全ては繋がっている・・・シュタイナー学校での嬉しい驚き

 

 

 

カリフォルニアのシュタイナーカレッジに留学中。クラスメートにとても聡明な若いアメリカ女性がいました。思考の明確さ、創造力の豊かさ、感性が豊かであること・・・他のクラスメートとは群を抜いているというか。

 

彼女、大学では物理学と心理学を専攻したのだそうです。

 

それを最初聞いて、
「え、そんなことできるの? 物理学と心理学では分野が違うじゃない」
と言ったわたしに、彼女は首を傾げて言うのです。
「え、だって、すべては繋がっているじゃない」

 

彼女、わたしがなぜ不思議がるのが分からなかったんですね。

 

でも、わたしとしては日本の大学制度を考えて、物理と化学とかならまだしも、物理と心理を「専攻」っていうのが、システム上可能なのが不思議でした。

 

シュタイナー学校では、全ては繋がっているという価値観のもとに教育が行われています。

 

彼女は、シュタイナー学校卒。

まさしく、その存在そのものが、違っていた。

優秀っていうだけではなくて、ものごとを総合的に見る力があった。そして、彼女は自分の弱さも見せるのも恥ずかしがらなかったし、できないことがあることや、悩みがあることも、否定せずにまっすぐに生きている・・・そんな姿勢が衝撃的なほど素敵でした。当時、彼女は若干22歳。

 

 

わたしはその後、7校のシュタイナー学校に関わってきました。

 

高等部の先生などは専門性が求められるのですが、人材のこともあり、また先生の能力が多彩でもあることもあり、1人の先生が2〜3教科かけもちしていることもよくあります。

 

でも、大抵は似たような教科をかけもちするのです。

物理と化学、数学と物理、歴史と地理、歴史と心理学、フランス語とドイツ語・・・など。

 

 

で。

今の学校にきてびっくりしました。

A先生:数学と美術史 担当
B先生:数学と体育 担当
C先生:数学と音楽 担当

 

高等部の数学の先生3人の個性と才能の豊かさ!!!

美術と数学がつながっていることも、数学と音楽が繋がっていることも、数学と人間の体・健康・体育が繋がっていることも、当たり前なんです。

でも、それを高校生に教えられるレベルまで身につけている(体に染み込んでいる)先生って。

 

この先生たちの授業は、美しくて豊かなものに違いない!
わたし、本気で、この先生たちの授業を受けたい!・・・って思いました。
(あ、その前にドイツ語習得・・・ですね。はい。汗)

数の規則性、関数、数列・・・そしてこのスパイラルの形
全部つながるから、数学が見える。
面白くなる。

 

石川華代のZOOM個別算数・数学レッスン(カスタマイズ)
IDEAL イデアール 
シュタイナー教室×学習塾
(中1、中2数学クラススタート!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です