子育て環境ーーシュタイナー教育以外に大事に思うこと

 

こんにちは。
石川華代です。

 

私は教師でもありますが、

二人の息子の子育て中の母親でもあります。

 

 

ずっと教育がライフワークで、
自分の子育ても思うがまま、
でも、かなり力をぬいてやってきました。

 

今、二人の息子は15歳と16歳。

 

あちこち転々とはしましたが、
学校教育はシュタイナー教育だけで育ってきました。

 

 

シュタイナー教育という基盤以外に、

 

ずっと持ち続けた私の子育ての理想があります。

 

 

 

それは・・・

 

小さいうちは、
自然いっぱいの田舎で育つ。

 

思春期は、
一流の芸術や文化に気軽に触れられる、
都会で育つ。

 

ということ。

 

 

小さい頃の自然のなかでの毎日は、
人間の基礎をつくるのに、ほんとうに大事です。

自然の中にいたら、
親や学校で教えることの多くは、
自然が教えてくれる。

 

感覚をそだて、
体を育て、
心も育てて。

 

でも、思春期以降、
外で遊ばなくなるころ、
世界一流の文化に触れて育って欲しい。

 

そう思っていました。

 

田舎って、思春期の子どもたちには、
ショッピングセンターくらいしかいくところがなかったりして。

 

大都市なら、
気軽に美術館とかいけて、
一流の芸術にふれられたり、
一流のコンサートを観れたりする。

 

そして、

都会には、学びの機会も多い。

 

大学の公開講座。
その他、興味深い講座の数々。

 

そして、
興味深い専門家との出会いも、
都会のほうが多い・・・。

 

思春期以降の、
首都圏と地方都市の教育格差は、
厳然とあって・・・

 

シュタイナー学校に行っているから、
学校教育はいいとして、
学校の外での文化経験の可能性が、
田舎にはなさすぎて。

 

思春期は、都会で過ごさせてあげたいなあ
・・・と、昔から思っていました。

 

それを目指してきたわけではありませんが、
結果的に、
うちの子供たちは、
小さい時は田舎、大きくなってから都会。
・・・で暮らすことになりました。

 

 

親にできる大事なことは、
こどもに、
いい環境を用意してあげる・・・こと。

 

結局は、
親にできることって、
そのくらいしかないのかも・・・とも思っています。

 

 

 

 

 

 

 

(子育て)捨てられない子どもの作品・・・いいアイデアを思いつきました!

 

こんにちは。
石川華代です。

 

近頃、少しずつ、また断捨離をしています。

 

整理していて、見つかったもの・・・

 

 

息子の小さい時の絵。

 

・・・かわいい。
どうしよう。
捨てられない・・・。汗

 

ありますよね。
こういうの。

たくさん。

 

みなさんはどうしてますか?

 

全部とっておいたら大変なことになります。

 

私は、選抜して、
いいものだけファイルしたり、
保存用の箱に入れておいたりします。

 

・・・この小さな絵は、
選抜にもれた作品なのです。

 

選抜にはもれたけど、
なんとなく捨てられず、
整理箱の片隅に入り込んでいました。

 

 

さて、どうしましょう。

 

似たようなものは、山のようにあるので、
他にも「宝物」はいっぱいあるのです。

 

 

・・・

 

 

ふと思いついて・・・

 

 

 

シュタイナーの本に挟んでおくことにしました。

 

 

ここなら邪魔にならないし。
シュタイナーの本だから処分しないし。

 
でも、きっと、
挟んだことなんて忘れてしまう。

 

何年か後に、
たまたま本を開いて、

これが出てきたら・・・
 
 

ちょっと嬉しくないですか?

