クレヨンロール(ペンシルロール)の作り方

クレヨンロール


シュタイナー学校で使うシュトックマーのスティッククレヨンとブロッククレヨン入れを作りましょう。お母さんの愛をいっぱいこめて手作りしてくださいね。

ここで例として挙げているのは、スティックレヨン12本とブロッククレヨン8本が入るものです。


材料

  • 布(コーデュロイ、デニムなど、コットンの少し厚手の生地がお薦めです。また、クレヨンの色がつきますので濃い色の布ですと色が目立ちません。)
  • 毛糸や紐など


① 布を長方形に断ちます。

画像の説明
A. 35cm×32cm ・・・・・B.35cm×18cm
(色のついている面が表を表します。)



② Aの上下を1cm幅の3つ折りにして縫います。(波縫いでもまつり縫いでもミシンでも良いです。)Bの上下を2つ折りにして波縫いします。

画像の説明



③ 図のように、AとBを外表になるように重ねて置きます。

画像の説明




④ 下(スティッククレヨン入れ)は幅 3.6cm, 2.6cm, 2.6cm,….,2.6cm, 3.6cm になるように印をつけます。上(ブロッククレヨン入れ)は幅 5cm, 4cm, 4cm,….,4cm, 5cm となるように印をつけます。印に添って、上の2枚を一緒に本返し縫いにします。3枚の布をまとめてミシンで縫っても良いですが、下の布は縫わずに2枚だけ縫った方が、見た目が良いです。

画像の説明
画像の説明
横から見た図



⑤ 両端を1cm中に折り込んで、端を縫います。

画像の説明



⑥ 80cmほどの長さの紐を表に縫い止めます。子どもの編んだ指編み、より紐などを使うと綺麗ですし、子どもも手作りに参加できます。

画像の説明





ペンシルロール

ペンシルロール ペンシルロール


色鉛筆入れです。クレヨンロールと同様にできます。少し太いLYRAのファルビーが12本入ります。


① 布を38cm×62cmに断ちます。
② 38cmの1辺を三つ折りにして縫い、反対側の1辺を二つ折りにして縫います。

画像の説明



③ 図のように折ります。

画像の説明

画像の説明
横から見た図



④ 幅4cm, 3cm, 3cm,…, 3cm, 4cm となるように印をつけ、上の2枚を本返し縫いで縫います。ミシンで3枚まとめて縫っても良いです。

画像の説明



⑤ 両端を1cm 内側に折り込んで、端を縫い止めます。
⑥ 長さ80cmくらいの紐を縫い止めてできあがりです。

画像の説明





 

こどもといっしょに手作り、アートを楽しむ
e-waldorf アートクラフトプログラム
9月いっぱい 特別受講料が適用されてお得です。
e-waldorf アートクラフトプログラム 詳しくはこちら

画像の説明

画像の説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です