大人のフォルメンと子どものフォルメン

恒例になりそうな気配の「大人のフォルメンレッスン」

ZOOMはじめて。フォルメンはじめて。・・・という人も多数参加。

 

フォルメンといっても、いろいろな形があります。

 

ランニングフォーム

 

変容のフォルメン

 

編み込み模様のフォルメン

 

 

 

 

他にも・・・

幾何学のフォルメン
レムニスケート
対称のフォルメン
スパイラル
曼荼羅のフォルメン
つつみこむフォルメン
文化をテーマにしたフォルメン

・・・・などなど。
詳しくは拙書「フォルメンレッスン1」「フォルメンレッスン2」をご覧くださいね。

 

シュタイナー学校で子どもたちの授業でやるフォルメンで、次のような効果を得ることができます。

 

フォルメンの教育効果

形を認識する力を育てる
文字を書く基礎をつくる
バランス感覚を育てる
集中力がつく
距離の感覚を磨く
考える力を育てる
美的センスを育てる
芸術の表現力を学ぶ
色の質を体験する
図形のクオリティを体験する
図形の基礎を学ぶ
規則性や秩序を体験を通して学ぶ
数字と関連させて算数の学びにする
文化的なモチーフで、特定の文化、歴史の体験をする

 

 

ただ図を書いているように見えて、実はいろいろな効果があります。

 

 

大人のフォルメン

 

教育効果としては、上にあげたようなものがありますが、教育を狙わなくても次のような効果があります。

 

リラックスできる
リズムを体験し瞑想効果がある
形を描くことでエネルギーに満たされる

 

今回、大人のフォルメン講座では、6名の受講者さんたちとZOOMで曼荼羅の形を描きました。

 

大人の方に焦点をあてて講座をするとき、まず気持ち良く描いてもらって、描くことで力をうけとってもらうということ。うけとるだけではなくて、本来人間がもっているエネルギーをチャージして力を高めるような体験になるようなフォルム(形)を選びます。

忙しい大人のひとたちに、フォルメンを書くことでリラックスして、癒されて、内側からエネルギーが湧いてくるような体験をしてほしい!!!・・・という願いをこめて、フォルムを決めるのです。

 

こんな感想が出ました〜

-すいこまれるように描いた
-気持ち良くてだんだん自動で手がうごいているような感覚になった
-2や4などとちがった、不思議で神秘的な感覚(7という数のフォルメンをしました)
-赤い色をえらんだら、血流のような流れを感じた
-本を読むだけではわからなかったフォルメンを実際に体験して納得
-またやりたい

 

大人のフォルメンファンが少しずつ増えています。(笑)

またやりますよ。近々日程をきめて「大人のフォルメン講座」開催告知しますので、どうぞお楽しみに。

 

 

ネットトラブル→創作活動

 

お知らせ

インターネットトラブルで、お問い合わせのお返事、発送等の処理に遅れがでています。ご迷惑をおかして申し訳ありません。ネット接続可能のときに、メール連絡やネットを使う業務を行い、影響を最小限におさえるよう努力しておりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 


 

 

引越しをしてから、ネットトラブル続きです。本来なら引越しの翌日(7月4日)につくはずだったインターネット。ネットプロバイダーの手落ちと、その対処の悪さでいまだにネットがつかず。

 

8月9日に、やっと、やっと、正式にネットがつくはずだった・・・・のに。

 

つかない。vodafoneの技術トラブルらしい。

 

完全にvodafone の手落ちなのですが・・・独占市場なので、他のプロバイダーにいくわけにもいかず。

 

 

ということで、だましだまし、モバイル端末を使ってしのいでいます。

 

 

ネットが使えない間の時間を利用して、創作活動に励みました。

 

 

 

ヴェイルペインティング

 

人智学系独特の水彩画法「ヴェイルペインティング」です。日本語では層技法と呼ばれています。シュタイナー学校や人智学系芸術療法で取り入れられています。

薄くといた透明水彩絵の具を、塗っては乾かし、塗っては乾かし・・・・と何十にも層をかさねていくことで、重なった部分に奥行きと色の深さが現れます。

乾かす時間、必然的に「待ち時間」が生まれます。その待ち時間を心静かに過ごすことも、現代人には大事なセラピーにもなります。

せっかちな私は、その「待ちセラピー」(笑)部分を減らすため、2枚の絵を同時進行。しかも、塗ってからヘアドライヤーで乾かして時間を短縮。

 