 

 

実は、
お札も、本に挟んだことがあります。

 

 

挟んだことをすっかり忘れてて・・・

 

見つけた時、
びっくりして、
嬉しかった。

 

そのまま本に戻し・・・

 

今では、もう、
どこに挟んだか覚えていなくて、

 

本の多い我が家では、
もう見つけられません・・・・ 汗

 

あ、
そんな大きな金額ではないので、
泥棒に入っても時間と労力の無駄ですよ。
(泥棒がこんなの読んでないよね。)

 

 

 

余談ですが、挟んだページにはこんな文がありました。しっかり線が引いてありました。

「人間の魂全体の中に芸術的に精通することを通してのみ、人間は認識が目指す領域へと向かうことができる」
1921.4.9  ドルナッハ ルドルフ・シュタイナー

 

(何気に開いたページだけど、息子の誕生日だーー。)

 

 画像をクリックするとBOOK SHOPへいきます!

(シュタイナー教育)高学年の木工、息子からのプレゼント・・・

 

こんにちは。
石川華代です。

 

昨日、息子が、

 

やっと、

 

クリスマスプレゼントをくれました。(爆)

 

 

シュタイナー学校の木工の授業で作ったスツール。

 

ずっと前に完成していて、
クリスマス前にできあがっていたのだけど、

 

「出来が悪い」
「失敗作」

 

とか言い訳をして、持ってこなかったのですが。

 

 

やっと持ってきてくれました。

 

 

継ぎの伝統技術による作品です。

 

 

「失敗作」って、どこが?

 

と、目を凝らしてみてみても、わかりません。

 

 

 

 

よくよくみて、やっと、
次の部分の角度が若干ずれているところを発見。
そして、
わずかに、0.5mm くらいの隙間を発見。

 

 

木工の先生は、
同僚である、私の夫に、
その「失敗」部分を伝え、
さらに、
「と言っても、今まで何年も教えた中で、一番完成度の高い生徒作品だけどね」
とのこと。

 

 

ちなみに、
これは9年生の作品です。

 

小学校のころは、
自然の形を生かした、
木のスプーンや、ボウルを掘るのですが、

高校生は、
思考に働きかけて意志の力を育てる時期。

 

木工をするとき、
スプーンなどは、木の形を感じながら作ります。

このスツールのような「継ぎ」は、
頭で理論的に理解する思考の力が求められます。
そして、手を使って、意志の力で作品をしあげる。

 

学年ごとに、
その年齢に意味のあることが行われるのが、
シュタイナー教育です。

 

 

 

シュタイナー教育を実践するための本。
期間限定でセールします。

お子さまの新学期準備に、親戚やお友達への入学・進学祝いに、このチャンスをお見逃しなく。

ブックショップはこちらです。

(海外話)クリスマスキャロル

 

 

こんにちは。
石川華代です。

 

第2アドベント。

 

アドベントはクリスマスを待つとき。
クリスマスとアドベントは別物です。

 

クリスマスツリーは、クリスマスのもの。
アドベントのものではないから、
24日まで飾りません。

 

今まで、
アメリカ、イギリス、ドイツと移り住んできて、
一番、
アドベントとクリスマス時期の神聖さを感じられたのが、
イギリスでした。

 

教会で聴く、クリスマスキャロルは、
華々しくなく、
神聖で厳かで、美しい。

 

イギリスのシュタイナー学校の、
グロスター大聖堂での
2時間近くに及ぶ、キャロルコンサート。

毎年それをきいて、
聖書の言葉を胸に刻んでいた時間は、
宝物でした。

 

gloucester cathedral

グロスター大聖堂

 

 

たくさんのキャロルの中でも、
一番好きなのはこれ ↓ かな。

好きなのがありすぎて選べませんが。

 

 

よかったら皆さんもきいてみてくださいね。

 

 

毎年、グロスター大聖堂で、
1000人くらいでこれを大合唱してた。
いつも、歌いながら感動して泣いていた曲です。

 

あの頃は、
クリスマスコンサートのために、
学校で何度も歌っていた息子たち。

クリスマス終わっても、自然に歌が口からこぼれ出る。

 

イースターくらいまで、
クリスマスキャロルが繰り返される我が家でした。

 

ドイツにきてからそれがない。
なんだか寂しい・・・。

 

 


IDEAL中学準備講座

中学準備講座(小6対象)
体験レッスン受付中

詳しくはこちら

 

 

(教育他)大丈夫!?・・・気をつけたい言葉

 

 

こんにちは。
石川華代です。

 

