(ドイツ話)新しい移動手段が大流行・・・

こんにちは。
石川華代です。

今年、急に見かけるようになり、
ドイツ中に一気に広まったものがあります。

 

大人も子供も使います。

 

移動手段です。

 

スマホで動作します。

 

・・・さて、なんでしょう?

 

 

 

 

こたえは・・・

 

 

 

 

 

電動スクーターのレンタル。

 

どこの街にいっても、
これにのってスーーーっと走ってる人がいます。

 

自転車よりお手軽な街乗り仕様。

 

 

これ、

スマホのアプリで登録。

街の中でスクーターを見つけたら、
それをスマホでロック解除して使うことができる。

街の中のどこまで乗ってもok。

行きたいところまで行って、必要なくなったら乗り捨てる。

どこで乗り捨ててもok。

 

乗り捨てたことをスマホが感知して、
自動的に使用料金がスマホに課金される。

 

というシステム。

 

 

確かに、旅先の観光地とかで、
あちこち回るには、
公共交通機関よりずっとお手軽。

 

 

さて、
この流行はいつまで続くのかな。

 

 

わたしは・・・未経験です。

 

なんか、上手く乗りこなせない気がして。汗

カーブとかスムーズに回れるようにハンドルさばきができるのか?

とか

街中で転んじゃったりしたら格好悪いよな。

 

とか、考えてしまうと、挑戦できません。爆

 

 

自動車は、
五速マニュアル仕様でブイブイ峠をせめていたし、
今でもマニュアル車乗ってます。

 

昔、
バンジージャンプやスカイダイビングとかもしました。

 

きっと、車の運転より簡単だと思うし、
スカイダイビングより勇気いらないと思うんだけど。

 

結構大きなことのほうが、
覚悟が決まって勇気が出るのかもしれません。(私の場合 笑)

 

 

 

(発達障害)食で発達障害を改善する GAPSダイエット

こんにちは。
石川華代です。

 

今年、
今までにないくらいの食事療法をしています。

 

私ではなくて、夫が・・・です。

 

夫は、胃腸障害があります。
ストレス性の胃腸炎で、
2−3日欠勤するほど寝込みます。

 

年に何度も。

 

そして、もうひとつ。

今の時代に生まれていたら、学習障害と認定されていた。

と、本人は自覚しています。

 

学習障害だけでなく、
発達障害のグレーゾーンくらいかな・・・と私は思っています。

 

普通に社会生活していますし、
信頼される教師として働いています。

 

この発達障害の傾向が、
逆に天才的な才能となって現れているのも事実。

 

ただ、
一般社会に合わせるのに、
ものすごいストレスを抱えているのが、
側で見ていてよくわかります。

 

 

なので、なんとかできないかと。

 

 

それで、今年はじめにこの本が出版されたとき、
とびつきました。

発達障害は栄養で良くなる

 

そして同時期に、
他の本で、
発達障害の人が、
カルシウムとビタミンBで随分楽になるという話も聞きました。

 

とりあえず、
カルシウムとビタミンBを飲ませてみたら、
感情(怒り)の爆発が、
明らかに少なくなりました。

 

これはすごく驚き。
そして、すごく助かる・・・。(私の本音)

 

 

とはいえ、

「あなた発達障害だから、この食事療法やりなさい」
・・・なんて言ったら、本人が拒否することは目に見えています。

 

なので、
とりあえず、
本人が読めるように、英語の本を用意して、
さりげなく目につくところに置いておきました。

Heal Your Gut-Change Your Life

 

 

数ヶ月後・・・
夫は
「これ(GAPS食事療法)、やる」
と言い出しました。

 

しめしめ。

 

 

やったことは、

STEP1. 3日間のファスティング

口にするものは、

ハーブティ
肉、魚の出汁
野菜ジュース
ケフィアヨーグルト
ザワークラウト(発酵食品)
のみ

多少の塩はok。
ハーブで味付けもok。
でも、調味料、香辛料はNG。

 

STEP2.4日間スープだけ

最初の3日間の食生活で、
だし汁に、若干具が入っている程度。

 