使った色は、赤、青、黄の3色だけ。

 

あえて、全く違った絵にしてみました。

 

重ねた層が、すべて実在し、消すことはできません。間違えたりもするけれど、間違いを修正することはできません。その代わり、失敗を生かすように他の層を重ねていくのです。

層技法そのものが、人生のよう。自分がどういう対応をするか、絵にも、書くプロセスにも、現れてきます。

 

 

 

ヴェイルペインティングに必要なもの

ヴェイルペインティングをしたいひとは、次のものを用意してくださいね。

 

水彩画用紙

中目の厚いもの。(私は300gsmを愛用)A4くらいまでの大きさなら、ブロック(20枚くらいまとめて縁が糊付けしてあるもの)がお手軽です。

太い平筆
中くらいの平筆または丸筆
場合によっては小筆

(毛がやわらかいものを選びます)

 

絵の具

透明水彩絵の具 シュトックマーの基本3色(おすすめ)
他のメーカーでも透明水彩絵の具であれば大丈夫です。

ちいさなジャム瓶3個(絵の具を溶く容器)
大きなジャム瓶1個(筆洗い用)

ボロ布

 

ヴェイルペインティングをやってみたい!!! という人、ZOOMをつかって一緒に描きましょう。コツコツみんなでヴェイルを書くグループ講座でヴェイル体験してみませんか?
まずは、希望者を募ります。やってみたいひとは、できそうな曜日と時間をお知らせください。(名乗りをあげても、受講義務はありませんので、お気軽にメッセージ送ってくださいね。)

シュタイナー教育の一番の特徴は・・・

 

 

アメリカのシュタイナー教育者
ユージーン・シュワルツは、

 

シュタイナー教育の一番の特徴は

「つながり」だ!!!

 

と言いました。

 

教科が繋がっていること。

世界と繋がっていること。

教科の中のものごとも繋がっていること。

 

 

もちろん、他の特徴もたくさんあるのですが。

 

 

よくあるメインストリーム教育、

日本の教科教育では、

 

たとえば、

 

歴史を教えるのに、

いつ、何が起きたかは教えるけれど、

 

その出来事に関わっている人物がどんな人生を歩んだかなどは学ばないし、

できごとの背景にどんな人間模様があったかなんてことは、

 

 

切り捨てます。

 

 

テストに出ないですからね。

 

 

でも、何事も、

そこには人間がいて、

人間の心が動いていて、

人間同士のつながりがあって、

それらが起きている時代背景、

社会の状況、文化習慣などが、

ぜんぶ絡み合ってものごとが起きている。

 

 

もちろん、

それを全て学ぶことはできませんが、

 

情報をブツブツに切って、

「覚えていなくてはいけない情報」を、

生徒に伝えるだけでは、

「死んだ情報」が伝わるだけ。

 

 

そして、

そういう情報からは、

人の心は動きません。

 

どうして人間が醜い争いをすることになったのか、

そこに人間の有様なしで、

情報だけを見たところで、

 

本質はつかめない。

 

心も動かないし、

考える気にもならない。

 

 

 

 

なにが、どういけなかったのかかもわからないし、

 

 

 

どうしたら、

同じ過ちを繰り返さなくていいのかもわからない。

 

 

シュタイナー学校のエポックノート
こちらから画像引用させていただきました。

 

当たり前のことですが、

世界にある、

ありとあらゆるもの、ことは、

つながりあっています。

 

歴史と文化、芸術も繋がっているし、

数学ともつながる。

国語とも外国語とも、ぜんぶつながる。

 

 

それを、

切り刻むことは、

 

 

 

 

脳みそのシナプスをぶちぶち切るのと同じ。

 

 

つながりは多ければ多いほどいい。

そのつながりが、

強ければもっといい。

 

 

テストに出ない、余分で、無駄だと、

思う人もいるかもしれないような、

 

史実の背景にあること、

数学の裏話、

芸術家の人生、

 

・・・それらを学ぶことは、

確実に、つながりの数を増やし、

つながりを強くすることです。

 

 

無駄と思えるかもしれないけれど、

実は、

 

年号とできごとだけを知っている場合より、

年号とできごとを覚えやすくなるし、

他のたくさんのことも頭に入る。

 

そして、何よりも、

ものごとが生き生きと見えてくるということは、

 

 

 

 

「より深く考える」ようになる・・・ということ!