恐ろしい勢いで時間がすぎていき、
もう師走も半ば・・・

 

今年の秋は、
ほんとうにむちゃくちゃです。

 

どうしてここまでいろいろ重なるか・・・というくらい、
そして、もう頑張れないよーーーって思うくらい。

 

今まで生きてきた中で、
一番頑張ってる!・・・って断言できるくらいの数ヶ月です。

 

私だけじゃない。
こういう経験は誰でもありますよね。

 

こういうとき、
不用意に、
「頑張って」
って言われることがあります。

 

もうこれ以上頑張れない・・・って思ってる時に言われる、
「頑張って」
の言葉。

 

ガラガラと崩れ落ちそうになるほど、
つらいです。

 

「頑張ってる」っていうのは、
客観的に判断できることじゃない。

 

他人から見て、
まだまだ頑張れるでしょーーー
って思えるかもしれないけど、
本人としてはいっぱいいっぱいだったりする。

 

そういうとき、必要なのは、

「頑張って」
という激励ではなく、
「頑張ってるよね。頑張ってること、わかってるよ」
って、共感してもらえること。

 

そういうときに「頑張って」って言われると、
これ以上頑張れなくなる。
崩れ落ちる。

共感してもらえると、
もうちょっと頑張れるような気になったりする。

 

・・・だから、
子どもに対しても、
「頑張って」
という言葉は、できるだけ使わないようにしています。

 

 

 

 

あとひとつ。

「大丈夫!?」という言葉も。

 

 

何かあった時に気軽に出てしまう言葉だし、
相手を思いやる言葉です。

 

でも、
「大丈夫?」
・・・って聞かれたら、
どう答えますか?

 

反射的に、
「大丈夫」
って答えてしまうものです。

 

大丈夫じゃなくても。

 

というか、
大丈夫じゃないときほど、
「大丈夫」
って答えてしまいます。

 

「大丈夫じゃないよーーー」
とか言えるときは、
意外に大丈夫なとき。

 

大丈夫じゃない時に
「大丈夫」と言わせてしまうことは、
追い詰めることになりかねない。

 

大丈夫じゃないときに、
「大丈夫じゃない」
「助けが必要なんだ」
って、素直に言えるような言葉がけを気をつけたい。

 

「大丈夫?」
じゃなくて、
「しんどいねえ」
「たくさんやったよねえ」
「休んでもいいんだよ」
「お母さんもつかれた。一緒に休んでくれる?」
「痛いよね」

 

とか。
かける言葉は、
状況と相手によるけれど、
一言一言に気をつけたいと常々思うのです。

 

 

 

 

 


IDEAL中学準備講座

中学準備講座(小6対象)
体験レッスン受付中

詳しくはこちら

 

 

(子育て)こどもにぜったい大事なこと-簡単にできる実践

こんにちは。
石川華代です。

 

先日
「こどもにぜったい大事なこと」
というテーマで記事を書きました。

 

いかに、
現代の子どもの育つ環境が、
子どもの能力を開花する機会を奪っているかということ。

 

それが、
危険なレベルであること。

 

体の動きと、
頭の働き、思考の働き、言語習得、自我の成長など
全部つながっているということ。

 

で、
今日は、
今の生活環境のなかでできることを
考えてみたいと思います。

 

 

理想を追求するなら、
「丁寧な暮らし」
「スローライフ」
が良いです。

 

でも、
現実として、
それができるお母さんは少ないのではないかと思います。

 

子育てと家事だけでも大変なのに、
それプラスアルファ・・・って。

 

もちろん、
子どものペースを大事にしながら、
一緒に料理をしたり、
お洗濯ものを干したり、
ホウキや雑巾でお掃除をしたり・・・

それをすることで、
子どもが育ちますから、
結果的に子育てが楽になります。

 

・・・が!

