魔の夏休み〜子どもに一石三鳥。夏の有効なアクティビティ。

夏休みですね〜。

 

あああ、6週間も学校がない!
子どもが暇だ、退屈だととうるさい。
仕事に集中できない。
家のなかが片付かない。
大人は忙しいのに子どもの世話がーーー

とか思っちゃいませんか?
私は思います。(苦笑)

 

魔の夏休みです。

 

子どもが暇になって、退屈なときって、だらだらしていて、
子ども「退屈ーーー。なんかやることない?」
と言ってきても
親「じゃ、掃除して」
子ども「やだーーー」

となります。笑

 

 

暇でやることないんなら、ちょっとお手伝いしてくれたっていいじゃない・・・と大人は思いますが、だらだらした気分のときほどお手伝いはやる気がしないのが自然なこと。笑

 

我が家で最近よく使う「手」があります。声をかけると、「やるーーー」と喜んでとびついてくるもの。

 

それは、「〜〜ミックス」を使ったおかし作り。

 

バイオダイナミック「デメター認証」つきケーキミックス〜美味しかったです!

 

普段「〜〜ミックス」とか、使ったことがない我が家なのですが、ドイツでオーガニックのものやバイオダイナミック認証「デメター」のものが簡単に手に入るようになったので、試しにつかってみたところ、子どもたちにヒット。

美味しかったー。

 

 

 

ミックスを使わずに、ちゃんとケーキを作ったほうがいいのは当然です。でも、「ケーキ作る?」と聞いても「やだー、面倒臭い」と言われてしまうし「ママのケーキが食べたい」と、こっちに仕事がふられてしまう。(笑)

 

でも「〜〜ミックス」だと、簡単なので「やるーーー」と元気な返事がかえってくるのです。

 

ほんと、アクティビティでも、宿題でも、勉強でも、難しすぎない、簡単すぎない、少しだけチャレンジになるようなちょうどいいものを与えると、子どもも喜んで取り組み、効果も高い。

 

お手伝いも同じですね。

 

いやいややってもらっても嬉しくない。快くやってくれるのが一番。

 

 

「〜〜ミックス」でのおかし作り。子どもはもちろん、ケーキを食べたい一心です。笑

 

でも、

  1. 子どもの退屈しのぎのアクティビティになって、
  2. ケーキが食べられて、
  3. 作り方(ドイツ語表記)を読むのに、ドイツ語の練習にもなる。

★英語表記の「〜〜ミックス」とか手に入ったら英語の勉強にもなりますね。

 

一石三鳥です。

 

うれしい〜。

 

 

 

ちなみに、写真のはケーキですが、他にもワッフル、カップケーキ、ブラウニー、プディング、ピザ、パンなど、オーガニック、デメター認証などでたくさんの「〜〜ミックス」がスーパーに売っています。

 

次はどれを買ってこようかな。(作るのは息子たち! 笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です