子どもの心を動かす「美しい数学体験」~中学準備講座

年が明けたと思えば、あっという間にもう2月です。
卒園・卒業・入学に向けて、お忙しい保護者の方も多いのではないでしょうか?

本格的な学習の始まる小学校入学、
小学校の学びを踏まえたより高度な学習が始まる中学校入学、
どちらも、こどもにとって、大きく環境が変化する節目になります。

こうした節目に、どのような準備をしていけばよいのでしょうか?
今回は中学生にあがる子ども自身の変化と学びに着目してお伝えします。

目次

理論を求め始める12歳前後の子ども

ちょうど中学生に上がる12歳前後の時期、

子ども達は少しずつ、
思考を通じて世界を理解しようとするようになります。

それまで「感覚」を通じて感じ・学びとってきたことを、
理屈や法則性から、筋道を立てて理解したい

そんな欲求が、生じてくる時期です。

理論を求め始める子ども

体験と概念を結びつける学び

シュタイナー教育では、
こうした子どもの発達段階を踏まえて、

自分自身の感覚と理論的な理解を
結びつけるような学びをしていきます。


例えば、
それまでの小学生の低学年から5年生ぐらいまでは、
主に「フォルメン」を通じて、
自分の感覚を働かせて形を沢山描いてきましたが…

6年生以降、段階的に、
コンパスや定規を使った「幾何作図」に移行していきます。



「問題」や「定理」が最初から与えられて、
「考える」ことを求められるのではなく、

「作図」をしていくうちに、自然に、
様々な規則性を自分で感じ取っていきます。

そこから初めて、
数学を自分の頭で、自発的に考え始めるのです。


数学の美しさ、不思議さに自ら気付くことは、
子ども自身の心をうごかします。

より理論を通じて世界を理解したい12歳前後の時期に、
ただ数式を覚えて解く、という形式的な数学ではなく
より本質的な数学にアクセスできること。

とても大切な体験だと思いませんか?

中学準備講座で、数学の美しさと面白さを体験

e-waldorfの子ども向けオンラインレッスン「IDEAL」では、
シュタイナー教育のアプローチ、
特に子ども達の発達段階を踏まえつつ、
日本の文科省カリキュラムに沿った形で学びを進めています。

特に小学1年生・中学1年生の節目での学びの変化には、
準備期間が必要と考え、カリキュラムを組んでいます。

2月1日からは、
全9回にわたる「中学準備講座」がスタート。

数と図形を一緒に確認しながら、
小学校の時に学んだ「算数」から「数学」へ
橋渡しをしていくレッスン内容です。

こちらは過去の「中学準備講座」の生徒さんたちの作品です。


いかがですか?

子どもたちには、
実際に手を動かし、自分自身で体験しながら、
数学の面白さを体験して欲しいと思います。

中学準備講座 2月開講 (生徒募集中)

※途中入会も可能です。(実施済みのレッスンは、録画受講いただけます)



  

オンラインシュタイナースクール IDEAL

日本の文科省カリキュラムの算数/数学/国語をシュタイナー教育で学ぶオンラインレッスンです。教科を深く理解し、一生つかえる学力を養い、考える力を磨き、自分の考えをもって行動する人間を育てます。(体験レッスン受付中

※小学1年生は、レッスンを通常学年より1ヵ月早い3月からスタートすることで、小学生準備をしていただきます。近々ご案内予定です。

E-WALDORF ACADEMY in LONDON開校

2024年1月、ルドルフ・シュタイナーの思想をベースに、大人の人間教育をする教育機関として、E-WALDORF ACADEMY in LONDONを開講しました。
毎月8コース以上の講座を受け放題の「EWAL FELLOWSHIP」をはじめ、様々なコースをご用意しています。あなたも無限の可能性へ、一緒に羽ばたきませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

E-WALDORFで学んだシュタイナーアプロ―チで、こども向けに算数・数学レッスンを提供中。E-WALDORFでは、広報&blogを主に担当。

コメント

コメントする

目次