 

いいお母さんであろうと頑張っているお母さん方に、
あれも、これも、
と押し付けることはしたくないです。

 

お母さんが、
ゆったりとした気持ちでいることが、
まず一番の丁寧な暮らしだと思います。

 

なので、
ここでは、簡単にできる、
ちょっとした提案をしたいと思います。

 

1. 便利グッズをやめてみる

 

たとえば、
子どもの運動靴を、
マジックテープのものではなく、
靴紐のあるものにする。

カチッと簡単に開け閉めできる筆箱ではなく、
こんな鉛筆入れにしてみる。

 

 

 

きれいにクルクル巻いたり、
紐をきれいな蝶々結びにしたり。

 

ちょっとしたことだけど、
その一手間が毎日の暮らしの中にあり、
自然に手を使うようになる。

 

また、
鉛筆を削るときに、
電動の鉛筆削りではなく、
ナイフで削る。

 

ファスナーで脱ぎ着できるものではなく、
ボタンのついた衣服にする。

 

洗濯板で小さなものを洗ってみる。
靴下とか、
人形のお洋服とか。

 

2. 昔ながらの家事

 

ほうきとちりとりでのお掃除を取り入れる。

全部じゃなくていいです。
でも、例えば玄関先はほうきで、
とか、
バスルームなどの狭い空間用のほうきを用意したり。

 

ちょっとしたところに、
昔ながらの道具を取り入れてみてください。

 

結構、掃除機を持ち出すより楽ですよ。

 

また・・・、
電子レンジをやめてみる。

これは、電子レンジに慣れている人には、
ハードルが高いかもしれません。

 

でも、電子レンジの害を避ける意味でも、
できれば、
せめて、回数を減らして欲しいと思います。

 

電子レンジの代わりに蒸し器を使ったり。
鍋で温めたり。

電子レンジでは、
そこで何が行われているのか、
全くわからないですよね。

水が沸騰する様子をみたり、
蒸気に触れてみたらびっくりするほど熱かったり、
時間をかけないと、
中まで暖まらなかったり・・・

電子レンジを使うと、
そんな様子を実感することもありません。

この実体験、
感覚を育てるうえでも、
世界を知るうえでも、
すごく大事です。

理科の実験を
生活のなかで体験しているようなものでもありますよね。

 

こんな、ちょっと丁寧に、
昔ながらのやり方での家事を、
子どもに見せてあげて欲しいし、
子どもに参加させて欲しいと思います。

 

あれもこれもと、完璧を目指す必要はないです。

 

完璧を目指すが故に、
疲れちゃって、
心のゆとりがなくなったら本末転倒。

できることから取り入れてみてくださいね。

 

とくに幼児期にやっておくと、
子どもの成長が変わってくるので、後々子育てが楽になりますよ。

 

 

 

 

 

(子育て)こどもにぜったい大事なこと

こんにちは。
石川華代です。

 

私たちの生活って、
ずいぶん便利になりました。

 

ドイツから日本にたまに帰国すると、
新しい家のハイテクに驚きます。

 

先進国ドイツから行っても、
いろんなことが自動化されていてびっくりです。

 

日本のトイレがすごいことは有名ですが、
お風呂もすごいですね。

 

すごく便利になっているのですが、
その影響で、
苦しむ人たちがいます。

 

みなさんの愛するひとたちです。

 

それは、
こどもたち。

 

少し昔の、不便な生活は、

人間が手を動かして、
掃除をしたり、
お風呂のお湯の温度を手で感じたり、
料理にも他の家事にも、
人間が自分でする作業=手や感覚を使う作業
が不可欠でした。

 

今、それがことごとく減ってきています。

 

こどもたちは、
それが困るなんて思っていません。

 

困った状態が見えてくるのは、
もう少し大きくなってきてから。

あれ?
手の動きがちょっとおかしいな。
体の動きもちょっと不自然なところがあるな。

 

とか、大人の目につくようになったり、

 

国語や算数など、
学校の学習につまづいたりして、
原因をさぐっていくと、
体の機能や、
感覚器官が育っていないことが原因だったりします。

 

いまどきの便利な生活で、

たとえ雑巾を絞ることができなくても、
靴ひもがむすべなくても、

困りません。

 

困らないから、練習する機会もない。

 

じゃあ、

たとえば・・・

雑巾をしぼる、
手首をひねる具合とか、
力の入れ方とか、
しぼったときの両手が左右協力して働くさまとか、

・・・そういう、
「体の動き」が、人間に必要ないのでしょうか?

