開催報告「シュタイナーアプローチ 教育の進化形」

石川華代ワークショップ
目次

シュタイナーアプローチのエッセンスを凝縮してお伝えした1日

2023年11月26日(日)、
中村中学校・高等学校にて、
「シュタイナーアプローチ 教育の進化形」を
開催しました。

今回は、当日実施されたプログラム内容に沿って、
その様子をお伝えします。

1.石川華代講演会「シュタイナーアプローチ 教育の進化形」

プログラムの最初は、
e-waldorf代表、石川華代による講演会
「シュタイナーアプローチ 教育の進化形」。

子どもがいきいきと学ぶ
「シュタイナーアプローチ」とは何か?
塾・学校・家庭などに「シュタイナーアプローチ」を
どう活かしていくことが出来るのか?

石川の想いと共にお伝えしました。

石川華代講演

2.シュタイナーの算数ワークショップ

e-waldorfの子ども向けオンラインレッスン
「IDEAL(イデアール)」で実際に行われた
中学年向け算数レッスンの模擬授業。

暮らしを通じて体感している大きな自然、「季節の巡り」と
「分数」の学びを結び付けたアクティビティを
IDEALの子どもたちと同じように体験していただきました。

講師:IDEAL講師 長谷川敦子

ワークショップ
ワークショップ2

3.シュタイナーアプローチ実践報告

学校や塾などシュタイナー学校以外の場で、
シュタイナーアプローチを
既に実践されている方々による実践報告。
具体的なシュタイナーアプローチの取り組み内容や
実践時の子ども達の様子などをお伝えいただきました。

報告者:日能研 金津武弥・鷲沼誉幸、
    成蹊小学校教諭 中川恵美、現代の寺子屋つぐみ会 奥村奈美余(敬称略)

実践報告1
実践報告3

4.「文化と幾何」のワークショップ

石川華代によるワークショップ。
自然科学や歴史、文化…様々な教科との
つながりをもって学ぶシュタイナーアプローチを
実際に手を動かして感じ取っていただきました。

石川華代ワークショップ
石川華代ワークショップ2

5.オイリュトミー「形は生きている」

プログラムの最後を締めくくったのは、
日本オイリュトミー第一人者はたりえ先生による、
オイリュトミー。

シュタイナー教育の核ともいえる
身体芸術オイリュトミーを体験いただきました。

オイリュトミー

6.受講者の声

イベント終了後、
受講者の皆様より沢山の嬉しいお声をいただきましたので
その一部をご紹介します。

感想1
感想2
感想3
感想4
感想5

今回の「シュタイナーアプローチ 教育の進化形」を通じて、
私たち大人が子供の教育でできること、
その可能性を広げていただけたら嬉しいです。

ご参加いただいた受講者の皆さん、
本当にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

E-WALDORFで学んだシュタイナーアプロ―チで、こども向けに算数・数学レッスンを提供中。E-WALDORFでは、広報&blogを主に担当。

コメント

コメントする

目次