具体的な体験の先にあるもの~中学1年生

シュタイナー教育の算数を
オンラインで学ぶIDEALレッスン

今回は、中学1年生の作品をご紹介します。

目次

「算数」から「数学」に

こちらの作品は、レッスンで子ども達が描いた、
一点透視法を用いて描かれた作図です。

(IDEALレッスンより ・ 講師:藤川 とも子)

2次元の平面に、3次元の立体を描く…

こどもたちは、
どんなことに気付くのでしょうか?

何を感じ取るのでしょうか?



「算数」から「数学」に代わり、
抽象的な思考を求められる中学1年生。

実際に手を動かす具体的な体験と
抽象的な概念とを結び付けていくことは、

数学理解の大きな助けになっていきます。

具体的な体験が、抽象的に考える力に繋がる

IDEALでは、

小学1年生から、
棒や木の実、粘土…など
様々なものを実際に扱い、

数や図形について、
具体的な体験を、
沢山積み重ねていきます。

こうして自分の体を通じて
深く理解した算数の力が、
中学生以降の抽象的に考える力へと
つながっていきます。

子ども向けシュタイナー教育 IDEAL

日本の文科省カリキュラムの算数/数学/国語をシュタイナー教育で学ぶ、子ども向けのオンラインレッスンです。

教科を深く理解し、一生つかえる学力を養い、考える力を磨き、自分の考えをもって行動する人間を育てます。

※新学年に向けて、体験レッスン随時受付中です。

目次