ある日のオイリュトミー

 

 

はたりえこ先生「いのちのオイリュトミー2021」の講座風景

 

春夏秋冬の「月」を詠んだ短歌を

オイリュトミーの動きで感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の歌なのに、未来を感じ、壮大な宇宙を感じ、

情緒的な繊細な感覚を感じ、

 

呼吸のリズムが、

様々な音で仕草で身体に染み渡る、

 

豊かな言葉と空間の体験です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です