 

 

 

 

これって、

情報を暗記しているより、ずっと大切なことだと思いませんか?

 

 

 

========================

シュタイナー教育を家でできる教材

e-waldorfから発行しています

https://books.e-waldorf.com

========================

子どものおもちゃ〜〜適齢期をすぎて

かわいい木のおもちゃ。

 

シュタイナー教育に惹かれた人なら、見たことがあるのではないでしょうか。自然素材の木のおもちゃなどからシュタイナー教育を知ったひとも多いですね。

 

我が家にも、たくさんありました。木のブロック、木の動物たち、木の乗り物、電車に線路。

 

おかげさまで息子たちもすくすくと育ち、もう思春期・・・という時期です。引越しもたくさんしていますので、おもちゃもたくさん処分しました。ほとんどが、小さな子どものいるご家庭へ〜。

 

でも、木の動物だけ、いくつか手元に残しました。

 

かわいらしいので、インテリアに使っています。

 

 

棚に飾ったり、窓辺に置いたり。バスルームにも。

 

窓辺の動物たちは、ときとして影絵にもなります。

 

 

そのままストーリーが生まれそうです。

 

思春期の息子たち。さすがにこれらの動物では遊びません。

 

でも、気がつくと・・・

 

 

 

並べて置いておいただけのはずが、積み木になっていたり、全部倒れていたり、ブレーメンの音楽隊のように積み重なっていたり、動物たちが格闘していたり。(爆)

 

 

ちょっとほっこりする、我が家の光景です。

 

夏休み特別ZOOM個別レッスン(小中高)

 

夏休みだからこそ、いつもはできない学びを。シュタイナー教育をもとにした、さまざまな楽しい算数アクティビティや、フォルメン、アートクラフトなどを、ドイツと世界各地をZOOMでつないで個別レッスンします!

個別ですので、ご要望に合わせて、また、お子さんの状態に合わせて、特別にレッスンを計画します。

 

お子さんに楽しく学んでもらいたいと思う方
お子さんに算数や数学を好きになってもらいたいと思う方
お子さんの算数、数学センスを磨きたいと思っている方
夏休みのアクティビティを探している方
夏休みの自由研究にお困りの方
お子さんが算数、数学好きな方
お子さんとの楽しい時間をもちたい方

・・・これらに1つでも当てはまる方は、ぜひどうぞ。

 

対象

小学生のお子さん(1〜6年生)、中学、高校生

  • 小学校1〜3年生は、保護者の方も一緒にご受講ください。
  • 小学校4〜6年生は、保護者も一緒に、またはお子さんだけ、どちらでも良いです。
  • 中学、高校生は、お子さんだけでご受講ください。

インターネットを使える環境のある方

レッスンはインターネットのシステムZOOM(スカイプのようなもの)を利用して行います。パソコン、タブレット、スマホから参加していただくことができますが、画面が大きいほうが見やすいです。

ZOOMについて

 

内容

アクティビティ
学年とご希望に合わせて、あなただけのレッスンを計画します。

アクティビティ内容例:フォルメン、算数、九九の学び、糸かけ、幾何学工作、幾何学アート、算数アクティビティ、その他学年に準じた学びなど

 

参加者が得るもの

  • 体験を通して、図形・算数の楽しさを知ります。
  • 図形・算数の理解が深まります。
  • 芸術的センスが身につきます。
  • 美しい作品が仕上がります。
  • 手作り、アートワークを通して、癒し、ヒーリングになります。
  • 親子で楽しめ、親子の絆が深まります。
  • お子さんの理解を深めるチャンスです。

 

受講者の声

母娘一緒ということがすごく大きな意義があった!
最近、反抗期になってきた娘と共通の話題ができて、
ほんとうによかった!
(名古屋市 MHさん)

ZOOMで心配でしたが、黒板で見せてくださるようすが親近感がもててよかったです。
(大阪 MMさん)

算数は苦手だったけど、
「算数が楽しい!!」
・・・と私(親)が、知れたことが、ほんとうによかった。
今は私のほうが、もっと算数を学びたくてウズウズしています!!