STEP3.1週間シチュー

スープではなく肉をコトコと煮込んだシチューとかもok

 

その後もずっと、
基本は、グルテンフリー、アルコールフリー。

 

 

で、ですね。

癇癪持ちで憂鬱質の夫が、
ファスティング3日目くらいから、
陽気になってきました。

 

食事療法をしてから3ヶ月、
胃腸障害による腹部膨満感も寝込むこともありません。

この3ヶ月間、一度もないんです。

過去数年振り返ってみても、
こんなことはありませんでした。

 

職場でも、
学校を引っ張っていくリーダーとしての役につき、
昨年度以上にストレスが溜まっているはずなのですが・・・

 

いろいろな意味で、
精神的なストレスが軽減されているように感じます。

 

 

私は医者ではないし、
発達障害の専門家でもないので、

ひとつの経験談として参考にしてくださいませ。

 

以下は専門家の記事。

ホメオパシー、バッチフラワーを使われる医師
石川真樹夫先生のブログに、
GAPSダイエットの記事についてまとめてあります。

アトピー性皮膚炎も発達障害も食事療法で治ります。①から⑦まで。

 

参考になれば幸いです。

 

 

(子育てと人生)好きなことと得意なこと

 

こんにちは。
石川華代です。

 

今朝、フェイスブックで8年前の写真があがってきました。

 

 

小さな手毬です。

 

昔、こんな小さな手毬を作って、
ジュエリーにして売っていたことがありました。
あくまで副業ですが。

 

今では、目がすっかりお姉さんなので、
とても、こんな仕事をする気にはなれません。笑

 

 

私は、本業は数学教師です。

 

9才の頃に教師になると決めたけど、
数学教師になると決めたのは14−15才頃でした。

 

 

でも、
本当のところ、
数学は得意じゃなかったです。

 

家庭科と美術のほうがずっと得意でした。

 

 

でも、
家庭科も美術も、得意だし、好きではあるけれど、

 

本当に好きか??
って自分に問い質してみると・・・

 

趣味でやるのは楽しいけど、
毎日毎日、家庭科とか美術やるのは・・・
まっぴらごめん!!

 

って、心が答えました。

 

で、数学は、得意じゃなかったけど、

数学教師である将来の自分を想像すると、
ワクワクしました。
格好いいって思いました。

(他人には、変な人・・・とか言われるけど 苦笑)

 

数学より得意な家庭科よりも、
好きな数学と、
ワクワクする将来像を選びました。

 

今になっても、
その決断は正しかったと、
自分の心に素直に決めた、
思春期の私を褒めてあげたい。

 

好きなことだから、
力を出せる。
嫌なことも、好きなことだから乗り越えられる。

好きなことだから、
毎日一生やっても楽しい。

 

もしも、家庭科を選んでいたとしたら、
ほどほどに楽しんではいたと思うけれど、
生き生きはしていなかったと思うのです。

 

今、
そんなに得意じゃないけど好きな数学を仕事にしています。

そして、得意だけど、
毎日やるのはまっぴらごめん!・・・な家庭科の力を、
大好きな数学の授業で生かしています。

 

あくまで、人生のメインになる活動は、好きなこと。
そして、得意なことを本業にも生かす。

 

子育てで、
子どもの「好き」と「得意」を、
よく見極めたいと思います。

 

「得意」なことがあるのは、すばらしい。
でも、「得意」だからと言って、
本人が好きだとは限らない。

 

そして本人が「好き」って言ってることも、
本当に、子どもの心が「好き」って言ってるのでしょうか?

 

「テストでいい点が取れるから好き」
とか
「先生が褒めてくれたから好き」
とか
「友達がすごい!・・・って言ってくれたから好き」
というような、

判断基準が、子どもの外側にあるものは、
子どもの「好き」は別のところにある。

 

ほめられることが「好き」なだけ。

 

子どもの本当に「好き」は、
親として、教師として、
子どもを観察するとわかるとおもうのです。

 

その作業をしているときの、
子どもの表情、姿勢、目。

 

子どもそのものより、
子どもの作品やテストや、他人の言葉で判断すると、
子どもの本当の心をつかむのに失敗しがちです。

 

 

子どもをそのまま受けとめたい。

私たち大人だって、
自分の心を大切にしたいし、
自分をそのまま受けとめて欲しいと思いませんか?