 

必要ですよね。

 

でも、
そういう動きが、
生活の中からことごとく排除されているのが、

今の子ども達の暮らしです。

 

 

大人はいいですよ。
子どものころにちゃんと練習して成長してきたから。

 

でも、
子どもたちは、知らない間に、
練習する機会が剥奪されています。

 

たかが、手や体の動き・・・

って思いますか?

 

 

手の動きと頭の働き、
思考、言語感覚、
それから自我の働きも・・・

 

ぜんぶ繋がっています。

 

 

うまれつきの学習障害や発達障害がなくても、
年齢に応じて、ちゃんと練習する機会が与えられなければ、
人間がもつ能力を開花させることはできません。

 

今の子どもの育つ環境は、
本当に怖い・・・と思っています。

 

じゃあ、
そういう環境で、
親として、大人として、何ができるか?
・・・っていうことも、
また記事に書きたいと思います。

 

 

 

 

 

子離れ、親離れ

今月、6年半ぶりに日本一時帰国します。

それで、受講生の方がたから「お子さんはどうされるんですか?」と度々きかれます。

さらっと「置いていきます」と答えるわたし。笑

 

 

 

だって、学校ありますしね。
わたし、仕事あるから一緒に行っても相手できないですしね。

わたしの息子たちは、今12歳と13歳です。母親がいなくても困らない程度に自立しています。夫もついていますから大丈夫です。

 

 

小さい頃は、子どもと一緒にいる時間を大事にしたかったので、仕事は最小限におさえていたし、出かけることもほとんどなく子どもたちにべったり。幼稚園はじまるまでは、始終、親が一緒にいました。

 

小学校高学年くらいになったころ。つまり9歳の危機もちゃんと通り抜けて、大きな世界の中で心の平穏をとりもどしていきていくのにすっかり慣れたころ。

 

・・・その辺りから、わたしは意識的に出かける用事を増やしていきました。子どもが独り立ちする準備はすでに始まっているのです。

 

 

まずは1週間ほどの海外出張。年1回。それを少しずつふやして、今年2017年は海外出張3回。その最後が、3週間の日本一時帰国。

 

 

今回の3週間はちょっと長いです。わたしも寂しい。でも、父親がずっと一緒。学校で、クラス旅行や森林研修、農業研修などで、2週間とか親元から離れる経験もしています。しかもその2週間、親子のコミュニケーション一切なし。(親のほうが寂しくなる。笑)

 

 

身の回りのことも、小さいころから少しずつ自分でできるようにしてきました。

 

小学校3年生では、わたしがつくったおかずをお弁当箱に自分で詰めて学校へいくようになった。

小学校4年生では、おかずも自分でつくって、お弁当につめていけるようになった。

小学校5年生では、朝ごはんも自分で用意して自分で食べて出かけられるようになった。

小学校6年生では、朝も昼も自分でできるようになった。皿洗いも当番制でできるようになった。

片付けに関してはまだまだだけど、日々の掃除はなかなかできなくても、たまに大掃除して部屋をピカピカにすることができるようになった。

今の家では、息子たち専用のバスルーム(シャワー+トイレ)があるので、それは自分たちで掃除できるようになった。

自分たちの洗濯物は、自分たちでできるようになった。(忘れていたりして着替えがなかったりしたら、自分たちの責任!着替えがなくても私は手伝いません。自分でなんとかする!)