華代先生とのレッスンの時間が、
親子での大事な時間になっています。感謝です。
(フランス MYさん)



受講費

3回コース  10000円(60分レッスンx3回)
2回コース  7000円(60分レッスンx2回)
1回コース  4000円(60分レッスンx1回)

  • お支払いはペイパルを使ったクレジットカード払いです。



お申し込み

 

お申し込みの手順

メールフォームにてお申し込み

メール、またはZOOMでガイダンス。→コース内容決定

ご決済(PayPal)

レッスン開始









ビーチでフォルメン!

 

 

夏ですねえ。

夏休みといえば、海に山に。

 

海や山のアクティビティはたくさんありますが、ぜひ試してみてもらいたいもの。

 

それは、「ビーチでフォルメン!!」

「河原でフォルメン!」・・・でも。(笑)

「どろんこフォルメン!」・・・もいいかも。(爆)

 

フォルメンって、紙にフォルムを書くことだと思っていませんか?

フォルメンの本当の意味は、「形を動く」ことです。

 

 

紙に描くのもいいけれど、大きく大きく描くことは、まったく違った体の動きになります。

全体を見る力や、全身を使う力も研ぎ澄まされます。

 

 

足で描いてみてもいい。棒を使って描いてみてもいい。

砂浜いっぱいに描いてみてください。

 

 

こんなこと普段できないからこそ、のびのびと描く体験をさせてあげられたら、遊びながら、素晴らしい学びが得られますよ。

お父さん、お母さんも一緒に楽しんで描いてみてくださいね!

 

e-waldorf アートクラフトの本

inspiration vol.4 でも砂でフォルメンのレッスン掲載
ビーチにいけないひとは「砂場」でどうぞ。

e-waldorfのアートクラフト教材 inspiration

トランスパレントスターの貼り付け方

引っ越し後さらにトランスパレントスター量産中。疲れているので、こんな作業が安らぎます・・・。

 

 

先日の記事でお問い合わせがありました。

トランスパレントスターを窓に貼るには、何を使ったらいいですか?

 

今までにも何度か聞かれたことがあるので、ここでも紹介しておきます。

 

・・・って、秘訣でもなんでもない、簡単なことなんです。(笑)

 

スティックのりを使い、星の先のほうに、ちょんちょんと、少しずつ。そして中央に少し。そして窓に貼り付ける。

 

液体のりだと紙がぶよぶよになります。接着力も、スティックのり程度の弱さがちょうどいいです。

テープやブルータックは見た目が美しくない。スティックのりは見えません。星のパーツを貼り合わせるときにもスティックのりがおすすめ。


星を剥がしたら、濡らしたスポンジでふきとればノリも簡単にきれいになります。
(うまく剥がせば星は破れません。でも、数ヶ月たってから剥がすので、大抵はそのまま廃棄します。)

 

お試しあれ。

 

 

我が家にはこれが不可欠です

 

引っ越しして12日経過。

まだ段ボール箱もゴロゴロしている状態ですが、トランスパレントスターを作りました。

 

 

なんかね、これがないと我が家じゃないみたいで。

 

必要ないものをアンパックするより、トランスパレントスターが窓にあることのほうが大事なんです!! (笑)

 

 

トランスパレントスターは、薄い透ける紙で折ったお星様です。秋になって、日が短くなっていくヨーロッパ。少しでも光を演出し、心にあかりを灯すために作ります。

 

私は大抵秋につくり、窓に飾る。紙の色がだんだんぬけて薄くなってきます。薄くなってきた星もきれい。そして、また秋に新しいのを作って張り替えます。

 

だから、本来の秋〜冬の風物詩とは意味が違うけど、我が家の必需品。

 

作りたい人は、作り方の本や紙が販売されています。日本人は器用だから、直接教えてもらわなくても作り方みただけで作れますよ。

この写真↑をクリックすると販売先を見ることができます。

 

こちらの記事も参考にどうぞ
「トランスパレントスターの貼り付け方」

子安美知子先生の永眠について思うこと・・・

子安美知子先生が7月2日に天に召されました。みなさんもご存知の通り、シュタイナー教育を日本に紹介した第一人者でした。

私が「ミュンヘンの中学生」を読んで、シュタイナー教育と衝撃的な出会いをしたのと同じように、たくさんの仲間、友人が、子安先生の著書からシュタイナー教育に出会いました。