 

 

思春期の私の決断を褒めてあげると同時に・・・

 

「数学なんてそんなにできないじゃない。得意な家庭科の先生にでもなっておいた方が楽よ」
とか言わなかった母にも感謝です。

 

まあ・・・。
母も「数学のほうが格好いい」って思ってたからかもしれないけど。笑

 

 

 

IDEALシュタイナー算数・数学教室

中学生クラスでは、手仕事アクティビティなどもしながら、数学・幾何学を楽しく学んでいます。

体験レッスンからどうぞ。詳細はこちら。

(子育て)何も予定がない休日

 

こんにちは。
石川華代です。

 

ここのところ、あれこれありすぎて。
お休みの日さえも忙しくなってきました。

・・・危険です。

 

私は、

休日の中でも、特に、
本当に何にも予定がない日を意識的に作ります。

 

遊びに行く予定も、
ガーデニングとか、
趣味とかも、
何にも予定しない日。

 

それが、
最近、

いろいろやることが休日まで侵食してきて・・・

 

勉強会用の読書とか、
講座の復習とか、
片付けとか、
翌週の準備とか、

はたまた、
仕事まで・・・。

 

仕事以外のことだったらいいんじゃないの?
って思われるかもしれません。

 

でも、
仕事以外のことでも、
「やらなきゃいけない」のと、
「やらなくてもいいけど、やりたいからやる」のでは、
大違いです。

 

やってもいいけど、やらなくて全然構わない。
やるとしたら、自分がやりたいから。

 

そんな余裕のある日を、あえて作る。

 

あなたには、そう言う日って、ありますか?

 

そういう日がない人は、
ぜひ作ってみて欲しいです。

 

やらなきゃいけないことに埋め尽くされた時間は、
頭で決めてあれこれに、
流される時間。

アイデアも、
直感もうかびません。

最悪なことに、
「やりたい」と言う気持ちまで感じなくなってしまう。

 

人間にとって、本当に大事なことは、
余裕がない状態では生まれません。

本当に大事なことを考えたり、
最高のアイデアを思いついたりするのも、
こういう時間のあるとき。

 

 

そして・・・。

 

みなさんのお子さんは、
こういう時間があるでしょうか。

 

予定もないし、
やることもなくて、
暇で暇で仕方ない。

 

そんな時間が、お子さんにあるでしょうか。

 

 

「あああーーー、たいくつーーー!」
って言っているお子さんに、
あれこれ、
やることを押し付けちゃったりしてませんか?

 

 

大人にとって大事な「何も予定がない時間」は、
子供にとっては、もっと大事です。

 

こう言う時間がないと、
「やりたい」という気持ちがどんどん影に隠れてしまいます。

 

その結果、

「ねえ、やりたいことってないの!?」
って聞いても、

「やりたいことなんてわからない」
「やりたいことなんてない」

と言うようになります。

 

 

怖いです。

 

 

ちなみに、私の場合、
こういう「何にも予定のない日」は、
たいてい、結果的に、
むっちゃくちゃ頑張っちゃう時間になります。

 

やりたいことが見つかって、
楽しくて仕方ないから!

 

やりたいことが見つかって、
楽しくて仕方なくて、
むっちゃくちゃ頑張っちゃってる子どもの姿・・・

最近いつみましたか?

あなたのお子さんに、
そんなふうに夢中になって欲しいと思いませんか?

