シュタイナー教育の数の学び

シュタイナー教育では、
数を習うとき、
学校教育とは少し違ったやり方で習います。

その数の「質」を感じ取るのです。

例えば「1」という数。

ただ数えるためだけの手段ではなく、
「ひとつだけのもの」を表していることを学びます。


たったひとつの地球

世界にたったひとりの「わたし」

月…太陽…

何気なく拾った1本の木の枝やどんぐり…

世界にたったひとつ。

そして、
「1」はひとつだけでもあるけれど、
「全体」をも表してる。

ワンネス、ホールネス。


「2」は…

わたしとあなた

お父さんとお母さん

二つの目

二つの手

ペアになるものは、
ペアになって力を増す。

ひとりではできないことも
二人ならできる。

ペアになることで
もっと美しくなる。

ふたつのものの対照でもある。

正反対のものがペアになると
不思議とうまくいったりもする。


そんな風に、
数を数えるための道具だけではなく、

数字には意味があるのだということを、
シュタイナー学校の子どもたちは
自然に感じ取りながら算数の世界への一歩を踏み出します。


算数は算数だけではありません。
算数の中でも「わたしたちひとりひとりの人間の素晴らしさ」や
「世界の美しさ」などの、大事な考えを学んでいきます。


すべての教科で「心」をも育てているのです。



こうしたシュタイナー教育の考えの骨格部分を、
体系的に学ぶことができる講座、
「シュタイナー算数教育教師養成講座」が
この6月にスタートします。

現在説明会を開催中。
どんな事を学べるのか、

是非、気軽にご参加くださいね。

子どもたちが、
夢中になって算数アクティビティに取り組む!

授業が終わっても、もっとやりたい!!!・・・と言う!

「わかった!!」・・・と子どもの顔がパッと輝く!

そんな光景を、自分の教室で、自分の教える授業で、実現したいと思いませんか!? 

今まで算数が苦手だった人も、
算数を楽しめたらいいと思いませんか?

算数が楽しくなると世界観がが変わります。シュタイナーを学ぶと人生観が変わります。

この講座は、ただ、シュタイナー算数を学ぶだけではありません。人間教育です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シュタイナー教育歴17年。ドイツからシュタイナー教育情報を発信。シュタイナー教育とメインストリーム教育の架け橋になるべく活動中。

目次