(ドイツ話)ベルリンに思うユダヤ人殺害のこと

こんにちは。
石川華代です。

 

ただいま秋休みです。
2週間暇をもてあます家族と一緒に、
ベルリンへ行ってきました。

 

ベルリンでしたかったことの一つは・・・

ナチスによるユダヤ人殺害の博物館等を訪れること。

 

ベルリンだけでもいくつかあるのですが、

まず、
ホロコースト記念碑と資料館。

 

 

資料館は、
被害者に焦点があてられています。
ホロコーストの史実と、
被害者のメモや手紙、
被害者の家族について・・・など。

 

子を思う母の声。
家族や愛する人の死を受け入れなければならない、
ユダヤ人たちの心の叫び。

 

史実を知るだけではなく、
人の声があり、
感情が言葉で伝わってくる。

 

重い静寂のなかで、
音を出さないように気を使いながら泣いてしまいました。

 

 

 

ドイツ人は、
ナチスの歴史を、
「自分たちが犯してしまった罪」として、
学校で教え込まれてきています。

それがドイツ人(自分)の罪であると。

 

自分の国を責める。
一生消えない罪を背負う。

過去の人がやったことではなく、
自分がその一部であるとして重荷を背負いこむ。

 

だから・・・
ドイツ人は、
「ドイツなんて」という自虐的なところが、
根底にあるのを感じます。

 

 

人の生々しい手紙などを読み、
被害の重さ、残虐さに目を向けると、
その辛さを自分のことのように感じます。

そして・・・

被害がひどければひどいほど・・・

 

加害者であるドイツ人は
なんて重い重荷を、
ひとりひとりが一生背負い続けていくのだろう・・・と、

その重荷を自分の肩に感じていました。

 

 

私は、もちろん、

ナチス、ヒトラー、ユダヤ人殺害・・・
史実としては知っていますし、
映像でも見たことがなんどもある。

 

でも今までは、
外国で起こった歴史で、
私は外国人として外部から見ていました。

 

ここにきて、
初めて、

私は、ドイツに暮らし、
ドイツ人の家族として、
その重荷が、自分の肩にも乗っているのを強く感じました。

 

ドイツ人だけではない、
人間だったら誰でもその重荷があるのでしょう・・・。

 

 

 

被害者は悪くない。
正しい人たち。

加害者は正しくないことをした。

 

それはそうだけど・・・

一般に、
正しい人たちが、
正しくないことをした人を責めるのは、簡単です。

 

時として、
正しい人たちの言うことは、
人を傷つけるだけで、
本質に近づけないこともある・・・。

 

ホロコーストの歴史に触れながら、
ホロコーストだけではない、
人間が犯す罪や失敗について思いを馳せていました。

 

 

ちなみにこの資料館。
ぜひ見て欲しいなと思うのですが、
記述はドイツ語と英語のバイリンガル。

写真や展示を見るというより、
ひたすら読むための資料館です。

ドイツ語、英語以外は
10ヶ国語くらいがオーディオガイドとして
貸し出されています。

でも、日本語はなかった・・・・。

 

 

 

 

ーーーーーーー
この秋。
「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、
もっと中身をよくして、
新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、
詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。
直接、石川華代とシュタイナー教育について
思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、
シュタイナー教育について、
ちょっと触れてもらいたいと思い、

PRビデオを作りました。

シュタイナー教育についての紹介と
シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

よかったらこちらからご覧くださいね。

ビデオを見て、
シュタイナー教育いいなーと思ったら、
お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

こちらはのビデオは「第1話」ですが、
実は「第3話」まであります。

続編は e-waldorf newsletter のほうでご紹介していきますね。

e-waldorf newsletter のご購読はこちら

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です