 

 

 

 

 

お家でできるシュタイナー教育の教材

IDEALイデアール保護者懇談会ひらきました

今週は、
IDEALイデアール シュタイナー算数・数学教室の、
保護者懇談会をひらきました。

 

イデアールは小2〜中2まで、
日本各地だけでなく日本以外の国からも参加している、
こどものためのシュタイナー算数・数学教室です。

 

今回の保護者懇談会は、
お父さん・お母さんも、
シュタイナー教育の考えに触れて、
普段は全く会うことができない、
地理的には遠く離れたクラスメートの保護者たちと交流する

・・・そんな機会でした。

 

IDEAL講師陣4名とたくさんの保護者のみなさん。
ZOOMの一画面におさまらない人数が集まりました。

 

IDEAL保護者懇談会肖像権保護のため、参加者のお顔はぼかしてあります。
みなさんの美しいお顔をぼかしてしまうのはけっこう罪悪感あります・・・。

 

 

お母さんたちって、
もちろん、子どものことが一番大事です。

自分のことは後回しにしても、
子どもにお金をかけ、
子どものために時間とエネルギーを費やします。

 

でも、
お母さんが、
もっと教育のことを知って、
子育てをすることができたら、
お母さんももっとおおらかに、余裕をもって、
子どもの日々の変化を見守ることができます。

 

その結果、
問題が起こるまえに、
その年齢に適切な親としての行動をとれたり、
子どもの理解しにくい行動を
うけとめてあげることができたりします。

 

親が子育て期間の乳幼児期ー高校卒業までの、
全体像をとらえていて、

精神的におちついていると、

なにより・・・

親が楽で幸せ。
そして、こどもはもっと幸せ。

 

親をもっと幸せにして、
子どもももっと幸せにしていきたい。

そんな思いを心に、
お母さんたちに、アドバイスをしたり、
育児相談したり・・・の保護者懇談会でした。

 

 

「シュタイナー教育を知るいろんな人とお話しできて楽しかった!」

「勉強になりました!」

って、速攻で感想を送ってくれたお母さんもいて、
嬉しかったです。

 

みんなで幸せになろう。

(もちろん、わたしもー 笑)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

お父さん・お母さんのシュタイナー学校

 

お父さん・お母さんのシュタイナー学校 第2期

説明会にたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました!

参加してくださったみなさん。

お目にかかって、
子育てや教育についていろいろ話し合う機会がもてて、
とても嬉しかったし、楽しかったです。
ありがとうございました。

予定していた説明会は終了しましたが、
終了後も、
参加したいというメールが複数とどきました。

ですので、
もう一回だけ、
説明会を開催します。

詳しくはこちらのページから、ご覧ください。

詳細・説明会参加お申し込み

 

 

 

 

 

(ドイツ話)ベルリンに思うユダヤ人殺害のこと

こんにちは。
石川華代です。

 

ただいま秋休みです。
2週間暇をもてあます家族と一緒に、
ベルリンへ行ってきました。

 

ベルリンでしたかったことの一つは・・・

ナチスによるユダヤ人殺害の博物館等を訪れること。

 

ベルリンだけでもいくつかあるのですが、

まず、
ホロコースト記念碑と資料館。

 

 

資料館は、
被害者に焦点があてられています。
ホロコーストの史実と、
被害者のメモや手紙、
被害者の家族について・・・など。

 

子を思う母の声。
家族や愛する人の死を受け入れなければならない、
ユダヤ人たちの心の叫び。

 

史実を知るだけではなく、
人の声があり、
感情が言葉で伝わってくる。

 

重い静寂のなかで、
音を出さないように気を使いながら泣いてしまいました。

 

 

 

ドイツ人は、
ナチスの歴史を、
「自分たちが犯してしまった罪」として、
学校で教え込まれてきています。

それがドイツ人(自分)の罪であると。

 

自分の国を責める。
一生消えない罪を背負う。

過去の人がやったことではなく、
自分がその一部であるとして重荷を背負いこむ。

 

だから・・・
ドイツ人は、
「ドイツなんて」という自虐的なところが、
根底にあるのを感じます。

 

 

人の生々しい手紙などを読み、
被害の重さ、残虐さに目を向けると、
その辛さを自分のことのように感じます。

そして・・・

被害がひどければひどいほど・・・

 

加害者であるドイツ人は
なんて重い重荷を、
ひとりひとりが一生背負い続けていくのだろう・・・と、

その重荷を自分の肩に感じていました。

 

