりです。

黒板で描かれている様もオンライン上ではありますが十分に親近感が持てました!

娘にとって分数は「計算は楽しいから好き」というものの、

具体的なイメージがあまり浮かばないようで文章問題は苦手でした。

今回、体験を通してイメージすることの大切さに気がついたようです。

(愛知 YSさま)

まさに、私が欲していたもの

本を開いて、感激しました。

まさに、私が欲していたものです!

嬉しさのあまりドキドキしながらページをめくり、また感激し・・・でした。

いえ、大袈裟ではなく。本当に。

これで講座に出かけなくても自分で出来るかもしれないという希望が、さっと見ただけでもページから伝わってきました。

(沖縄県 RUさん)

落ち着きのない生徒が夢中になった!

毎回のアクティビティの楽しさに教師の私がワクワクしています。教えていただいたことを授業で使ったら、いつも落ち着きのない生徒が夢中になって取り組んでいました。私ももっともっと学びたいです。

(埼玉県 Tさん)

あれほど苦手感があった幾何がとてもとてもおもしろい

わたし自身、中学・高校以来はじめて幾何に取り組んでいます。
あれほど苦手感があった幾何がとてもとてもおもしろいこと、そして新しい世界を開いてくれることに、感動しながら毎日取り組んでいます。
(大阪 ことばの家 諏訪耕志さん)

シュタイナー教育の算数の世界にふれ、その楽しさ、美しさに感動

シュタイナー教育の算数の世界にふれ、その楽しさ、美しさに感動しています。毎回のレッスンが、学びの時間であるだけでなく、アクティビティをすることに癒されています。

(山口県 Yさん)

カラダの中に染み込んで行き渡る感じ

やっぱり実際に自分でやってみる、体験できる!って、すごく良いです!全然体験の質が違う。なんというか、カラダの中に染み込んで行き渡る感じです。

(大阪 YYさん)

娘の顔がパッと輝きました

できなかったエクササイズができるようになって、娘の顔がパッと輝きました!

すぐにできるように、お手玉をキッチンに置いて、毎日やっています。

子どもたちにはぜひ、石川さんの教材で大切にされているような算数の世界を味わって欲しい

私たち親子に素晴らしい時間をありがとうございます

子どもたちにはぜひ、石川さんの教材で大切にされているような算数の世界を味わって欲しいです。前回の分数コラージュも、公立校の息子は少し戸惑っていましたが、親子で楽しみました。

息子の宿題などを見ていてもドリル的な学習ばかり、本人も高得点を取ればOKと思うようになってきており、母親としては危機感を覚えています。

ドリルじゃない、点数じゃない学びの世界に親しんでくれるようにと願うばかりです。私たち親子に素晴らしい時間をありがとうございます(^^)

(NUさま 小学校5年生の息子さんと「楽しい算数アクティビティ」講座受講中)

本当によく考えられているなと関心

リズミックエクササイズ講座、少しずつ発展していくエクササイズ、バラエティに飛んだエクササイズ。本当によく考えられているなと関心しています。

(神奈川県 T さん、教員)

川崎フォルメン講座

川崎フォルメン講座

東京理科大数学科
シュタイナー学校数学教育についての講義

名古屋
幾何・フォルメン講座

早稲田大学井上ゼミでの講義

渋谷
花の幾何曼荼羅ワークショップ

佐久市立岸野小学校でのフォルメン授業

 

 


 

 

 



e-waldorf の教材を使うベネフィット

子どもが生き生きと学びます。

体と心と頭を効果的に育てることで、 能力を相乗効果で高めます。

国語や算数を実生活に役立てていく「使える力」が身につきます。

算数も国語も「美しい」「楽しい」と思えるようになります。

バランス感覚や視覚、聴覚、触覚などの感覚も育てるので、これからの生きていく力を育みます。

保護者の方や先生は、シュタイナー教育について学ぶことができます。

シュタイナー教育についてまなび、大人が成長することができます。

 

 
 

 

思い

私は、子供達が大好きです。

生意気で屁理屈こねている中学生や高校生が大好きです。

子供達の笑顔が大好きです。

思春期の子供達は、馬鹿なことを沢山します。
大人から見れば馬鹿だと思える事をやっている子供達の姿が大好きです。

心の傷や悲しい体験を乗り越えようともがいているその強さが、尊くて美しくて大好きです。

何かをやり遂げたときの誇りに満ちた光り輝く顔が、大好きです。

格好つけようとクールな振りをしているその姿が好きです。

世界のあり方に、本気で怒ったり憤ったりする、その熱さが好きです。



高校生たちが、こんなあり方をしていて欲しい・・・・。

でも、私が日本で高校教員をしていたときに、私が接した生徒たちの姿は、随分違っていました。なんと言うのでしょう。生気がないというか、疲れていて、笑顔が少なくて、意思の力を失ってしまったかのような高校生たち・・・。

どうしてこんな高校生が育ってしまったんだろう?
どんな教育をすれば、生き生きとした子供達が育つのだろう!?

その思いで、より良い教育を探し求める過程で出会ったのがシュタイナー教育でした。

これだ!
私が求めている教育は!!!

衝撃的な出会いでした。
そこから、私のシュタイナー教育探求の旅が始まりました。

人智学関係のワークショップにあれこれ参加。私、その度に泣いていましたね。人智学が見せてくれる世界があまりにも美しくて、感動的で、涙を流さずにはいられなかった。

ワークショップだけでは足りなくて、シュタイナー・カレッジのサマープログラムにも参加。そして、シュタイナー・カレッジのファウンデーションコース、教員養成コース参加。

教育の探求と同時に、自分を見つめ、自分の成長を追い求める旅でもありました。


私、人智学の学びを通して随分変わったと思います。

今は、実際にシュタイナー教育に教育者として関わる立場にいます。でも、やはり、教育の探求は終わらないし、自分を見つめ自分の成長を追い求める旅は、一生終わらないでしょう。

人智学は、私の生きる核となる部分と言えるかもしれません。でも、私は、人智学ばかりにこだわる気持ちはないのですよ。

今、人智学を学んだから、「違いを乗り越える」ということが身についたように思います。

人間はひとそれぞれ違う存在。
違いを認めて、ひとりひとりを受け入れよう。

そんな思想は、教育にもあてはまります。


シュタイナー教育は素敵です。美しいです。
でもね、シュタイナー教育じゃない教育だって良い所もあるんです。
シュタイナーとは全く関係のない学校に通っていたって、学ぶものはあるんです。シュタイナーと全く違う教育の中で育っていたって、シュタイナー教育の良い所を取り入れて行く可能性だってあるわけです。

シュタイナー教育 vs 他の教育/メインストリーム教育

という考えは、今はもう私の中に全くないんです。

正直言って、何年か前の私には、一般教育に対する強い批判がありました。でも、批判は何も生まない。批判が招くものは、批判、嫌悪、誤解、そして、分離。

そうじゃなくて、シュタイナー教育も、公立の教育も、他のオルタナティブ教育も、「自分が一番!」って主張し合うんじゃなくて、子どものことを一番に考えて、みんながお互いを認め合って、良い所を学び合って、みんなで一緒に良くなっていけたらいいのに!

もっとオープンに。
お互いを認め合って。
教育全体が、一緒に成長して行く。

教育だけじゃない。
それが私たち社会の未来の姿となりますように。



読んでくださってどうもありがとうございました。



全ての人に愛を込めて。

e-waldorf 代表
石川華代