誤解されるのは悲しい・・・だったらどうする?

こんにちは。
石川華代です。

 

ここのところ、
新しいお友達ができました。

 

ドイツ在住のオイリュトミスト。
シュタイナー学校で教えていらっしゃいます。

 

彼女が、
わたしの講座に関する意見のメールを送ってきたことがきっかけでした。

 

意見を率直にうけとめて、
想いを、誠実に、正直に伝えるお返事をしました。

 

お互いに共感することも多々あり、
「私たちって似てるのかもしれないね」
などと言いながら、
長いメールで想いを伝えるやりとりが続いています。

 

昔懐かしい、文通・・・っぽい。笑

 

彼女とのやり取りの中で
「言葉で伝えることって難しい」
という話題が出ました。

 

よくわかります。
私は、こうやって文章を書いています。
本も出しているし。

 

そして、私、
過去25年ずっとネットで発信し続けています。
動画もブログもなかった時代から、
ホームページで熱く教育について語っていました。笑

 

そこで、
喧嘩を売ってくるコメントもはいります。

「そんなこと言ってないのに」
「言いたいことが伝わってない」
と思うコメントも。

 

誤解されるって悲しいです。

 

だから
どうやったら、誤解のないように伝えられるのか?
どんな言葉を選んだら、ちゃんと伝わるのか?

 

いろいろ悩んだし、工夫してきました。

 

結論は・・・

 

どうやったって、
誤解のないことなんてありえない。

 

ということ。

 

わたしの言ったことの10%でも伝われば上等。

私には私の自我があるように、
読む人には読む人の自我がある。

 

人生も、経験も、違う人間は、
一つの言葉だけでも、受け取り方が違う。

 

だから、
ちゃんと伝わらないことなんて当たり前のことなんだ。

 

そう思うようになりました。

 

10%受け取ってもらえたらラッキー。
残りの90%を受け取ってもらえるように、
くりかえし、なんどでも、言い方や角度をかえて伝える努力をし続ける。

 

10%受け取ればラッキーな状況で、
100%受け取ってくれないーーーって嘆いているのは、

わたしが必要な努力をしないで
相手に過度な期待をしているだけ。

いやー、わたしって怠け者だったのね。

 

 

そう思ったのです。

 

 

誤解をされたくないから閉じるのではなく、
誤解をのりこえるために開く。

 

これは、先述のお友達とのメールのやり取りの中で、
わたしが書いた言葉です。

 

シュタイナー学校が閉鎖的・・・という印象があり、
それについてわたしのなかから出てきた言葉です。

 

シュタイナー学校は、
外から見たら、ちょっと変なところありますよね? 笑

 

オイリュトミーとかフォルメンとか、
怪しく見えるし、
オカルトっぽいところもあるし。

 

誤解されやすいんです。

 

だから、
シュタイナー教育大好きなひとたちが
シュタイナー学校を守ろうとして、

閉鎖的になってしまうところがあるように感じています。

 

そこでこの言葉が出てきました。

 

誤解をされたくないから閉じるのではなく、
誤解をのりこえるために開く。

 

何を言っても、
どうやって表現しても、
誤解は免れないのです。

 

だからといって、発信をやめてしまっては、誤解はひどくなるばかり。

 

だって、
一言も言わなくたって、
姿をみただけで、人は勝手に決めつけて、判断するものです。
それこそ究極の誤解です。

 

だったら、
堂々と、開いて、
想いを誠意をもって伝えて、

90%の溝を埋めていくしかない。

 

自分の言ったことで誤解されるなら、
その責任は自分でとって、
くりかえし、(しつこく?)
誠意をもって、伝え続けていけばいい。

 

勝手な想像から誤解されるなんて絶対嫌だし、
そんな誤解に私は責任とれません。

 

そんなことよりも、
オープンに、堂々としていればいい。

 

それが、
わたしが発信を続ける理由のひとつです。

 

 

 

いやー、
わたしも強くなりました。
まだ心臓に毛は生えてないですけどね。笑

 

 

 

e-waldorf の講座

 

シュタイナー算数教育教師養成コース レベル1 第5期
2020年12月からスタート
説明会2020年10月後半から

 

お父さん・お母さんのシュタイナー学校
2020年12月からスタート
説明会2020年11月

 

はたりえこ先生の「いのちのオイリュトミー」
ZOOM、動画受講受付中
詳細・お申し込みはこちら

 

そして・・・
2021年1月より、
ワクワクの新講座がはじまります!!
ベテランシュタイナー教育者たちの経験を集結してお届けする講座です。
11月に内容公開しますのでお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です