 

私は、もちろん、

ナチス、ヒトラー、ユダヤ人殺害・・・
史実としては知っていますし、
映像でも見たことがなんどもある。

 

でも今までは、
外国で起こった歴史で、
私は外国人として外部から見ていました。

 

ここにきて、
初めて、

私は、ドイツに暮らし、
ドイツ人の家族として、
その重荷が、自分の肩にも乗っているのを強く感じました。

 

ドイツ人だけではない、
人間だったら誰でもその重荷があるのでしょう・・・。

 

 

 

被害者は悪くない。
正しい人たち。

加害者は正しくないことをした。

 

それはそうだけど・・・

一般に、
正しい人たちが、
正しくないことをした人を責めるのは、簡単です。

 

時として、
正しい人たちの言うことは、
人を傷つけるだけで、
本質に近づけないこともある・・・。

 

ホロコーストの歴史に触れながら、
ホロコーストだけではない、
人間が犯す罪や失敗について思いを馳せていました。

 

 

ちなみにこの資料館。
ぜひ見て欲しいなと思うのですが、
記述はドイツ語と英語のバイリンガル。

写真や展示を見るというより、
ひたすら読むための資料館です。

ドイツ語、英語以外は
10ヶ国語くらいがオーディオガイドとして
貸し出されています。

でも、日本語はなかった・・・・。

 

 

 

 

ーーーーーーー
この秋。
「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、
もっと中身をよくして、
新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、
詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。
直接、石川華代とシュタイナー教育について
思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、
シュタイナー教育について、
ちょっと触れてもらいたいと思い、

PRビデオを作りました。

シュタイナー教育についての紹介と
シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

よかったらこちらからご覧くださいね。

ビデオを見て、
シュタイナー教育いいなーと思ったら、
お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

こちらはのビデオは「第1話」ですが、
実は「第3話」まであります。

続編は e-waldorf newsletter のほうでご紹介していきますね。

e-waldorf newsletter のご購読はこちら

 

 

 

 

(教育の話)全部わからなくてもいい授業

 

こんにちは。
石川華代です。

私たちがいるドイツ、ニーダーザクセン州では、
2週間の秋休みに入りました。

 

私の仕事は通常通りですが、

 

ドイツ語講座がおやすみです!!!
わーい。

 

久しぶりに長期休暇が嬉しい。笑

 

 

このドイツ語授業は、
すべてドイツ語で進められます。

 

ドイツ語で挨拶さえわからない人たちに教えるのも、
すべてドイツ語です。

 

大事な連絡事項も、
文法の大事なことも、
全部ドイツ語で説明するし、
わかりやすい図解とかも利用しません。(←これは先生の怠慢だと思う)

 

わからないままでも、
ひたすらドイツ語のシャワーを聞き、
そこから受け取れるものを受け取っていく。

 

 

学びの形として、
これは、一般の学校教育とは大きく違う点です。

 

一般の学校教育では、
生徒が、「全部わかる」ようにカリキュラムが組まれています。

 

 

だから、
新出事項以外は、
習っていないことが出てこないよう、
教科書などの教材も、
入念に作られています。

 

このドイツ語講座は、
その正反対で、

 

習ってない文法、
出てきていない単語がどんどん出てきて、

 

なんだそれは??
って思って、
想像力を働かせて意味やルールを見つけようとしたり、
調べたりしていると身についてくる。

 

 

わからないから、
知ろう、知りたいという気持ちも強く、

耳や頭に残ったことから、
想像力を駆使して、
心にひっかかったことなどが吸収されていく。

 

こういう、
「知ったこと」だけでできていない授業に身をおくと、
自分から吸収しようとする姿勢ができてくる。

頭が働く。

 

シュタイナー学校の学びは、
「知ったこと」だけで着実に学ぶ時間もあるし、
「知らないこと」のシャワーをたくさん浴びて、
興味を耕し、知識も考えも広げていく時間もある。

 

リアルなことを題材にしているので、
習ったことだけでは済むわけがないのです。

 