子安先生がいなかったら、私はシュタイナー教育の道に歩んでいなかったかもしれない。いや、歩んではいたでしょうが、きっと、その道は違うものになっていたでしょうし、確実に、日本のシュタイナー教育のあり方は今と違っていたと思います。

 

人の命は永遠ではありません。

ここ数年、シュタイナー教育の先駆者的存在であった先生方が、何人も亡くなっています。その度に深く悲しみ、損失の大きさに打撃を受けます。

悲しいけれど、人の命は永遠ではないということ、高齢の方はもちろんですが、若い方でも、生と死のはざまを毎日生きていて、明日の命だって保証はないのだということ・・・。もう一度胸に刻んで日々丁寧に大切なことをやっていこうと思います。

そして、子安先生のように経験と英知のある方からもっと学んでおきたかった、もっとこれからも学びたかった・・・という思いを感じながら、強く思うこと2つ。

 

学びたかったら、何かをしたかったら、今すること。

 

私は若いころから、「明日死んでもいい」と思いながら生きてきています。それは、決してネガティブなものではありません。明日死んでも後悔しないだけ、今日まで思う存分生きてきているという思いがあるのです。もちろん、やりたいことはまだまだあります。でも、今までの人生は十分後悔しないだけやってきた。その思いは強くあるのです。・・・20台のころからそうやって生きてきています。

だけど、子安先生と仕事をすることは、ずっと願っていながらも、叶わずに終わってしまった。心に深い悲しみを感じながら、「何かをしたかったら、今すること。先延ばししない。」ともう一度心に刻んでいます。

 

そして、もうひとつ。

シュタイナー教育を続けていくために、私たちの世代がしっかりと引き継ぎ、もっと学んで自分を高め、そして、後継者を育てていく活動をすること。

 

どの国でも、シュタイナー学校の後継者不足が問題になっています。ドイツでもです。

自分たちが学んで満足するだけではなく、社会全体を育てていけるように、後輩たちを育てていく。仲間を増やしていく。そんな活動をおろそかにはできません。

 

子安先生。ご冥福をお祈りします。

シュタイナー教育を伝えてくださった功績に、深く深く、心から感謝しつつ。

家の中に動物の気配が・・・(シュタイナー学校手仕事の話)

うちの次男(シュタイナー小学校6年生)が、手仕事で作ったぬいぐるみを持ち帰ってきました。

 

手仕事の時間に作ったぬいぐるみ〜オオカミ

 

 

 

まず、クラスで国立自然博物館へ行きました。そこにたくさんある、動物たちの剥製のなかから一つ決めて、よく観察してスケッチをする。

学校に帰ってきてから、スケッチを見ながら、その形に合うように型紙を自分でデザインする。

厚手のキャンバスコットンを切って縫う。

これでもか、これでもか、というくらいに綿を入れる。(脚は芯も入っていないのにカチカチです)

そして、布用絵の具で色付けをして完成。

 

 

なかなかよくできています。ふわふわした抱っこしたくなるようなぬいぐるみではなく、硬くてリアルです。

 

与えられた型紙で作るだけではありません。見たものを布で再現していくのって、かなり大変。体、口の部分、頭のマチ部分、お腹にもマチがあり・・・。

 

相当よく観察しなければ作れません。

 

 

シュタイナー学校では、こうやって小学校で動物や人間のぬいぐるみをつくったりするのだけど、作り手の心がこもってオリジナルのものができてくると、できあがった作品が作り手に似てくるから不思議です。

シュタイナー教員養成課程でウォルドルフ人形を作った時も、出来上がってみたら、学生それぞれ、みんな自分に似た人形になっていました。そんなことは全く意識せずに作っているのですが。

 

いや、このオオカミ。なんか次男に似てますよ。手脚の細さとか雰囲気とか。

 

 

この子が我が家にきてから、「なんか、いる・・・」ってゾゾッと感じることがあるのです。「誰がこっち見てるの!?」って、その方向を振り向くと・・・・

 

 

この子がこっちを見てる。(汗)

 

心込めすぎて、魂がこもっちゃったみたいです。

 

シュタイナー学校のアート・クラフトをお家でする講座 e-waldorf アートクラフトプログラム http://course.e-waldorf.com