晩御飯も、それぞれ2、3食分のレパートリーがあるので、母親が料理しなくても食べるのに困ることはない。

 

 

 

 

だからね、ほんと、母親なんていなくても生活は困らないのです。

1週間出かけて帰ってきたとき、「さぞかし汚れてるだろう」と思って帰ってきたら、むちゃくちゃ綺麗だったりしてね。(帰ってくる前に必死に掃除したもよう 笑)

 

 

母親の役割は、世話焼き係じゃなくて、子どもを育てること。

将来、母親がいなくたって自分でやっていけるように、育てること。

そのためには、子どもの世話をしすぎちゃダメ。

 

 

「世話をする人が必要だから母親がいないと困る」んじゃなくて「母親という存在が大事だから、母親が大好きだから、(世話してもらえなくたって)母親にいてほしい」って思うのが本当でしょ。

 

「世話をする人」として必要とされなくていい。
そんな必要価値にしがみ付く気はない。

私は私であることに価値がある。
そう自分で自分を認めて。

 

だからね、「子どもの世話をすること」や(良妻)賢母であることに母親のプライドを見出すのはやめました。かなり前にね。笑

 

 

「世話がいらなくなる」ように子供達が育って、母親がいなくてもいきていけるようになることに誇りを感じて。

 

「お母さんがいなくても生きていける」って子どもが思えるようになったら、私は母親としてとりあえず及第かな・・・。わたしは、そう思ってます。

 

 

 

**** もちろん、わたしがこうやって家を出ることができるのは、夫の協力あってこそです。感謝感謝。でも、結婚当初、夫は家のことなんて、まるっきり一切やらなかったんですよ。長年かけて夫も成長しました。(笑)そのことについては、また、話す・・・かも。ご希望があれば。

魔の夏休み〜子どもに一石三鳥。夏の有効なアクティビティ。

夏休みですね〜。

 

あああ、6週間も学校がない!
子どもが暇だ、退屈だととうるさい。
仕事に集中できない。
家のなかが片付かない。
大人は忙しいのに子どもの世話がーーー

とか思っちゃいませんか?
私は思います。(苦笑)

 

魔の夏休みです。

 

子どもが暇になって、退屈なときって、だらだらしていて、
子ども「退屈ーーー。なんかやることない?」
と言ってきても
親「じゃ、掃除して」
子ども「やだーーー」

となります。笑

 

 

暇でやることないんなら、ちょっとお手伝いしてくれたっていいじゃない・・・と大人は思いますが、だらだらした気分のときほどお手伝いはやる気がしないのが自然なこと。笑

 

我が家で最近よく使う「手」があります。声をかけると、「やるーーー」と喜んでとびついてくるもの。

 

それは、「〜〜ミックス」を使ったおかし作り。

 

バイオダイナミック「デメター認証」つきケーキミックス〜美味しかったです!

 

普段「〜〜ミックス」とか、使ったことがない我が家なのですが、ドイツでオーガニックのものやバイオダイナミック認証「デメター」のものが簡単に手に入るようになったので、試しにつかってみたところ、子どもたちにヒット。

美味しかったー。

 

 

 

ミックスを使わずに、ちゃんとケーキを作ったほうがいいのは当然です。でも、「ケーキ作る?」と聞いても「やだー、面倒臭い」と言われてしまうし「ママのケーキが食べたい」と、こっちに仕事がふられてしまう。(笑)

 

でも「〜〜ミックス」だと、簡単なので「やるーーー」と元気な返事がかえってくるのです。

 

ほんと、アクティビティでも、宿題でも、勉強でも、難しすぎない、簡単すぎない、少しだけチャレンジになるようなちょうどいいものを与えると、子どもも喜んで取り組み、効果も高い。

 

お手伝いも同じですね。

 

いやいややってもらっても嬉しくない。快くやってくれるのが一番。

 

 

「〜〜ミックス」でのおかし作り。子どもはもちろん、ケーキを食べたい一心です。笑

 

でも、

  1. 子どもの退屈しのぎのアクティビティになって、
  2. ケーキが食べられて、
  3. 作り方(ドイツ語表記)を読むのに、ドイツ語の練習にもなる。

★英語表記の「〜〜ミックス」とか手に入ったら英語の勉強にもなりますね。

 

一石三鳥です。

 

うれしい〜。

 

 

 

ちなみに、写真のはケーキですが、他にもワッフル、カップケーキ、ブラウニー、プディング、ピザ、パンなど、オーガニック、デメター認証などでたくさんの「〜〜ミックス」がスーパーに売っています。

 

次はどれを買ってこようかな。(作るのは息子たち! 笑)