こどもたちがこの世界に生まれてきて、
成長していくプロセスも、そうですよね。

 

わからないことだらけの世界の中で、
どんどん言葉を吸収し、
人間を知り、
世界を学んでいく。

 

一般の学校教育のように、
100%習得することを目的としてつくれた教育は、

資格試験の学習方法の考えだと思います。

 

 

テキストがあって、
それを100%習得していたら、
テストで100点とれる。

 

テキストで学ぶことは、
試験に受かるために必要なこと。
全体像を見るのではなく、
ものごとのほんの一部分だけを見る。

 

これではいつまでたっても、
その教育の枠から出れないし、
教育のなかで教わらなかったことは、
対処できない。

 

大人になっても、
「知りませーん。習ってませーん。」
って言う人になっちゃうのかも。

 

あ、毒が入りました。
すみません。

 

 

ーーーーーーー
この秋。
「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、
もっと中身をよくして、
新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、
詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。
直接、石川華代とシュタイナー教育について
思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、
シュタイナー教育について、
ちょっと触れてもらいたいと思い、

PRビデオを作りました。

シュタイナー教育についての紹介と
シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

よかったらこちらからご覧くださいね。

ビデオを見て、
シュタイナー教育いいなーと思ったら、
お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

こちらはのビデオは「第1話」ですが、
実は「第3話」まであります。

続編は e-waldorf newsletter のほうでご紹介していきますね。

e-waldorf newsletter のご購読はこちら

 

 

 

 

変化はチャンス! 

こんにちは。
石川華代です。

ブログを書き始めてからもう16年ほどになりますが、
最近ブログがご無沙汰。

もうちょっと、
日々の呟きもふくめて、
ブログも書いていこうかな・・・と思います。

 

さて、
最近、私は、
ドイツ語講座に通いはじめました。

 

3時間の授業を週4日のスクーリング。
すごい勢いで進んでいくので、
家での復習の時間も結構かかり、
週20時間は勉強します。

 

仕事は今まで通り、フルタイム労働。
朝5時や6時から働いていることが多いです。

 

 

昔から、
体力がないことには自信がある私には、
とても無理・・・。

 

そのうえ、
授業は夜で、晩御飯を食べる時間なので、
食事のリズムが崩れました。

 

絶対倒れる・・・と思いました。

 

実際、第1週目は恐ろしく疲れ、
金土日の三日間動けませんでした。

 

さあ、どうする? 私?

 

で・・・、

 

学校まで3kmの道のりを歩くことにしました。

 

行きだけ。爆

帰りは夜暗いし、上り坂なので、迎えにきてもらいます。

 

そうしたら・・・

 

活力が出てきて、
元気にのりきることができるようになりました。

いまさらですが・・・
体を動かすって、本当に大事ですね。笑

 

そして、
晩御飯がちゃんと時間通り取れないことで、
軽食になり、
野菜不足が気になったので、
ランチに野菜たっぷり食べるようになり。

自然に日々の食生活が野菜たくさん、お肉少なめに。

 

ということで、
元気です。

 

おかげで、

なんか、肌の調子がいいし、
タプタプしていた脂肪がすっきりしつつある。

胃腸の調子もいい。

 

なんか、いい感じです。

 

これ、

エクササイズが大事とわかっていても、
ジムにいくとか、
やることを増やすのは、私は無理です。

だけど、学校へ行くのと兼ねて、
それをエクササイズにしてしまうのならできる。

 

学校に行き始めて生活が変わって
こりゃマズイ!・・・と言う状況に
追い詰められたからできたこと。

 

危機をチャンスに変えられたことは、
最高にうれしい。

 

そういや、
子どもが小さかったとき、
なかなか夜とおして寝てくれなかったのですが、

引っ越しをきっかけに、
寝かせることに成功したのでした。

 

ほんと、
変化はチャンスですね。

 

ーーーーーーー
この秋。
「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、
もっと中身をよくして、
新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、

詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。
直接、石川華代とシュタイナー教育について
思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、
シュタイナー教育について、
ちょっと触れてもらいたいと思い、

