シュタイナー算数教育教師養成講座 第7期終了しました

こんにちは。
石川華代です。

先日、
シュタイナー算数教育 教師養成講座 レベル1 第7期が終了しました。

この講座では6ヶ月間かけて
ビデオレッスンx24
ZOOMレッスンx12
をやり通します。

1年生から6年生までの内容を1ヶ月ずつ。

2週間のサイクルで、
ビデオレッスン2つやって
ZOOM1つやって・・・

どのレッスンでも
発見があり、
今までの算数の概念を覆すような
体験があります。

ZOOMで集まってお話ししてくださる受講生のみなさんは、
まるで、
子どもが授業で
ワクワク、ドキドキしているように
目をキラキラさせています。

最後のレッスンでやった
ヘキサフレクサゴンは
一枚の紙から作る
不思議な幾何工作。

作図も、制作過程も、デザイン工程も
すべての活動が
理解を深める体験になっています。

「無駄がひとつもない。」

この言葉は、
小学校からずっと公立学校に行っていた生徒が、
中学生になってシュタイナー学校に編入してきて言った言葉です。

学校の授業も宿題も
公立のときは
無意味な活動にしか思えないことをやらされていた感が強かった。

シュタイナー学校に来たら
全てが価値のある活動。

無駄が一つもない。

・・・と。

そう。
シュタイナー学校の活動は、
たとえエポックノートに描く1本の線にさえも
「子供を成長させるための意味」があります。

子どもの学齢期は短い。
無駄なことをやっている暇はない。

子どもが成長するために
本当に意味のある活動を。

第7期のみなさん
とてもいい笑顔で卒業。
おめでとうございます。

==================

シュタイナー算数教育 教師養成講座

レベル1第8期 8月開講 

ご希望がありましたので、
説明会を追加開催することにしました。
これが8期の最後の説明会です。
ご検討中の方は、お見逃しなく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シュタイナー教育歴17年。ドイツからシュタイナー教育情報を発信。シュタイナー教育とメインストリーム教育の架け橋になるべく活動中。

コメント

コメントする

目次