シュタイナーはなぜ広まらない・・・?

こんにちは。
石川華代です。

私、
昨年あたりから
東京大学のプロジェクトに関わってます。


先日
その関連グループで
大学の教授や
日本の高校の先生方など相手に
ZOOMで粘土造形ワークショップをしました。

その中には
シュタイナー全く初めてという人も何人かいて。

「シュタイナー初めてで怖いです」
とおっしゃる。笑

他のオルタナティブ教育は
ちょっと風変わりだと思われるかもしれないけれど
「怖い」とは思われないと思うんです。

でも、
シュタイナーは「怖い」と言われる。

人間、知らないものは怖いし。

でもそれだけじゃなくて
シュタイナーのもつ霊的な部分とか
オカルト的な部分が
「怖い」と思われて
ハードルになっているのは
想像に難くない。

私は2009年から
このe-waldorf で活動をしてきました。
「すべての人にシュタイナー教育を」と。

そのために
できるだけハードルを下げるようにしてきました。

シュタイナービギナー向けの講座では
エーテル体とかアストラル体とかの言葉も使わず
誰でもわかる平易な言葉で語りました。

でも・・・
霊とか魂とか
やっぱりシュタイナー教育の大事な部分で
そこをなくしちゃ
シュタイナーの本当の凄さはわからない。

それは私のこだわりでもありました。
シュタイナー教育に大切な
霊魂を含んだ人間全体を見るということ。

シュタイナーの「一般人間学」にあるような
宇宙的な意味での
人間全体を理解した上での教育。

でも
思うのです。

私のこだわりがあったから
ハードルを下げ切れなかった。

それは私の勝手なこだわりで
純粋にいい教育を求めている人の立場には
立ちきれていなかった。

もっと

シュタイナー教育の間口を広げていく活動をする。

そう決意しました。
そのスタートが、今年1月の
E-waldorf Academy in London開校。

今さらに
もっとハードルを下げて

誰にでもやってみることができる
シュタイナー教育の入り口をつくろう
と決意しています。

子どもたちが楽しみ成長する
シュタイナー教育を
ハードルをできるだけ下げて届ける。

そして
とことんシュタイナーにハマりたいひとは
私と一緒に
どんどん沼にハマりましょう。
(それがむちゃくちゃ楽しい)

入り口は広く
中は奥深くいこう。笑

ハマりたい人にはこんな読書会もおすすめ。
シュタイナー読書会「一般人間学」+「教育芸術」
単体受講できるようになりました。

e-waldorf代表 石川華代がイギリスから発信する
無料メールマガジンのご登録はこちらから。

目次