PRビデオを作りました。

 

シュタイナー教育についての紹介と
シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

 

よかったらこちらからご覧くださいね。

 

ビデオを見て、
シュタイナー教育いいなーと思ったら、
お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

ビデオの下に、

「お母さん・お父さんのシュタイナー学校」

詳細や説明会について書いてあります。

 

シュタイナー教育に興味がある方、

家庭でシュタイナー教育を取り入れたい方に、

届きますように。

 

 

Waldorf 100 に想うー芸術だけじゃないシュタイナー学校(e-waldorf newsletterから)

こんにちは。
石川華代です。

今日はe-waldorf newsletterの記事をブログでもご紹介しますね。
newsletter のご購読はこちらです。

 

Waldorf 100、シュタイナー教育100周年の年も、
残すところ3ヶ月と少しとなりました。

100年前にシュタイナー学校創設されたのは、
1919年9月19日。

その誕生日を祝って、
ベルリンでは、
世界各国のシュタイナー学校生徒たちが集まり、
大バーステーパーティ!・・となりました。

こちらに、その時の映像がありますので、
もしよかったら見てみてくださいね。

https://youtu.be/-KiLs7PcIFU

これをみると、
シュタイナー学校の生徒たちの
創造力と表現力に圧倒されます。

でも・・・、

この程度のことをする高校生は、
シュタイナー学校以外でもいますよね。

オーケストラ、
英語劇、
バレエ、
スポーツ・・・。

でも、やっぱり、
シュタイナー学校ってすごい。

それは、これらの活動をしているのが、
選抜されたメンバーでないということ。

全員が演劇をし、
全員がオーケストラや合唱をする。
全員がオイリュトミーをして、
全員がアートもクラフトもする。

オーディションとかあって、
上手な人たちだけでやっている活動ではない。

それで、
これだけの完成度。

・・・ただ。

・・・ただ・・・・

残念に想うことがあります。

どうしても、
シュタイナー学校というと、
音楽とか芸術とかが、
一番目立っていることです。

誤解のないように言っておきますが、

音楽や芸術が重視されていることは、
絶対にシュタイナー教育の基本です。
すごく大事なんです。

だけど・・・

あまりにも芸術の部分が目立ちすぎていて、

芸術ばかりやっている学校
・・・との誤解も多々あります。

ドイツでもそうです。

シュタイナー学校は、
芸術ばかりやってる学校だから、
アカデミックな学問を真剣にやりたいなら、
他の学校に行った方がいい
・・・って思ってる人も多いです。

いや、誤解なんですけど。

すごく大きな誤解なんですけど。

シュタイナー学校の卒業生たちの業績を見ると、
入学試験がないのに関わらず、
一般の学校の平均値より優秀です。

大学進学の試験アビトゥーアの成績にしろ、
その後の活躍ぶりにせよ。

それはどうしてだと思いますか?

芸術ばっかりやってるのに。

うちの息子は今高校生ですが、
週8時間は芸術系の授業です。

確かに、多いですよね。

でも、
芸術ばかりやっているから、
数学とか国語とか理科・社会なんかができない
・・・のではなく、

アカデミックな勉強を、
エポック授業でしっかり学んだ上で、
その学びが、
芸術的活動で強化されているから、

アカデミックな能力が、もっとつく。

教えられた情報を頭に詰め込むのではなく、
数国理社+外国語のようなアカデミックな学習が、
創造的なものになる。

それが、彼らのアカデミックな能力を、
テストのための情報だけに終わらせない、
一生使える力になる。

シュタイナー教育の本当の強みはそこなんです。

それが、うまくアピールできず、
芸術ばかりの教育のような印象になってしまうのが、
とても残念。

ーーーーーーー
この秋。

「お母さんのシュタイナー学校」をリニューアルして、

もっと中身をよくして、

新規受講生を募集しはじめます。

 

興味のある方は、

こちらのページから、

詳細を見てみてくださいね。

 

説明会を開きます。

直接、石川華代とシュタイナー教育について

思いを語るチャンスです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん・お父さんのシュタイナー学校
詳細を見る・説明会に申し込む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーお知らせーーー

みなさんに、

シュタイナー教育について、

ちょっと触れてもらいたいと思い、

 

ビデオを作りました。

 

 

シュタイナー教育についての紹介と

シュタイナー算数を一緒に楽しめるビデオです。

 

 

 

よかったらこちらからご覧くださいね。

 

 

 

 

ビデオを見て、

シュタイナー教育いいなーと思ったら、

お友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

シュタイナー教育についてのビデオを見る

 

ビデオの下に、

「お母さん・お父さんのシュタイナー学校」

詳細や説明会について書いてあります。

 

シュタイナー教育に興味がある方、

家庭でシュタイナー教育を取り入れたい方に、

届きますように。

大人のIDEAL(イデアール)美しいシュタイナー幾何学クラス

IDEAL(イデアール)はシュタイナー算数・数学のZOOM教室です。

小学生〜中2までグループレッスンをしていますが、
それとは別に「大人のIDEAL(イデアール)」として、
中3〜大人までの「美しいシュタイナー幾何学クラス」を開催することにしました。

 

今まで一時帰国のたびに、日本各地で幾何学講座を開いてきました。
その度に、

シュタイナーの算数は美しい!

シュタイナーの幾何学は神秘的!

シュタイナーの幾何学をもっと学んでみたい!

という感想をいただき、
ZOOM講座のご要望をたくさんいただいてきました。

日本での幾何学講座のようす

 

そのご要望にこたえ、

また、中高生が、
学校の勉強だけではなく、
幾何学を楽しめる機会を広げていくために

 

大人のイデアール 

美しいシュタイナー幾何学クラス 開講

 

そして・・・

中高生と大人が一緒に学ぶことは、
中高生にとっても、とても良い効果があります。

大人と一緒に学ぶ責任感。充実感は、
幾何学だけでない人間としての学びになるでしょう。

大人にとっても、
かわいい中高生と学ぶことは、
喜びに満ちた体験になると思います。

 

数学苦手な方でも大丈夫。
手を使って、体験重視で、美しい幾何学を楽しみます。

美しい幾何学を知りたい!
その意欲があれば大丈夫です。

 

 

 

内容

作図

プラトン立体

ピタゴラスの定理

円すい曲線

植物の幾何まんだら

コンコイドとフラワー&リーフフォーム

など

フォルメンあり、粘土あり、作図あり、色鉛筆着色あり・・・の、たくさん手を動かして、心で幾何学の美しさを感じるクラスです。

 

 

 

対象

中学校3年生〜大人

(注)中3は受験のない学生にかぎります

 

 

レッスン日程

第4木曜日 21:30〜23:30
(12月は第3木曜日、2月までの全6回レッスン)

出席できない場合は、録画ビデオを見て受講することができます。

 

 

場所

インターネットの繋がる場所でしたらどこでも。
ZOOMを使ったレッスンです。

 

ZOOMレッスン風景

 

 

受講期間

2019年9月〜
6ヶ月間 全6回

 

受講料

月8000円 x6回
(送金手数料5%を加算させていただきます)

 

 

 

講師

石川華代(いしかわかよ)
ドイツ法人e-waldorf GmbH CEO
日本で高校数学教師、学習塾経営をしたのち、カリフォルニアのルドルフシュタイナーカレッジにて人智学ファウンデーションコース、シュタイナー教員養成講座(クラス担任養成)修了。シュタイナー高校教員養成講座にてエルンスト・シューベルトに学ぶ。イギリス、エルムフィールドシュタイナー学校にて数学・幾何学エポック授業を教えたあと、e-waldorf 設立。現在はシュタイナー教育発祥の地ドイツより、シュタイナー教育を子どもたち、教師、保護者に届けるための活動を続けている。著書:「幾何アクティビティ」「フォルメン・レッスン1」「フォルメン・レッスン2」「さんすう教室小学1年生」「算数教室小学2年生」「ひらがな全集」(共著)「inspiration」(全8冊)

 

お申し込み

以下のフォームにご記入の上、送信してください。